僧 円久 – 平安時代中期の高僧

僧 円久 – 平安時代中期の高僧

幼少期から比叡山で修行

幼少期から比叡山で修行

幼少期から比叡山で修行

円久は、平安時代中期に活躍した高僧であり、比叡山の僧侶として、天台宗の法灯を照らし続けた人物です。彼は、幼い頃から比叡山で修行を開始し、その才能を発揮していきます。

円久は、延喜7年(907年)に、現在の滋賀県大津市に誕生しました。彼の出生には、いくつかの伝説が残されており、その一つでは、彼は母親の夢の中に現れた観音菩薩の化身であるとされています。幼い頃から、非常に聡明であった円久は、早いうちから仏教の教えに傾倒し、10歳の頃には、比叡山に登って出家しました。

比叡山は、天台宗の総本山であり、平安時代には、多くの僧侶が修行に訪れる霊山でした。円久もその一人であり、彼は比叡山で、厳しい修行に励みました。比叡山の生活は、非常に質素であり、僧侶たちは、粗末な食事とわずかな睡眠で、一日を過ごしました。また、厳しい修行に加えて、円久は、比叡山で、天台宗の教えを学びました。天台宗は、中国の智顗によって開かれた宗派であり、法華経を中心とした教えを説いています。円久は、法華経を深く研究し、その奥深い教えに感銘を受けました。

比叡山での修行を経て、円久は、天台宗の僧侶として、各地を巡って教えを説きました。彼は、その卓越した弁舌と慈悲深い心で、多くの人々から慕われました。また、円久は、比叡山の僧侶として、政治にも影響力を持ち、朝廷からも重んじられました。

円久は、長徳2年(996年)に、比叡山で入滅しました。享年90。彼の死後、弟子たちは、彼の遺徳を偲んで、比叡山に円久を祀る円久堂を建立しました。円久堂は、比叡山の重要文化財であり、今日でも多くの参拝者が訪れます。

首楞厳院に移り、法華経の読誦に励む

首楞厳院に移り、法華経の読誦に励む

– 首楞厳院に移り、法華経の読誦に励む

円久は、寛弘7年(1010年)に伯耆国の豪族である藤原良任の招きを受けて、同国に赴きました。そして、伯耆国に首楞厳院というお寺を建立し、そこで法華経の読誦に励みました。

法華経とは、仏教の経典のひとつで、釈迦が説いたとされる教えがまとめられています。法華経は、仏教のなかでも特に重要な経典とされ、多くの仏教徒が読誦しています。

円久もまた、法華経を非常に大切にしていました。そして、首楞厳院で法華経の読誦に励むことで、仏の教えを深く理解することを目指していました。

円久は、首楞厳院で法華経の読誦に励むだけでなく、他の僧侶たちへの指導も行っていました。円久は、仏教の教えを丁寧に説明し、僧侶たちの理解を深めるのに努めました。

円久は、首楞厳院で10年間ほど過ごしました。そして、寛弘17年(1020年)に、京都の東寺に移りました。東寺は、空海が建立したお寺であり、仏教の重要な拠点のひとつでした。

円久は、東寺に移ってからも法華経の読誦を続けました。そして、多くの僧侶たちに仏の教えを説き、仏教の発展に貢献しました。

円久は、平安時代中期の高僧として知られ、その功績は今も語り継がれています。

晩年は愛宕山で懺悔の日々、死後は墓から経の声

晩年は愛宕山で懺悔の日々、死後は墓から経の声

晩年は愛宕山で懺悔の日々、死後は墓から経の声

円久は、晩年になると愛宕山に隠棲し、懺悔の日々を送った。円久は、かつて比叡山で修行をしていた頃、戒律を破り、山を下りてしまったことがあった。その後、円久は深く反省し、愛宕山に隠棲して、懺悔の日々を送ることにした。

円久は、愛宕山で、毎日欠かさず経を唱え、修行に励んだ。また、円久は、愛宕山の麓に住む人々に、仏教の教えを説いた。円久の教えは、人々の心に深く響き、多くの人が円久の弟子となった。

円久は、愛宕山で100歳まで生き、亡くなった。円久の死後、円久の墓からは、経の声が聞こえてきたという。円久の弟子たちは、円久が死後も、人々を救済するために、経を唱えているのだと信じ、円久の墓に詣でた。

円久の墓からは、現在でも経の声が聞こえてくると言われている。円久は、死後も人々を救済するために、経を唱えているのである。

タイトルとURLをコピーしました