岸洋子(1935-1992) singer

岸洋子(1935-1992) singer

幼少期と東京芸大時代

幼少期と東京芸大時代

-幼少期と東京芸大時代-

岸洋子は、1935年1月11日、東京に生まれた。本名は岸洋子。実父の岸道治氏は、中国通として知られた医師で、ドイツ留学経験があり、1945年、中国の山西省で開院した病院で戦後は医師。中国国民政府主席、蔣介石の晩年の主治医を務めたことで有名である。母親は学習院高等科出身で、裕福な家庭で育った。

幼い頃から歌が大好きで、小学校4年生の時、音楽の授業で「故郷」を歌った時に、その才能を見出され、声楽を習い始める。東京藝術大学音楽学部声楽科に入学し、在学中には、二期会のオペラ公演に出演するなど、早くからその才能を発揮した。

東京藝術大学卒業後は、二期会に入団し、オペラ歌手として活躍する。1957年、二期会の公演で「ラ・ボエーム」のミミ役を演じ、その歌声は絶賛された。1958年、イタリアに留学し、ミラノのスカラ座で研修を積む。帰国後は、二期会に戻り、オペラ歌手としてさらに活躍する。

1963年、東宝レコードから「愛のおとずれ」で歌手デビューを果たす。この曲は、大ヒットとなり、岸洋子は一躍、スター歌手となった。その後も、「空に星があるように」、「幸せなら手をたたこう」などのヒット曲を連発し、国民的人気を獲得する。

岸洋子は、その美貌と歌声で多くの人々を魅了した。また、その飾らない人柄も人気を集め、国民的歌手として親しまれた。1992年、57歳の若さで亡くなったが、その歌声は今も多くの人々に愛され続けている。

NHKのオーディション合格と歌手デビュー

NHKのオーディション合格と歌手デビュー

-岸洋子(1935-1992) singer-

-NHKのオーディション合格と歌手デビュー-

昭和10年(1935年)2月25日、大阪府大阪市阿倍野区に生まれる。

昭和34年(1959年)、24歳の時に「全日本歌謡祭」の関西大会で優勝し、NHKのオーディションに合格。

昭和35年(1960年)にNHKの『歌の広場』に初出演し、歌手デビューを果たした。

昭和36年(1961年)に「恋をするなら」でレコードデビュー。

昭和37年(1962年)に「命かれても」がヒットし、紅白歌合戦に初出場を果たした。

昭和38年(1963年)に「誰もいない海」がヒットし、大ブレークを果たした。

昭和39年(1964年)に「夕陽が泣いている」がヒットし、再び紅白歌合戦に出場した。

昭和40年(1965年)に「ビルの上の二人」がヒットし、3度目の紅白歌合戦出場を果たした。

昭和41年(1966年)に「北国の女」がヒットし、4度目の紅白歌合戦出場を果たした。

昭和42年(1967年)に「夜ごとの嘘」がヒットし、5度目の紅白歌合戦出場を果たした。

昭和43年(1968年)に「おひまなら来てね」がヒットし、6度目の紅白歌合戦出場を果たした。

昭和44年(1969年)に「ボヘミアン」がヒットし、7度目の紅白歌合戦出場を果たした。

昭和45年(1970年)に「夜が明けて」がヒットし、8度目の紅白歌合戦出場を果たした。

昭和46年(1971年)に「白い蕾」がヒットし、9度目の紅白歌合戦出場を果たした。

昭和47年(1972年)に「涙の谷間に」がヒットし、10度目の紅白歌合戦出場を果たした。

昭和48年(1973年)に「ひとりぼっちの部屋」がヒットし、11度目の紅白歌合戦出場を果たした。

昭和49年(1974年)に「花はどこへ行った」がヒットし、12度目の紅白歌合戦出場を果たした。

昭和50年(1975年)に「これが精いっぱい」がヒットし、13度目の紅白歌合戦出場を果たした。

昭和51年(1976年)に「愛して愛して愛しちゃったのよ」がヒットし、14度目の紅白歌合戦出場を果たした。

昭和52年(1977年)に「夢追い人」がヒットし、15度目の紅白歌合戦出場を果たした。

昭和53年(1978年)に「あばれ太鼓」がヒットし、16度目の紅白歌合戦出場を果たした。

昭和54年(1979年)に「あばれ太鼓」がヒットし、17度目の紅白歌合戦出場を果たした。

昭和55年(1980年)に「恋する女たち」がヒットし、18度目の紅白歌合戦出場を果たした。

昭和56年(1981年)に「命かれても」がヒットし、19度目の紅白歌合戦出場を果たした。

昭和57年(1982年)に「大阪しぐれ」がヒットし、20度目の紅白歌合戦出場を果たした。

昭和58年(1983年)に「男の火祭り」がヒットし、21度目の紅白歌合戦出場を果たした。

昭和59年(1984年)に「海峡」がヒットし、22度目の紅白歌合戦出場を果たした。

昭和60年(1985年)に「居酒屋」がヒットし、23度目の紅白歌合戦出場を果たした。

昭和61年(1986年)に「ひと雨の港町」がヒットし、24度目の紅白歌合戦出場を果たした。

昭和62年(1987年)に「虹と雪のバラード」がヒットし、25度目の紅白歌合戦出場を果たした。

昭和63年(1988年)に「もしかしたら」がヒットし、26度目の紅白歌合戦出場を果たした。

昭和64年(1989年)に「火の鳥」がヒットし、27度目の紅白歌合戦出場を果たした。

昭和65年(1990年)に「男の火祭り」がヒットし、28度目の紅白歌合戦出場を果たした。

昭和66年(1991年)に「北国の女」がヒットし、29度目の紅白歌合戦出場を果たした。

昭和67年(1992年)に「大阪しぐれ」がヒットし、30度目の紅白歌合戦出場を果たした。

平成4年(1992年)9月19日に肝臓癌のため死去。享年57歳。

病気との闘いと晩年

病気との闘いと晩年

-病気との闘いと晩年-

岸洋子は1935年7月24日、福岡県小倉市で生まれました。1952年に「恋のオロロン鳥」でデビューし、瞬く間にスターとなりました。その後も「ビルボードの灯かげで」「ブルー・ムーン」「希望」など数々のヒット曲をリリースしました。

しかし、1974年に子宮頸がんと診断され、闘病生活が始まりました。1982年に一度はがんを克服しましたが、1985年に再発。以降は入退院を繰り返しながら、歌手活動を続けました。

1990年に肺がんと診断され、1992年3月14日に死去しました。享年56歳でした。

岸洋子は、病気と闘いながらも最後まで歌い続けた歌手でした。その生き様は多くの人々に感動を与え、現在でも愛され続けています。

岸洋子の晩年は、まさに「病魔との戦い」でした。彼女は1974年に子宮頸がんと診断され、1982年に一度はがんを克服しましたが、1985年に再発。以降は入退院を繰り返しながら、歌手活動を続けました。

1990年に肺がんと診断され、1992年3月14日に死去しました。享年56歳でした。

岸洋子は、闘病中も決して希望を捨てることはありませんでした。彼女は何度もステージに立ち、歌を歌い続けました。その姿は、多くの人々に感動を与え、彼女を支えました。

岸洋子は、まさに「不屈の闘士」でした。彼女は最後まで病魔と戦い続け、その生き様は多くの人々に感動を与えました。彼女の歌は、今もなお多くの人々に愛され、歌い継がれています。

タイトルとURLをコピーしました