竹本組太夫(3代)

竹本組太夫(3代)

竹本組太夫(3代)の生涯

竹本組太夫(3代)の生涯

竹本組太夫(3代)の生涯

竹本組太夫(3代)(1743年~1812年)は、江戸時代後期の浄瑠璃太夫。本名は田中久太夫。別名は竹本綱太夫、竹本村太夫、竹本都太夫、竹本組太夫。

竹本組太夫(3代)は、江戸の生まれで、竹本座の番付に初めて名前が登場するのは1755年である。竹本座では、当初、太夫の上として活躍する。1772年に竹本座が解散すると、豊竹座に移籍し、1775年に豊竹座の座頭となる。豊竹座では、太夫として活躍し、1786年には三味線弾きとして竹本綱太夫の名跡を継承する。

1791年に豊竹座が解散すると、竹本組太夫(3代)は、再び竹本座に移籍し、竹本村太夫の名跡を継承する。竹本座では、太夫として活躍し、1792年に竹本都太夫の名跡を継承する。1803年には竹本組太夫の名跡を継承し、竹本座の座頭となる。

竹本組太夫(3代)は、浄瑠璃太夫として活躍する傍ら、竹本座の経営にも携わる。1804年に竹本座が火事で焼失すると、竹本組太夫(3代)は、竹本座の再建に尽力する。1811年には竹本座が再建され、竹本組太夫(3代)は、竹本座の座頭として、浄瑠璃太夫として活躍する。

1812年に竹本組太夫(3代)は、69歳で死去する。竹本組太夫(3代)は、江戸浄瑠璃の黄金期に活躍した浄瑠璃太夫であり、その功績は大きい。

竹本組太夫(3代)の功績

竹本組太夫(3代)の功績

竹本組太夫(3代)の功績

竹本組太夫(3代)は、浄瑠璃太夫として活躍し、その功績は多岐にわたります。

まず、彼は浄瑠璃の演奏形式を確立しました。浄瑠璃は、三味線に合わせて節回しのある語りで物語を語る芸能ですが、組太夫(3代)は三味線の伴奏に合せて節回しのある語りで物語を語る「語り物」という形式を確立しました。この形式は、その後浄瑠璃の標準的な演奏形式となり、今日まで続いています。

また、彼は浄瑠璃の曲目や演目も数多く創作しました。彼は、それまでの浄瑠璃の曲目であった「曽根崎心中」や「心中天の網島」などの世話物に加えて、「義経千本桜」や「仮名手本忠臣蔵」などの時代物も創作しました。これらの作品は、浄瑠璃の古典として現在でも上演され続けています。

さらに、彼は浄瑠璃の教育にも尽力しました。彼は、浄瑠璃の弟子を多く育て、彼らに浄瑠璃の演奏法や曲目などを伝えました。彼の弟子の中には、後に浄瑠璃の名人として名を馳せる者も数多くいました。

竹本組太夫(3代)は、浄瑠璃の演奏形式を確立し、浄瑠璃の曲目や演目も数多く創作し、浄瑠璃の教育にも尽力しました。彼の功績は大きく、彼は浄瑠璃の発展に貢献した偉大な人物です。

竹本組太夫(3代)のエピソード

竹本組太夫(3代)のエピソード

-竹本組太夫(3代)のエピソード-

竹本組太夫(3代)は、1684年に大阪で生まれ、1756年に京都で亡くなった人形浄瑠璃の太夫。竹本義太夫の直弟子で、義太夫節の完成に大きな役割を果たした。

竹本組太夫(3代)は、幼い頃から人形浄瑠璃に興味を持ち、11歳のときに竹本義太夫に入門した。1703年に初舞台を踏むと、その才能をいかんなく発揮し、すぐに人気太夫となった。

竹本組太夫(3代)は、義太夫節の太夫として、その優れた語り口と情感豊かな演出で、人々を魅了した。また、義太夫節の新しい曲目を創作したり、既存の曲目を改良したりするなど、義太夫節の発展に貢献した。

竹本組太夫(3代)は、義太夫節の太夫としてだけではなく、役者としても活躍した。1730年には、大阪の竹本座で、人形浄瑠璃の舞台で役者として出演した。これは、太夫が役者として出演する初めてのことで、大きな話題となった。

竹本組太夫(3代)は、義太夫節の太夫として、また役者として、人々に愛され、人形浄瑠璃の発展に大きな貢献をした。

竹本組太夫(3代)のエピソードを紹介しよう。

* あるとき、竹本組太夫(3代)は、大阪の竹本座で公演をしていた。そのとき、突然地震が起こり、劇場が揺れ始めた。竹本組太夫(3代)は、舞台から落ちそうになりながら、それでも語り続け、観客を安心させた。

* またあるとき、竹本組太夫(3代)は、京都の都座で公演をしていた。そのとき、客席から「この太夫は下手だ」という声が聞こえてきた。竹本組太夫(3代)は、その声を聞くと、いっそう気合いを入れて語り始め、その客を黙らせた。

竹本組太夫(3代)は、その優れた語り口と情感豊かな演出で、人々を魅了する太夫であった。また、その強い精神力とプロ意識で、どんな困難にも負けずに舞台に立ち続けた。竹本組太夫(3代)は、義太夫節の太夫として、また役者として、人々に愛され、人形浄瑠璃の発展に大きな貢献をした。

タイトルとURLをコピーしました