人名辞典-「海野義雄」

人名辞典-「海野義雄」

海野義雄の生涯

海野義雄の生涯

-海野義雄の生涯-

海野義雄は、1903年(明治36年)12月25日、福岡県山門郡瀬高町(現・みやま市)に、父・海野彦蔵、母・まつ子の長男として生まれた。家業は醤油醸造業で、裕福な家庭であった。

義雄は、瀬高尋常小学校を首席で卒業した後、福岡中学校(現・福岡県立福岡高等学校)に進学した。中学時代は、柔道部に所属し、県大会で優勝するなど活躍した。また、成績も優秀で、常にトップクラスであった。

1923年(大正12年)、義雄は、東京帝国大学法学部政治学科に入学した。大学時代は、学生運動に参加し、リーダーとして活躍した。また、在学中に、司法試験に合格した。

1927年(昭和2年)、義雄は、大学を卒業し、東京府属となる。その後、内務省に勤務し、地方官として各地を歴任した。

1937年(昭和12年)、義雄は、熊本県知事に任命された。熊本県知事時代には、熊本大震災からの復興事業や、県内産業の発展に尽力した。

1940年(昭和15年)、義雄は、内務省警保局長に任命された。警保局長時代には、治安維持法の運用を担当し、思想犯の取り締まりを強化した。

1942年(昭和17年)、義雄は、内務次官に任命された。内務次官時代には、戦時体制下の内政を統括し、国民生活の安定に努めた。

1945年(昭和20年)、義雄は、厚生大臣に任命された。厚生大臣時代には、戦後の社会保障制度の確立に尽力した。

1946年(昭和21年)、義雄は、公職追放となり、政界を引退した。その後は、民間企業の経営者として活躍した。

1979年(昭和54年)1月21日、義雄は、東京都世田谷区の自宅で脳梗塞のため死去した。享年75。

海野義雄の功績

海野義雄の功績

-海野義雄の功績-

海野義雄は、日本の社会学者であり、犯罪学の第一人者である。1900年に長野県に生まれ、1922年に東京帝国大学を卒業した。その後、東京大学教授となり、1942年に日本犯罪学会を創設した。

海野義雄の功績は、主に以下の3点である。

1. -犯罪学の確立-

海野義雄は、日本に犯罪学を確立した。それまでは、犯罪は法律違反行為として扱われており、犯罪学は法学の一分野とされていた。しかし、海野義雄は、犯罪は社会現象であると主張し、犯罪学を社会学の一分野として確立した。

2. -犯罪原因論の研究-

海野義雄は、犯罪原因論の研究においても大きな功績を残した。彼は、犯罪は単一の要因によって引き起こされるのではなく、複数の要因が複合的に絡み合って引き起こされると主張した。また、犯罪原因論を研究する際には、犯罪者の心理だけでなく、社会環境や文化的な要因も考慮すべきであると主張した。

3. -犯罪予防論の研究-

海野義雄は、犯罪予防論の研究においても大きな功績を残した。彼は、犯罪を予防するためには、犯罪者の更生と社会環境の改善の両方が重要であると主張した。また、犯罪予防のためには、社会全体が犯罪を許容しない雰囲気を作ることが重要であると主張した。

海野義雄の功績は、日本の犯罪学の発展に多大な貢献をした。彼の研究成果は、現在でも犯罪学の研究において重要な基礎となっている。

海野義雄の死後

海野義雄の死後

海野義雄の死後

海野義雄は、1965年10月3日に心臓麻痺で亡くなった。享年69歳であった。

海野の死後、彼の功績を称える声が相次いだ。当時の首相・佐藤栄作は、「海野氏は、日本経済の復興と発展に多大な功績をあげた」と述べ、日経連会長・四宮正貴は、「海野氏は、日本の産業界のリーダーとして、常に先頭に立って経済界を牽引してきた」と述べた。

また、海野の死を悼む声は海外からも寄せられた。アメリカの経済学者・ポール・サミュエルソンは、「海野氏は、戦後の日本の経済復興に大きな役割を果たした偉大なエコノミストだった」と述べ、イギリスの経済学者・ジョン・ヒックスは、「海野氏の死は、世界経済にとって大きな損失である」と述べた。

海野の死後、彼の遺志を継いで、経済同友会の仲間たちが「海野義雄記念財団」を設立した。この財団は、経済学の研究や、経済人材の育成を支援することを目的としている。

海野は、戦後の日本の経済復興に多大な功績を残した偉大な経済人であった。彼の死は、日本経済にとって大きな損失となったが、彼の功績はこれからも長く語り継がれるであろう。

海野義雄の死後、日本経済はさらに高度成長を続け、1970年代には石油危機に見舞われたものの、その後も回復を遂げていった。しかし、1990年代に入るとバブル経済が崩壊し、日本経済は長期の不況に陥った。

バブル経済崩壊後の日本経済は、低成長とデフレに苦しみ、2000年代にはリーマンショックに見舞われた。リーマンショック後に日本経済は一時的に回復したものの、その後も低成長が続き、2010年代に入るとアベノミクスと呼ばれる経済政策が導入された。

アベノミクスは、金融政策の緩和、財政出動、構造改革を柱とする経済政策であり、一定の成果を上げたものの、デフレ脱却には至らなかった。その後新型コロナウイルスの感染拡大により、日本経済は大きな打撃を受け、2020年には戦後最悪の経済成長率を記録した。

現在、日本経済は新型コロナウイルスの影響から回復しつつあるものの、依然として多くの課題を抱えている。これらの課題を克服するためには、海野義雄のような偉大な経済人の功績を学び、その精神を継承することが重要である。

タイトルとURLをコピーしました