安倍季尚 – 江戸時代前期の雅楽家

安倍季尚 – 江戸時代前期の雅楽家

江戸時代前期の雅楽家

江戸時代前期の雅楽家

-江戸時代前期の雅楽家-

安倍季尚(あべ すえなお)は、江戸時代前期の雅楽家で、薩摩守を称した。古今和琴の祖とされる人物であり、また、『倭琴新譜』(倭琴新書との表記も)の著者である。

季尚は、薩摩藩士の子として生まれた。幼い頃から音楽の才能を発揮し、17歳で薩摩藩の楽師となった。その後、上京して宮内庁の楽師となり、雅楽を学んだ。季尚は、雅楽の研究に熱心で、多くの古譜を収集して研究した。また、雅楽の演奏法を改良して、より美しい音色を奏でることに成功した。

季尚は、雅楽の普及にも努めた。1633年(寛永10年)には、薩摩藩に帰郷して、藩士や庶民に雅楽を指導した。また、1649年(慶安2年)には、京都で『倭琴新譜』を出版した。『倭琴新譜』は、古今和琴の演奏法を解説した書物であり、雅楽を学ぶ人々に広く利用された。

季尚は、1662年(寛文2年)に死去した。しかし、季尚の功績は雅楽界に長く残り、現代でも彼の音楽理論は高く評価されている。
季尚は、雅楽界に多大な貢献をした人物であり、古今和琴の祖としてその名は歴史に刻まれている。

雅楽の全般にわたる大著『楽家録』を著した

雅楽の全般にわたる大著『楽家録』を著した

-雅楽の全般にわたる大著『楽家録』を著した-

安倍季尚(1595~1659)は、江戸時代前期の雅楽家で、音楽理論家でもありました。幼名は重麿(しげまろ)、通称は宮内(くない)。

季尚は、京都で雅楽の家に生まれました。父は安倍季通(すえみち)、母は霊元天皇の乳母であった山田氏の娘です。季尚は幼い頃から雅楽を学び、15歳で御所に出仕しました。23歳のときには、雅楽の最高位である「右近衛権少将」に任じられました。

季尚は、雅楽の全般に通じ、特に雅楽の理論に優れていました。1636年(寛永13年)には、雅楽の全般にわたる大著『楽家録』を著しました。この書物は、雅楽の歴史、楽器、演奏法、楽譜などについて詳しく解説したもので、雅楽を学ぶ者にとって必携の書物となりました。

『楽家録』は、雅楽の全般にわたる包括的な著作です。雅楽の歴史、楽器、演奏法、楽譜など、あらゆる側面を網羅しています。また、季尚自身の音楽観や演奏技術についても記されています。『楽家録』は、雅楽を学ぶ者にとって必携の書物であり、雅楽の歴史や文化を研究する上でも貴重な資料となっています。

季尚は、1659年(万治2年)に65歳で亡くなりました。雅楽の理論や演奏技術に優れ、雅楽の発展に貢献した功績は大きく、後世の人々から尊敬されています。

篳篥を専門とし、楽曲の来歴や楽器の構造・製法・演奏法などについて研究した

篳篥を専門とし、楽曲の来歴や楽器の構造・製法・演奏法などについて研究した

-篳篥を専門とし、楽曲の来歴や楽器の構造・製法・演奏法などについて研究した-

安倍季尚は篳篥を専門とする雅楽家で、楽曲の来歴や楽器の構造、製法、演奏法などについて研究した。彼は篳篥の第一人者として知られ、多くの弟子を育て上げた。

季尚は1641年に京都に生まれ、舞楽の宗家である安倍家に生まれた。父は雅楽家の安倍季頼であり、季尚も幼い頃から雅楽を学んだ。1661年に父が亡くなり、家督を継いで安倍家の当主となった。

季尚は雅楽の演奏のみならず、楽曲の来歴や楽器の構造、製法、演奏法などについても研究した。彼はそれまでの雅楽の知識をまとめた『雅楽大成』を著し、雅楽の普及に努めた。また、篳篥の演奏法を改良し、より美しい音色を出す方法を確立した。季尚の研究は雅楽の発展に大きく貢献し、彼の名は現代まで語り継がれている。

季尚は1711年に71歳で亡くなった。彼の死後、弟子たちが彼の研究を引き継ぎ、雅楽の普及と発展に努めた。季尚の研究は現代の雅楽にも大きな影響を与えており、彼の功績は高く評価されている。

タイトルとURLをコピーしました