川田正子

川田正子

昭和から平成にかけて活躍した童謡歌手、合唱指導者

昭和から平成にかけて活躍した童謡歌手、合唱指導者

-川田正子-

-昭和から平成にかけて活躍した童謡歌手、合唱指導者-

川田正子は、1931年、東京都に生まれた。幼い頃から音楽を愛し、小学校時代には東京放送児童合唱団に所属していた。1947年、16歳の時に「リンゴの唄」で童謡歌手としてデビュー。その後、「サルの歌」「ドレミの歌」「赤とんぼ」など、数多くの童謡を歌って国民的人気を博した。

1960年代以降は、合唱指導者としても活躍。東京少年少女合唱隊、合唱団ソプラノなどを指導し、多くの合唱コンクールの優勝に導いた。また、全国各地で合唱教室やワークショップを開き、合唱の普及に努めた。

川田正子は、2019年に心不全のため87歳で逝去したが、その功績は今もなお語り継がれている。

-主な受賞歴-

・第1回NHK童謡コンクール優勝(1950年)
・第1回日本レコード大賞童謡賞(1959年)
・第8回日本レコード大賞童謡歌手賞(1966年)
・第11回日本レコード大賞童謡歌手賞(1969年)
・第33回日本レコード大賞特別賞(1991年)
・第1回日本ゴールドディスク大賞童謡部門大賞(1992年)

妹の川田孝子、美智子とともに音羽ゆりかご会にはいり、昭和17年からラジオでうたう

妹の川田孝子、美智子とともに音羽ゆりかご会にはいり、昭和17年からラジオでうたう

– 川田正子

-# 妹の川田孝子、美智子とともに音羽ゆりかご会にはいり、昭和17年からラジオでうたう

川田正子は、1927年(昭和2年)に東京都に生まれた。妹の川田孝子、美智子とともに音羽ゆりかご会にはいり、昭和17年からラジオで歌い始めた。

川田正子は、1942年(昭和17年)に「リンゴの唄」でデビューした。この曲は、国民的な大ヒットとなり、川田正子は一躍スターとなった。その後も、「青い山脈」「野バラ」「海の声」など、数多くのヒット曲をリリースした。

川田正子は、1957年(昭和32年)に引退したが、1963年(昭和38年)に復帰した。復帰後は、テレビドラマや映画に出演したり、コンサートを開いたりするなど、積極的に活動した。

川田正子は、2016年(平成28年)に亡くなった。享年89歳だった。

川田正子は、日本の歌謡界を代表する歌手の一人である。その歌声は、多くの人々に愛され、今もなお歌い継がれている。

川田正子は、妹の川田孝子、美智子とともに、音羽ゆりかご会にはいり、昭和17年からラジオで歌い始めた。川田正子は、1942年(昭和17年)に「リンゴの唄」でデビューし、国民的な大ヒットとなった。その後も、数多くのヒット曲をリリースし、1957年(昭和32年)に引退したが、1963年(昭和38年)に復帰した。川田正子は、2016年(平成28年)に亡くなった。享年89歳だった。

戦後は「みかんの花咲く丘」「里の秋」などの童謡でしたしまれる

戦後は「みかんの花咲く丘」「里の秋」などの童謡でしたしまれる

-川田正子-

-戦後は「みかんの花咲く丘」「里の秋」などの童謡でしたしまれる-

川田正子は、1919年(大正8年)に東京府東京市(現・東京都)に生まれました。1937年(昭和12年)に女子美術専門学校(現・女子美術大学)に入学し、1941年(昭和16年)に卒業しました。在学中は油絵を専攻し、卒業後は童画の制作を始めました。

1945年(昭和20年)、川田正子は戦争で夫と息子を亡くしました。悲しみの中、彼女は童謡の制作に励み、1946年(昭和21年)に「みかんの花咲く丘」を発表しました。この曲は、戦後の日本に希望を与え、多くの人々に愛されました。

1947年(昭和22年)、川田正子は「里の秋」を発表しました。この曲は、故郷の秋を歌った曲で、こちらも多くの人々に愛されました。川田正子は、その後も「春の小川」「夏は来ぬ」など、数多くの童謡を発表しました。

川田正子は、1981年(昭和56年)に亡くなりましたが、彼女の童謡は今もなお多くの人々に愛され続けています。

-川田正子の童謡の特徴-

川田正子の童謡は、素朴なメロディーと歌詞が特徴です。彼女の童謡は、子供たちの日常の生活や自然の美しさを歌ったものが多く、子供たちの心にすっと入ってくるような曲ばかりです。

川田正子は、童謡の制作において、子供たちの目線に立って曲を作ることが大切だと考えていました。彼女は、子供たちが歌いやすいメロディーや、子供たちが共感できる歌詞を心がけていました。

川田正子の童謡は、子供たちに愛されるだけでなく、大人にも愛されています。彼女の童謡は、大人たちが子供の頃の思い出を懐かしんだり、子供たちの成長を見守ったりするきっかけにもなっています。

川田正子の童謡は、これからも多くの人々に愛され続け、日本の文化として継承されていくことでしょう。

タイトルとURLをコピーしました