「歌沢相模(初代)」(1813-1875)

「歌沢相模(初代)」(1813-1875)

歌沢一派の樹立に尽力

歌沢一派の樹立に尽力

歌沢一派の樹立に尽力

歌沢相模(初代)は、歌沢一派の創始者であり、その樹立に尽力した人物である。歌沢一派は、相撲の新しい技や戦法を開発し、相撲界に大きな影響を与えた一派である。相撲界はそれまで、力任せの相撲が主流であったが、歌沢一派は、技や戦法を重視する相撲を確立した。歌沢相模(初代)は、歌沢一派の頭領として、門弟を指導し、相撲界の発展に貢献した。

歌沢相模(初代)は、1813年に江戸で生まれた。幼少期から相撲を学び、1835年に初土俵を踏んだ。1841年に小結に昇進し、1845年に大関に昇進した。1847年には、横綱に昇進した。横綱昇進後は、相撲界を代表する力士として活躍し、多くの名勝負を繰り広げた。1859年に引退後、年寄となり、歌沢一派の指導に専念した。

歌沢一派は、歌沢相模(初代)の指導のもと、相撲の新しい技や戦法を開発した。その中でも、最も有名なのが「歌沢固め」である。歌沢固めは、相手の両足を抱え込んでから、自分の足を絡ませて、相手を倒す技である。歌沢固めは、非常に強力な技であり、多くの力士が歌沢固めに敗れた。歌沢一派は、歌沢固め以外にも、多くの技や戦法を開発し、それらは相撲界に大きな影響を与えた。

歌沢相模(初代)は、歌沢一派の樹立に尽力し、相撲界の発展に貢献した偉大な力士である。

安政4年に歌沢2代家元を継ぐ

安政4年に歌沢2代家元を継ぐ

-安政4年に歌沢2代家元を継ぐ-

歌沢相模(初代)は、嘉永元年(1848年)に名取となり、その才能を認められて、安政4年(1857年)に家元を継ぎ、歌沢2代目となりました。

2代目家元となってからは、さらに研鑽を重ね、歌沢流の芸を大成させました。また、多くの弟子を育て、歌沢流の発展に大きく貢献しました。

歌沢相模(初代)は、晩年まで現役で活躍し、明治8年(1875年)に63歳で逝去しました。

歌沢相模(初代)の芸は、静かで優美な中にも、力強さを感じさせるものでした。また、即興的な演奏にも優れており、多くの聴衆を魅了しました。

歌沢相模(初代)の死後、歌沢流は、歌沢相模(2代目)が継承しました。歌沢相模(2代目)は、初代家元の芸を忠実に受け継ぎ、さらに発展させました。

歌沢流は、現在でも多くの演奏家によって受け継がれており、日本の伝統芸能として親しまれています。

文久2年に笹丸の顕彰碑を建立

文久2年に笹丸の顕彰碑を建立

文久2年に笹丸の顕彰碑を建立

文久2年(1862年)、歌沢相模(初代)は、笹丸の顕彰碑を建立しました。笹丸は、相模の妻の父親であり、相模が若かった頃に相模を導いた人物でした。笹丸は、相模に相撲の技術を教え、相模が力士になるきっかけを作りました。また、相模が力士として活躍している間も、常に相模を支え続けました。

笹丸は、嘉永6年(1853年)に亡くなりましたが、相模は笹丸の死後も、常に笹丸のことを忘れませんでした。そして、文久2年に笹丸の顕彰碑を建立することで、笹丸への感謝の気持ちを表現したのです。

笹丸の顕彰碑は、東京都墨田区にある回向院にあります。顕彰碑には、笹丸の功績が刻まれており、相模が笹丸をどれだけ尊敬していたかがわかります。笹丸の顕彰碑は、相撲の歴史を語る上で欠かせない、貴重な史跡となっています。

タイトルとURLをコピーしました