富本大和太夫(初代):浄瑠璃太夫の祖

富本大和太夫(初代):浄瑠璃太夫の祖

初代富本豊前太夫の弟子

初代富本豊前太夫の弟子

-初代富本豊前太夫の弟子-

初代富本大和太夫は、江戸時代前期に活躍した浄瑠璃太夫です。彼は、初代豊前太夫に師事し、その芸を継承しました。大和太夫は、浄瑠璃の語り口に抑揚をつけ、感情のこもった語り口を確立しました。また、彼は浄瑠璃の伴奏に使用する三味線の調子を工夫し、浄瑠璃の表現力を高めました。大和太夫の活躍により、浄瑠璃は庶民の間で人気を博し、歌舞伎などの演劇にも取り入れられるようになりました。

大和太夫は多くの弟子を育て、浄瑠璃の発展に貢献しました。その中でも、特に有名なのが以下の3人です。

* -初代京屋勘太夫- 大和太夫の最も優秀な弟子の一人。大和太夫の芸風を継承し、江戸浄瑠璃の中興の祖と称される。
* -初代常磐津文字太夫- 大和太夫の弟子で、常磐津節の祖。常磐津節は、義太夫節よりも軽快で優美な曲調が特徴。
* -初代薩摩浄雲- 大和太夫の弟子で、薩摩浄雲節の祖。薩摩浄雲節は、義太夫節よりも素朴で力強い曲調が特徴。

大和太夫の弟子たちは、それぞれ独自の浄瑠璃節を創始し、浄瑠璃の発展に貢献しました。大和太夫の芸風は、江戸時代後期に活躍した二代目豊前太夫に受け継がれ、江戸浄瑠璃の全盛期を築きました。

中村座で師のワキをつとめる

中村座で師のワキをつとめる

-中村座で師のワキをつとめる-

富本大和太夫は1646年、大阪で中村座に所属する浄瑠璃太夫・富本豊賀大夫の息子として生まれました。

大和太夫は幼い頃から浄瑠璃に興味を持ち、父の元で浄瑠璃を学びました。11歳のときには、中村座で師匠である父のワキをつとめるほどの実力を見せていました。

大和太夫は1663年に師匠である父が亡くなった後、家業である浄瑠璃太夫を継ぎました。その後、大和太夫は江戸に上り、中村座で浄瑠璃を披露しました。

江戸で活躍するようになった大和太夫は、人気を集めていました。1669年には、江戸の芝居小屋・森田座で上演された人形浄瑠璃「近松門左衛門作「曽根崎心中」」の浄瑠璃を担当。この人形浄瑠璃は「曽根崎心中」は大ヒットとなり、大和太夫の名はさらに広まりました。

大和太夫はその後も、江戸で活躍を続けました。1673年には、江戸の芝居小屋・中村座で上演された人形浄瑠璃「近松門左衛門作「国性爺合戦」」の浄瑠璃を担当。この人形浄瑠璃も「国姓爺合戦」はヒットし、大和太夫はますます人気を集めました。

大和太夫は浄瑠璃太夫として活躍する傍ら、浄瑠璃の台本も執筆しました。大和太夫が執筆した浄瑠璃の台本は、人気を集め、多くの浄瑠璃太夫が演じました。

大和太夫は1704年に亡くなりましたが、その死後も浄瑠璃太夫として活躍した弟子を残しました。大和太夫の弟子たちは、大和太夫の浄瑠璃の芸を受け継ぎ、江戸で活躍を続けました。

安永8年以降の活動は不明

安永8年以降の活動は不明

安永8年以降の活動は不明

富本大和太夫(初代)の安永8年以降の活動は不明である。一説には、安永8年に没したとも、寛政3年に没したともいわれているが、確かなことはわかっていない。また、安永8年以降も活躍を続けていたが、記録が残されていないだけで、実際にはもっと長く活動していた可能性もある。

富本大和太夫(初代)の没年については、諸説ある。最も有力な説は、安永8年に没したという説である。この説は、富本大和太夫(初代)の弟子である豊後少掾が、安永8年に師匠の死を悼んで「大和太夫追善の会」を開催したという記録が残っていることによる。

しかし、安永8年に没したという説には、疑問を呈する声もある。その理由は、富本大和太夫(初代)が、安永8年以降も活躍を続けていたという記録が残っているからである。例えば、寛政2年に、富本大和太夫(初代)が、江戸で浄瑠璃の公演を行ったという記録が残っている。

また、富本大和太夫(初代)の墓所が、京都の妙心寺にあるという説もある。この説は、妙心寺に、富本大和太夫(初代)の墓所があるという記録が残っていることによる。しかし、この墓所の有無については、諸説ある。

富本大和太夫(初代)の死は、浄瑠璃界に大きな衝撃を与えた。富本大和太夫(初代)は、浄瑠璃太夫の祖とも呼ばれる人物であり、その死は、浄瑠璃界の大きな損失となった。富本大和太夫(初代)の死後、浄瑠璃界は、大きく衰退していくことになる。

タイトルとURLをコピーしました