嘉手苅林昌 – 沖縄民謡の巨匠

嘉手苅林昌 – 沖縄民謡の巨匠

民謡との出会い

民謡との出会い

-民謡との出会い-

嘉手苅林昌は、1908年(明治41年)に沖縄県国頭郡久志村(現在の国頭村)で生まれた。幼い頃から民謡を愛し、10代の頃には地元の民謡大会で優勝するほどの実力を持っていた。しかし、彼は家業を継ぐために高校進学を諦め、20歳の頃には上京して働きに出た。

東京で働きながら、嘉手苅林昌は民謡への情熱を忘れず、民謡のコンクールに出場したり、民謡の勉強をしたりしていた。1936年(昭和11年)には、民謡のコンクールで優勝し、民謡歌手としての道を歩み始めた。

1940年(昭和15年)には、嘉手苅林昌は初めてのレコードを発売し、大きなヒットを放った。その後も、彼は数多くのレコードを発売し、民謡歌手として活躍した。1955年(昭和30年)には、民謡のコンクールで優勝し、民謡界の最高峰である「人間国宝」の称号を贈られた。

嘉手苅林昌は、民謡を愛し、民謡を普及させるために生涯を捧げた偉大な民謡歌手である。彼の功績は、今日でも多くの民謡ファンに語り継がれている。

戦後での活躍

戦後での活躍

-戦後での活躍-

戦後、嘉手苅林昌は沖縄民謡の復興と普及に尽力しました。1946年に「琉球民謡研究所」を設立し、民謡の調査や研究を行い、民謡教室を開設して後進の育成にも努めました。また、琉球民謡を全国各地に紹介するために、本土への演奏旅行を精力的に行いました。

1955年には、日本政府が主催する「第1回沖縄民謡コンクール」で優勝し、沖縄民謡の第一人者としてその名を知られるようになりました。その後も、数多くの民謡コンクールで優勝し、1968年には「琉球民謡大賞」を受賞しました。

嘉手苅林昌は、沖縄民謡の復興と普及に貢献した功績が認められ、1972年に琉球政府から「琉球功労賞」を、1977年には日本政府から「紫綬褒章」を受章しました。また、1985年には、沖縄県指定無形文化財「琉球民謡」の保持者に認定されました。

嘉手苅林昌は、1997年に85歳で亡くなるまで、沖縄民謡の第一線で活躍しました。その功績は、沖縄民謡の歴史に永遠に刻まれることでしょう。

琉球民謡協会の設立

琉球民謡協会の設立

琉球民謡協会の設立

嘉手苅林昌は、1953年に琉球民謡協会を設立しました。この協会は、沖縄民謡の保存と発展を目的としたもので、沖縄民謡の研究や普及活動を行いました。また、琉球民謡協会は、沖縄民謡のコンクールである「琉球民謡コンクール」を開催し、沖縄民謡の育成にも貢献しました。

琉球民謡協会の設立は、沖縄民謡の保存と発展に大きな役割を果たしました。琉球民謡協会は、沖縄民謡の研究や普及活動を行い、沖縄民謡のコンクールである「琉球民謡コンクール」を開催することで、沖縄民謡の育成にも貢献しました。

嘉手苅林昌は、琉球民謡協会の設立によって、沖縄民謡の保存と発展に大きな貢献をしました。嘉手苅林昌は、琉球民謡協会の初代会長を務め、協会の運営に尽力しました。また、嘉手苅林昌は、琉球民謡協会の研究機関である「琉球民謡研究所」を設立し、沖縄民謡の研究にも貢献しました。

嘉手苅林昌は、沖縄民謡の巨匠として、沖縄民謡の保存と発展に大きな貢献をしました。嘉手苅林昌の功績は、沖縄民謡の歴史において、永遠に語り継がれるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました