大樋道忠 – 明治-大正期に活躍した加賀の陶芸家

大樋道忠 – 明治-大正期に活躍した加賀の陶芸家

大樋道忠の生涯

大樋道忠の生涯

-大樋道忠の生涯-

大樋道忠は、1876年、石川県加賀市の大樋焼の窯元に生まれました。本名は、道雲。

大樋道忠は、幼い頃から陶芸に興味を持ち、15歳の時には父である大樋道雲に師事して本格的に陶芸を学び始めました。

1900年、24歳の時に東京美術学校に入学し、さらに陶芸の腕を磨きました。

1905年、東京美術学校を卒業後、大樋道忠は帰郷して父の後を継いで大樋焼の窯元となりました。

大樋道忠は、伝統的な大樋焼の技法を受け継ぎながら、新しい技法も取り入れて独自の作風を確立していきました。

大樋道忠の作品は、その斬新なデザインと高い技術力から、国内外で高く評価されました。

1936年、大樋道忠は、帝国美術院会員に任命されました。

1948年、大樋道忠は、重要無形文化財保持者に認定されました。

大樋道忠は、1960年に亡くなりましたが、その作品は現在もなお多くの人々に愛され続けています。

大樋道忠の作風

大樋道忠の作風

-大樋道忠の作風-

大樋道忠の作風は、古瀬戸、唐津などの古い陶器を研究して、それらを現代風にアレンジしたもので、斬新でありながら、伝統を感じさせるものであった。また、茶陶を多く手掛け、その作品は茶人から高く評価された。

道忠の作品は、主に瀬戸黒、絵唐津、志野、織部、黄瀬戸など、さまざまな種類の陶器を制作した。瀬戸黒は、鉄釉を塗って焼いた黒色の陶器で、古瀬戸をモデルにしている。絵唐津は、唐津焼をモデルにしたもので、白化粧を施した上に絵を描いて焼いている。志野は、瀬戸黒に白化粧を施したもので、織部は、志野に緑釉をかけたものである。黄瀬戸は、瀬戸黒に黄色の釉薬をかけたものである。

道忠の作品は、伝統的な陶器を研究して、それを現代風にアレンジしたもので、斬新でありながら、伝統を感じさせるものであった。また、茶陶を多く手掛け、その作品は茶人から高く評価された。

大樋道忠の作品

大樋道忠の作品

大樋道忠の作品

大樋道忠は、明治・大正期に活躍した加賀の陶芸家です。独自の釉薬や技法を駆使して、華やかで独創的な作品を生み出しました。その作品は、国内外で高く評価されており、現在でも多くの美術館やコレクターに所蔵されています。

大樋道忠の作品の特徴のひとつは、鮮やかな色彩です。彼は、赤、緑、青、黄など、さまざまな色の釉薬を駆使して、華やかな作品を制作しました。また、辰砂釉(しんしゃぐすり)や金襴手(きんらんて)などの、独自の釉薬を開発し、それらを駆使して、独創的な作品を生み出しました。

大樋道忠の作品のもうひとつの特徴は、自由奔放な造形です。彼は、伝統的な陶芸の技法にとらわれず、自由に作品を制作しました。そのため、彼の作品には、さまざまな形や大きさの作品があります。また、彼は、動物や植物をモチーフにした作品を多く制作しており、それらの作品は、ユーモラスで親しみやすい雰囲気を持っています。

大樋道忠の作品は、国内外で高く評価されています。彼の作品は、東京国立博物館、京都国立博物館、ボストン美術館、大英博物館など、多くの美術館に所蔵されています。また、彼の作品は、オークションで高値で落札されることも多く、コレクターの間でも人気があります。

大樋道忠の作品は、華やかで独創的な作風であり、国内外で高く評価されています。彼の作品は、現在でも多くの美術館やコレクターに所蔵されており、人々に愛され続けています。

タイトルとURLをコピーしました