江戸時代中期の大名 阿部正允

江戸時代中期の大名 阿部正允

旗本から大名へ

旗本から大名へ

-旗本から大名へ-

阿部正允は、江戸時代中期の大名である。安房国館山藩の初代藩主であり、阿部家宗家を継いだ。

正允は、元禄5年(1692年)、旗本阿部正武の二男として生まれた。享保12年(1727年)、兄の正喬が死去したため家督を相続し、旗本となった。

正允は、享保17年(1732年)、大岡忠相の推挙により奏者番に任じられた。その後、若年寄、老中などを歴任し、享保20年(1735年)、安房国館山藩1万石を与えられて大名となった。

正允は、藩政を改革し、領内の産業振興や民政の安定に努めた。また、儒学を奨励し、藩校「致道館」を創設した。

正允は、安永3年(1774年)、83歳で死去した。家督は、長男の正倫が相続した。

正允は、旗本から大名に昇進した数少ない人物である。その功績は大きく、安房国館山藩の発展に貢献した。また、儒学を奨励し、藩校を創設したことは、藩士の教育水準を高め、藩政の安定に寄与した。

奏者番・大坂城代を歴任

奏者番・大坂城代を歴任

-奏者番・大坂城代を歴任-

阿部正允は、奏者番を歴任した後、大坂城代に任命された。奏者番とは、将軍に直接意見を述べられる職である。大坂城代は、大阪城の守備と大阪の治安維持を担当する役職である。

正允は、奏者番として、将軍綱吉に意見を述べ、綱吉の政治を支えた。また、大坂城代として、大阪の治安を維持し、大阪の経済発展に貢献した。

正允は、奏者番と大坂城代の両方の職を歴任したことで、幕府の中枢に位置する人物となった。正允は、幕府の政治に大きな影響力を持ち、江戸時代中期を代表する大名の一人である。

-奏者番として-

正允は、元禄8年(1695年)に奏者番に任命された。奏者番は、将軍に直接意見を述べられる職である。正允は、奏者番として、綱吉に意見を述べ、綱吉の政治を支えた。

正允は、綱吉の側近として、綱吉の政治に大きな影響力を与えた。正允は、綱吉の生類憐みの令にも賛成した。生類憐みの令とは、動物を殺すことを禁止した法律である。

-大坂城代として-

正允は、宝永6年(1709年)に大坂城代に任命された。大坂城代は、大阪城の守備と大阪の治安維持を担当する役職である。

正允は、大坂城代として、大阪の治安を維持し、大阪の経済発展に貢献した。正允は、大坂城の修築を行い、大阪の治安を強化した。また、正允は、大阪の経済発展を促進するため、商工業を奨励した。

正允は、大坂城代として、大阪の治安を維持し、大阪の経済発展に貢献したことで、大阪の人々から尊敬された。

老中として活躍

老中として活躍

-老中として活躍-

阿部正允は、1701年に大老阿部正武の息子として生まれました。1717年に17歳で奏者番となり、1723年に若年寄に就任しました。1734年に老中に就任し、1745年まで老中を勤めました。

老中として正允は、享保の改革を推進しました。享保の改革は、8代将軍徳川吉宗が行った改革で、財政再建と幕府の強化を目指していました。正允は、吉宗の側近として改革を支え、改革の成功に貢献しました。

また、正允は、朝鮮通信使の接待役を務めました。朝鮮通信使は、朝鮮から江戸幕府に送られた使節団で、日朝関係を維持するために重要な役割を果たしていました。正允は、通信使の接待役として、朝鮮との友好関係を深めることに努めました。

正允は、1745年に老中を辞任し、1755年に死去しました。正允は、老中として幕府の改革を推進し、日朝関係を深めることに貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました