田谷力三-テノール歌手の軌跡

田谷力三-テノール歌手の軌跡

三越呉服店の少年音楽隊と浅草オペラ

三越呉服店の少年音楽隊と浅草オペラ

-三越呉服店の少年音楽隊と浅草オペラ-

田谷力三は、1905年、東京の浅草に生まれた。父親は三越呉服店の音楽部の責任者であり、幼い頃から音楽に囲まれて育った。

田谷は、8歳の時に三越呉服店の少年音楽隊に入隊した。少年音楽隊は、三越呉服店の宣伝のために結成されたもので、全国各地を巡って演奏活動をしていた。田谷は、少年音楽隊でトランペットを担当し、全国各地を巡った。

1923年、関東大震災が発生した。田谷は、この震災で家族と離れ離れになってしまった。震災後、田谷は浅草のオペラ一座に加わり、オペラ歌手としての活動を始めた。

田谷は、オペラ歌手として活躍し、1930年にはイタリアに留学した。留学中、田谷はミラノのスカラ座でデビューし、ヨーロッパ各地でオペラを歌った。

1937年、田谷は日本に帰国し、日本オペラ協会を結成した。日本オペラ協会は、日本のオペラ界の発展に貢献し、田谷は日本のオペラ界の第一人者として活躍した。

田谷は、1988年に亡くなった。田谷は、日本のオペラ界の発展に貢献した功績で、1989年に文化勲章を授与された。

田谷力三は、日本のオペラ界の第一人者として活躍したテノール歌手である。田谷は、8歳の時に三越呉服店の少年音楽隊に入隊し、全国各地を巡って演奏活動をした。関東大震災後、田谷は浅草のオペラ一座に加わり、オペラ歌手としての活動を始めた。1930年にはイタリアに留学し、ミラノのスカラ座でデビューし、ヨーロッパ各地でオペラを歌った。1937年、田谷は日本に帰国し、日本オペラ協会を結成した。田谷は、1988年に亡くなったが、その功績は今も語り継がれている。

大正6年ローシー主宰の赤坂ローヤル館の歌劇団に入団

大正6年ローシー主宰の赤坂ローヤル館の歌劇団に入団

大正6年ローシー主宰の赤坂ローヤル館の歌劇団に入団

田谷力三は、1917年(大正6年)にローシー主宰の赤坂ローヤル館の歌劇団に入団しました。

この歌劇団は、1910年(明治43年)にローシーが設立したもので、日本では初めてのオペラ専門の劇団でした。ローシーは、イタリアのオペラ歌手であり、日本にオペラを紹介するために来日した人物です。

ローヤル館の歌劇団は、東京赤坂のローヤル館という劇場を拠点として活動していました。この劇場は、1911年(明治44年)にローシーが設立したもので、日本の最初のオペラハウスでした。

田谷力三は、ローヤル館の歌劇団に入団してから、多くのオペラに出演しました。彼は、ヴェルディの「アイーダ」のラダメス役、プッチーニの「トスカ」のカヴァラドッシ役、ビゼーの「カルメン」のドン・ホセ役などを演じました。

田谷力三は、ローヤル館の歌劇団で活躍したことで、日本のオペラ界の発展に貢献しました。彼は、日本のオペラ歌手として初めて海外公演を行い、日本のオペラを世界に紹介しました。

田谷力三は、1959年(昭和34年)に亡くなりましたが、彼の功績は今もなお語り継がれています。

昭和63年3月30日に死去

昭和63年3月30日に死去

-昭和63年3月30日に死去-

1988年3月30日、昭和63年に田谷力三が脳出血のため死去した。享年67歳だった。田谷は、日本のテノール歌手として初めて、海外の著名なオペラハウスで歌った人物であり、日本のオペラ界に多大な功績を残した。

田谷は、1921年2月16日に東京市牛込区(現・東京都新宿区)に生まれた。幼い頃から音楽が好きで、高校時代にはオペラに興味を持つようになった。その後、東京音楽学校(現・東京藝術大学)に進学し、声楽を専攻した。

大学卒業後は、藤原歌劇団に入団し、数々のオペラに出演した。1953年には、イタリアのミラノ・スカラ座に招かれ、プッチーニの「蝶々夫人」に出演した。これは、日本人のテノール歌手として初めてスカラ座に出演した快挙であった。

その後、田谷は、世界各地のオペラハウスで活躍した。1962年には、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場に招かれ、ヴェルディの「アイーダ」に出演した。また、1966年には、ロンドンのコヴェント・ガーデン歌劇場に招かれ、プッチーニの「トスカ」に出演した。

田谷は、その優れた歌唱力と演技力で、世界中のオペラファンに愛された。また、日本におけるオペラ普及にも尽力し、多くの若手オペラ歌手を育成した。

田谷の死は、日本のオペラ界に大きな喪失感をもたらした。しかし、田谷が残した功績は、今もなお日本のオペラ界に受け継がれている。

タイトルとURLをコピーしました