阿部光国〜江戸時代中期の装剣金工〜

阿部光国〜江戸時代中期の装剣金工〜

阿部光国の生涯

阿部光国の生涯

阿部光国〜江戸時代中期の装剣金工〜
阿部光国の生涯

阿部光国は、江戸時代中期に活躍した装剣金工師。本名は阿部六三郎。通称を光國。播磨国(現在の兵庫県)に生まれました。、阿部家は代々刀工を営んでおり、光国も幼い頃から刀工の修業を積みました。

光国が刀工としての名を知られるようになったのは、元禄年間(1688-1704)のこと。当時の将軍徳川綱吉が鷹狩りを好んだため、鷹狩りを題材にした刀装具が流行していました。光国は、鷹狩りの様子をリアルに表現した刀装具を制作し、将軍家や大名たちに高く評価されました。

光国の作品は、細工の繊細さと写実性が特徴です。光国は、実物や絵画を注意深く観察し、その細部まで忠実に再現することに努めていました。そのため、光国の作品は、まるで生き物のように生き生きとしています。

光国の作品は、現在でも多くの美術館や博物館に収蔵されています。また、光国の作品を収集する個人コレクターも少なくありません。光国の作品は、江戸時代中期の装剣金工の最高峰として、高く評価されています。

光国は、宝暦11年(1761年)に85歳で亡くなりました。光国の死後、阿部家は代々刀工として活躍し、現在に至っています。

阿部光国の作品

阿部光国の作品

– 阿部光国の作品

阿部光国は、江戸時代中期の装剣金工です。肥後国熊本藩の刀工、阿部正次の孫として生まれ、幼少期から刀工としての修行を積みました。正次亡き後、家督を継ぎ、二代正次を名乗るようになります。光国は、刀工として高い技術を持っていましたが、特に装剣金工として有名です。装剣金工とは、刀の鞘や柄、鍔など、刀の装飾品を作る職人です。光国は、金、銀、銅などの金属を素材として、精巧な装剣金工作品を数多く製作しました。

光国の作品は、その精巧な細工と美しいデザインで知られています。特に、金や銀を素材として作られた花瓶や香炉などの作品は、その美しさから、多くの茶人や好事家に珍重されました。光国の作品は、現在でも多くの美術館や博物館に所蔵されており、その技術の高さを後世に伝えています。

光国の作品の中でも、特に有名なのが「倶利伽羅龍威丸の拵え」です。「倶利伽羅龍威丸」は、源義経が所持していたとされる名刀であり、光国は、この名刀にふさわしい拵えを製作しました。光国の拵えは、金や銀を素材として作られた精巧な細工で、その美しさは多くの人々を魅了しました。

光国の作品は、その精巧な細工と美しいデザインで、現在でも多くの人々から愛されています。光国の作品は、江戸時代中期の装剣金工の最高峰であり、その技術と美しさは、後世に受け継がれています。

阿部光国の作風

阿部光国の作風

-阿部光国の作風-

阿部光国は、江戸時代中期の装剣金工です。越前国福井藩(現在の福井県福井市)の出身で、父は阿部光忠、兄は阿部光次です。光国は、父と兄から装剣金工の技術を学び、1716年に江戸に出て、幕府の御用金工となりました。

光国の作風は、写実的で精巧な図柄を得意としました。特に、人物や動物を題材にした図柄を得意とし、その作品は、写実的で精巧なだけでなく、躍動感に溢れています。また、光国は、金や銀などの金属を素材として使用し、その素材の美しさを最大限に引き出すように仕上げていました。

光国の代表作には、東京国立博物館所蔵の「金地蒔絵菊蒔絵飾太刀拵」があります。この作品は、金地に蒔絵で菊の花を描き、その上に蒔絵で飾りを施した太刀拵です。菊の花は、写実的で精巧に描かれており、その花弁の一枚一枚まで丁寧に描かれています。また、飾りは、金や銀などの金属を素材として使用し、その素材の美しさを最大限に引き出すように仕上げられています。

光国の作品は、その写実的で精巧な図柄と、金や銀などの金属を素材として使用し、その素材の美しさを最大限に引き出すように仕上げた技術で、高く評価されています。光国の作品は、現在でも多くの美術館や博物館に所蔵されており、多くの人々から愛されています。

タイトルとURLをコピーしました