竹本雛太夫(5代) – 大阪出身の人間国宝

竹本雛太夫(5代) – 大阪出身の人間国宝

浄瑠璃界に輝く才能と努力の軌跡

浄瑠璃界に輝く才能と努力の軌跡

– 竹本雛太夫(5代) – 大阪出身の人間国宝

-# 浄瑠璃界に輝く才能と努力の軌跡

竹本雛太夫(5代)は、大阪出身の人間国宝であり、浄瑠璃界の第一人者として知られています。1941年に大阪市に生まれ、幼少の頃から浄瑠璃に興味を持ち始めました。1954年に竹本越路太夫に入門し、1956年に初舞台を踏みました。その後、研鑽を重ね、1975年に竹本雛太夫を襲名しました。

雛太夫は、浄瑠璃界において数々の賞を受賞しています。1980年には文化庁芸術祭賞を受賞し、1984年には人間国宝に認定されました。また、1993年には日本芸術院会員に選出され、2007年には大阪文化賞を受賞しています。

雛太夫の浄瑠璃は、その卓越した演奏技術と豊かな表現力で知られています。特に、義太夫節の演奏に秀でており、その語り口は「雛太夫節」と呼ばれる独自のスタイルを確立しています。雛太夫の浄瑠璃は、その美しさで多くの人を魅了しており、国内外で公演を行っています。

雛太夫は、浄瑠璃界の後進の育成にも力を注いでいます。1979年に竹本雛太夫会を結成し、後進の指導にあたっています。また、浄瑠璃の普及活動にも積極的に取り組んでおり、公演や講演会などを行っています。

雛太夫は、浄瑠璃界に大きな功績を残した人物であり、その才能と努力は多くの人から尊敬されています。今後も、その活躍に期待がかかっています。

5代竹本雛太夫: その生涯と功績

5代竹本雛太夫: その生涯と功績

-5代竹本雛太夫 その生涯と功績-

5代竹本雛太夫は、1923年5月17日に大阪市に生まれ、2014年1月29日に亡くなった日本の文楽太夫。人間国宝。本名は竹内太喜。(出典 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

雛太夫は幼い頃から三味線を習い、1931年に5歳の時に初舞台を踏んだ。1938年に大阪文楽座の公募試験に合格して入門し、1940年に「竹本雛太夫」の名を襲名した。(出典 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

雛太夫は文楽界において最も重要な役どころの一つである「太夫」を務め、その活躍は国内にとどまらず、海外公演にも数多く出演した。また、文楽の普及にも力を入れ、1964年に文楽の保存と継承を目的とした「文楽協会」の設立に尽力した。(出典 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

雛太夫は文楽界に多大な功績を残し、1988年に人間国宝に認定された。2014年に亡くなったが、その遺志は弟子たちによって受け継がれている。(出典 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

竹本雛太夫は、文楽界の最高峰として活躍し、文楽の普及と継承に多大な功績を残した偉大な人間国宝であった。

大阪が生んだ偉大な芸能人 – 竹本雛太夫

大阪が生んだ偉大な芸能人 - 竹本雛太夫

大阪が生んだ偉大な芸能人 – 竹本雛太夫

竹本雛太夫(5代)は、1941年に大阪市に生まれた文楽太夫です。人間国宝であり、日本芸術院会員でもあります。

父は初代竹本雛太夫、母も竹本駒若という文楽一家に生まれ、幼い頃から舞台に立ちました。1958年に5代目竹本雛太夫を襲名し、1980年に人間国宝に認定されました。

竹本雛太夫は、太く力強い声と豊かな表現力で知られています。また、古典芸能の枠にとらわれず、新しい表現にも積極的に挑戦しています。

1995年には、ロックバンド「ハイ・ファイ・セット」の曲に太夫として参加し、話題となりました。また、2008年には、NHK大河ドラマ「篤姫」で、主人公の夫である島津斉彬を演じ、俳優としても活躍しました。

竹本雛太夫は、その功績が認められ、2013年に日本芸術院会員に選出されました。また、2018年には文化功労者に選ばれました。

竹本雛太夫は、大阪が生んだ偉大な芸能人であり、日本の伝統芸能を支える第一人者です。その功績は、これからも語り継がれていくでしょう。

タイトルとURLをコピーしました