– 菊池章子

– 菊池章子

大正・昭和・平成を彩った国民的歌手

大正・昭和・平成を彩った国民的歌手

-菊池章子-

-大正・昭和・平成を彩った国民的歌手-

菊池章子は、大正12年(1924年)に東京で生まれた歌手である。幼い頃から音楽の才能を示し、1937年にわずか13歳でレコードデビューを果たした。

菊池のデビュー曲は「島の娘」であり、瞬く間に大ヒットを記録した。その後も「六甲おろし」「高原列車は行く」「王将」「夜来香」など、数多くのヒット曲を世に送り出した。

菊池は、その甘い歌声と親しみやすい人柄で、国民的人気を獲得した。大正・昭和・平成の3時代にわたって活躍し、日本の音楽界に大きな足跡を残した。

菊池は、私生活では1951年に歌手の花村菊次郎と結婚し、2人の子をもうけた。しかし、1964年に花村が急逝し、菊池はシングルマザーとして子育てに奮闘した。

1990年代に入ると、菊池は再婚し、2002年には国民栄誉賞を受賞した。2018年には94歳で死去したが、その歌声は今もなお多くの人々に愛され続けている。

菊池章子は、日本の音楽界を代表する国民的歌手であり、その功績は永遠に語り継がれるであろう。

ヒット曲「星の流れに」「岸壁の母」で一世を風靡

ヒット曲「星の流れに」「岸壁の母」で一世を風靡

-菊池章子-

-ヒット曲「星の流れに」「岸壁の母」で一世を風靡-

菊池章子は、1940年7月9日生まれ、北海道札幌市出身の歌手である。1962年、「赤いガラス玉」でデビューし、1963年には「星の流れに」が大ヒット。さらに、1965年には「岸壁の母」が大ヒットし、一世を風靡した。

「星の流れに」は、森田公一とトップギャランの「星の流れに」のカバー曲である。菊池章子の歌唱力の高さもあり、大ヒットとなり、オリコンチャートでは最高位2位を記録した。また、「岸壁の母」は、映画『岸壁の母』の主題歌である。この曲もまた、菊池章子の歌唱力の高さもあり、大ヒットとなり、オリコンチャートでは最高位1位を記録した。

菊池章子は、1960年代後半から1970年代前半にかけて、数々のヒット曲を生み出した。代表曲には、「夢の途中」「あの素晴らしい愛をもう一度」「ひこうき雲」「五番街のマリーへ」「初恋」「おもいで酒」などがある。1975年には、NHK紅白歌合戦に初出場を果たした。

菊池章子は、1980年代以降も、歌謡曲を中心に活躍を続けている。1990年には、アルバム『時の流れに』をリリース。2000年には、シングル「岸壁の母2000」をリリースした。2010年には、ベストアルバム『菊池章子ゴールデン☆ベスト』をリリースした。

菊池章子は、現在も、歌手として活躍を続けている。2020年には、シングル「星の流れに2020」をリリースした。菊池章子は、日本の歌謡界を代表する歌手の一人であり、その歌唱力は、多くの人々を魅了している。

タイトルとURLをコピーしました