丹波篠山藩主と黒羽藩主を務めた大名-大関増徳-

丹波篠山藩主と黒羽藩主を務めた大名-大関増徳-

波乱に満ちた生涯

波乱に満ちた生涯

-波乱に満ちた生涯-

大関増徳は、戦国時代末期から江戸時代前期の大名。丹波篠山藩主、黒羽藩主を務めた。

大関増徳は、永禄5年(1562年)、丹波篠山藩主・大関光増の長男として生まれた。父・光増は、織田信長の家臣として丹波攻略に参加し、天正10年(1582年)に本能寺の変で信長が横死した後、豊臣秀吉に臣従した。

増徳は、秀吉の九州征伐や小田原征伐に参加し、文禄の役では朝鮮に渡って戦った。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、西軍に属して徳川家康と戦ったが、敗北して改易された。

その後、増徳は、徳川秀忠の許しを得て丹波篠山藩に復帰した。しかし、大坂の陣では再び西軍に属して秀忠と戦い、大敗を喫した。増徳は、改易されて江戸に蟄居となった。

元和9年(1623年)、増徳は、徳川家光が将軍となったのを機に赦免され、下野黒羽藩主となった。増徳は、黒羽藩で藩政改革を行い、藩財政の立て直しに努めた。寛永12年(1635年)、増徳は死去した。享年74。

増徳は、戦国時代末期から江戸時代前期にかけて、波乱に満ちた生涯を送った。しかし、大坂の陣で敗れた後も、徳川家の許しを得て黒羽藩主となり、藩政改革を行い、藩財政の立て直しに努めた。増徳は、丹波篠山藩と黒羽藩の発展に貢献した名君として知られている。

丹波篠山藩主から黒羽藩主に

丹波篠山藩主から黒羽藩主に

丹波篠山藩主から黒羽藩主に

大関増徳は、丹波篠山藩主から黒羽藩主に転封された大名です。増徳は、1576年に丹波篠山藩主の嫡男として生まれ、1594年に家督を継ぎました。1600年の関ヶ原の戦いでは、徳川家康方に与し、戦功をあげました。1603年に江戸幕府が開かれると、増徳は幕府の要職を歴任しました。1615年の大坂夏の陣では、豊臣秀頼方に与したとして改易され、所領を没収されました。しかし、1623年に赦免され、黒羽藩主として1万石の所領を与えられました。増徳は、黒羽藩主として藩政改革を行い、藩の財政を立て直しました。また、武芸を奨励し、黒羽藩の軍備を強化しました。増徳は、1650年に65歳で死去しました。

増徳が丹波篠山藩主から黒羽藩主に転封された理由は、豊臣秀頼方に与したとして改易されたためと考えられています。しかし、増徳は赦免されて黒羽藩主として復帰しており、徳川家康や江戸幕府から一定の評価を受けていたものと思われます。

増徳は、黒羽藩主として藩政改革を行い、藩の財政を立て直しました。また、武芸を奨励し、黒羽藩の軍備を強化しました。増徳の功績は、黒羽藩の藩政に大きな影響を与えました。

隠居後の生活

隠居後の生活

– 隠居後の生活

大関増徳は、延享4年(1747年)に隠居し、丹波篠山藩主の座を嫡男の増栄に譲りました。しかし、増徳は隠居後も藩政に大きな影響力を持ち続けました。

増徳は隠居後は、丹波篠山の西に位置する味間村(現在の篠山市味間地区)に隠居所を構えて生活しました。隠居所は広大な敷地を有し、庭園や茶室も備えていました。増徳は隠居所において、書画や茶道、和歌などの風流を楽しみながら余生を過ごしました。

また、増徳は隠居後も藩の財政立て直しなどに尽力しました。増徳は、藩の経費削減や増税などにより、藩の財政再建に成功しました。

増徳は、寛政3年(1791年)に83歳で亡くなりました。増徳の死後、丹波篠山藩は黒羽藩に転封となり、大関家は断絶しました。

増徳は、丹波篠山藩と黒羽藩の藩主として、藩の財政立て直しや領内の治安維持など、多くの功績を残しました。増徳は、丹波篠山の歴史において重要な人物として知られています。

タイトルとURLをコピーしました