紀正泰 – 南北朝時代の武将 –

紀正泰 – 南北朝時代の武将 –

後醍醐天皇と紀正泰

後醍醐天皇と紀正泰

-後醍醐天皇と紀正泰-

紀正泰は、南北朝時代の武将で、後醍醐天皇の忠臣として仕えた。正平元年(1346年)に、後醍醐天皇の命を受けて、楠木正成らとともに湊川の戦いで足利尊氏と戦った。しかし、この戦いで正成が戦死し、正泰も敗走した。その後、正泰は後醍醐天皇に従って吉野に逃れ、忠臣として仕え続けた。

正平6年(1351年)、正泰は後醍醐天皇の命を受けて、足利尊氏と和睦交渉を行った。この交渉は成功し、正平7年(1352年)に、正泰は足利尊氏と和睦を結んだ。この和睦により、後醍醐天皇は京都に戻ることができ、南北朝は統一された。

正平13年(1358年)、足利尊氏が死去すると、正泰は足利義詮と戦った。しかし、この戦いで正泰は敗北し、吉野に逃亡した。その後、正泰は吉野で後醍醐天皇に仕え続け、正平19年(1364年)に死去した。

紀正泰は、後醍醐天皇の忠臣として仕え、南北朝統一に貢献した武将である。正泰の功績は、後世の人々から称賛されている。

高良明神社の建立と堀田村

高良明神社の建立と堀田村

-高良明神社の建立と堀田村-

紀正泰は、高良明神社を建立し、堀田村の開祖となった人物である。高良明神社は、現在の福岡県久留米市に鎮座する神社で、正平5年(1350年)に紀正泰が創建したと伝えられている。高良明神社は、戦国時代には戦乱で荒廃したが、江戸時代初期に復興され、現在に至っている。

堀田村は、高良明神社の建立とともに開かれた村で、紀正泰の居館もこの村にあった。堀田村は、筑後川の支流である堀川が流れる肥沃な土地であり、米作を中心に栄えた村であった。堀田村は、明治22年(1889年)に周辺の村と合併して久留米市となった。

紀正泰が高良明神社を建立し、堀田村を開いた理由は、この地が戦略的に重要な場所であったからである。高良明神社は、堀川のほとりに位置しており、堀川は筑後川と筑後平野を結ぶ重要な水路であった。また、堀田村は、筑後国と肥後国の境に位置しており、交通の要衝であった。

紀正泰は、高良明神社を建立し、堀田村を開くことで、この地の支配権を確保し、勢力基盤を固めた。紀正泰は、堀田村を拠点に、筑後国と肥後国で勢力を拡大し、南北朝時代の有力な武将となった。

高良明神社は、紀正泰が創建した神社であり、堀田村は紀正泰が開いた村である。高良明神社と堀田村は、紀正泰の功績を伝える貴重な史跡である。

楠木正行と四条畷の戦い

楠木正行と四条畷の戦い

– 楠木正行と四条畷の戦い

紀正泰は、南北朝時代、楠木正行の忠臣として活躍した武将です。四条畷の戦いでは、楠木正行の弟である楠木正儀と共に奮戦し、敵の大将である佐々木道誉を討ち取っています。

四条畷の戦いは、元弘三年(1333年)に、楠木正成が足利尊氏に敗れて戦死した後、その遺志を継いだ楠木正行が、足利尊氏の弟である佐々木道誉に挑んだ戦いでした。

紀正泰は、この戦いで、楠木正行の弟である楠木正儀と共に、佐々木道誉の軍勢と戦いました。紀正泰は、佐々木道誉の軍勢を相手に、奮戦し、敵の大将である佐々木道誉を討ち取っています。

この戦いによって、楠木正行は、足利尊氏に大打撃を与えました。しかし、楠木正行は、この戦いで戦死してしまいました。

紀正泰は、楠木正行の死後も、南朝方に残り、戦いました。そして、正平十四年(1359年)に、戦死しました。

紀正泰は、楠木正行の忠臣として、その死まで、南朝方に尽くした武将でした。

タイトルとURLをコピーしました