岸田烏暁-江戸時代中期の長唄唄方

岸田烏暁-江戸時代中期の長唄唄方

岸田烏暁とは

岸田烏暁とは

-岸田烏暁とは-

岸田烏暁は江戸時代中期の長唄唄方である。河東節の河東次郎兵衛に師事して長唄を学び、江戸で活躍した。1741年に長唄の曲「八重山節」を作曲したことで、広く知られるようになった。岸田烏暁は、長唄の新たな曲調や技法を開発し、長唄の発展に大きな貢献をした。また、岸田烏暁は、長唄の演奏方法や稽古方法についても研究を行い、多くの門弟を育てた。岸田烏暁の門弟には、杵屋六三郎、杵屋佐八郎、杵屋七三郎などがおり、彼らは皆、長唄の名人として活躍した。

岸田烏暁は、1769年に江戸で没した。享年59歳。岸田烏暁は、長唄の発展に大きな功績を残した名人で、現在でもその作品は多くの人々に愛されている。

岸田烏暁の生涯

岸田烏暁の生涯

岸田烏暁の生涯

岸田烏暁は、江戸時代中期の長唄唄方で、中村座付きとして活躍した。1710年(宝永7年)、大坂に生まれる。本名は岸田芳松。

1735年(享保20年)、中村座座元・中村勘三郎に認められ、中村座付きの唄方となる。烏暁という芸名は、勘三郎から授かったものである。

1740年(元文5年)、初世杵屋六左衛門と組んで「三味線操三番叟」を上演し、大ヒットを飛ばす。これにより、烏暁は長唄唄方として一躍名を馳せることとなる。

1750年(寛延3年)、中村座が火災で焼失。烏暁は一時、京都に移住する。

1753年(宝暦3年)、中村座が再建され、烏暁も中村座に復帰する。

1763年(宝暦13年)、中村座の座元・中村勘三郎が死去。烏暁は中村座を退き、浪曲師として活動する。

1776年(安永5年)、死去。享年67歳。

烏暁は、長唄唄方として数多くの名作を残した。代表作には、「三味線操三番叟」「傾城買三味線」「時雨西行」などがある。

烏暁は、その優れた歌唱力と表現力で、江戸時代中期の長唄界を牽引した。烏暁の死は、長唄界に大きな損失を与えた。

岸田烏暁の芸風と特徴

岸田烏暁の芸風と特徴

岸田烏暁の芸風と特徴

岸田烏暁は、江戸時代中期の長唄唄方であり、三世杵屋六左衛門の弟である。

烏暁は、幼い頃から長唄を習い始め、18歳で初舞台を踏んだ。

その後、江戸の各劇場で活躍し、やがて長唄界を代表する唄方の一人となった。

烏暁の芸風は、力強く勇壮な節回しを特徴とする。

また、歌詞を丁寧に発音し、情感を込めて歌うことも特徴である。

烏暁は、長唄の古典の名曲の数々を後世に伝えた功績も大きい。

特に、義太夫浄瑠璃を長唄に取り入れた「都尽し」は、烏暁の代表作の一つとして知られている。

烏暁は、1778年に亡くなったが、その芸風は現在でも多くの唄方に受け継がれている。

タイトルとURLをコピーしました