安倍季厳 – 雅楽の世界に尽力した名匠

安倍季厳 – 雅楽の世界に尽力した名匠

明治から昭和にかけて活躍した雅楽家

明治から昭和にかけて活躍した雅楽家

明治から昭和にかけて活躍した雅楽家

安倍季厳は、明治から昭和にかけて活躍した雅楽家です。雅楽の世界に尽力し、その発展に大きく貢献しました。

安倍季厳は、1898年(明治31年)に東京に生まれました。幼い頃から雅楽に親しみ、15歳の時に雅楽の師匠である安倍晴明の門下に入門しました。安倍晴明は、江戸時代から続く名門雅楽家で、安倍季厳はそこで雅楽の基礎を学びました。

20歳の時には、雅楽の演奏家としてデビューし、その後、各地で演奏活動を行いました。また、雅楽の研究にも励み、多くの論文を発表しました。1935年(昭和10年)には、東京音楽学校(現在の東京芸術大学)の教授に就任し、雅楽の教育にも尽力しました。

安倍季厳は、1978年(昭和53年)に亡くなりましたが、その功績は現在でも語り継がれています。雅楽の世界に多大な貢献をした安倍季厳は、名匠と呼ばれるにふさわしい雅楽家でした。

安倍季厳の雅楽に対する情熱は、彼の演奏に表れていました。安倍季厳の演奏は、情熱的で力強く、聴衆を魅了しました。また、安倍季厳は雅楽の研究にも熱心で、多くの論文を発表しました。安倍季厳の研究は、雅楽の歴史や理論を明らかにし、雅楽の発展に大きく貢献しました。

安倍季厳は、雅楽の世界に多大な貢献をした名匠でした。安倍季厳の情熱的な演奏と研究は、雅楽の発展に大きく貢献し、安倍季厳は現在でも多くの雅楽家から尊敬されています。

篳篥の名手で右舞の復活に貢献

篳篥の名手で右舞の復活に貢献

– 篳篥の名手で右舞の復活に貢献

安倍季厳は、雅楽の世界で活躍した名匠であり、特に篳篥の名手として知られています。また、右舞の復活にも貢献しました。

季厳は、明治21年(1888年)に京都で生まれました。幼い頃から雅楽を学び、16歳のときに篳篥奏者として宮内省雅楽部に入部しました。その後、雅楽の研鑽を続け、大正11年(1922年)には篳篥奏者の最高位である「篳篥方頭取」に就任しました。

季厳は、篳篥の名手として知られていました。その演奏は、音色が澄んでいて美しく、かつ、力強くて迫力がありました。また、右舞の復活にも貢献しました。右舞は、雅楽の舞楽のひとつですが、明治維新後に衰退してしまいました。季厳は、右舞の復興を目指して、右舞の伝承者である人々を訪ねて教えを受け、右舞を復活させました。

季厳は、昭和35年(1960年)に亡くなりましたが、その功績は今もなお雅楽の世界で語り継がれています。

季厳の雅楽への貢献は、大きく2つあります。1つは、篳篥の名手として、その演奏で人々を魅了したこと。もう1つは、右舞の復活に尽くしたこと。右舞は、雅楽の舞楽のひとつですが、明治維新後に衰退してしまいました。季厳は、右舞の復興を目指して、右舞の伝承者である人々を訪ねて教えを受け、右舞を復活させました。

季厳の功績は、雅楽の世界で今もなお語り継がれています。

芸術院賞を受賞した功績

芸術院賞を受賞した功績

芸術院賞を受賞した功績

安倍季厳は、1950年に芸術院賞を受賞しました。これは、芸術分野で優れた業績を上げた者に贈られる栄誉ある賞であり、安倍季厳の雅楽界への貢献が高く評価されたことを意味しています。

安倍季厳は、雅楽の演奏家としてだけでなく、作曲家、指導者としても活躍しました。彼は、雅楽の伝統を継承しつつ、新しい曲も作曲して雅楽の世界に新しい息吹を吹き込みました。また、後進の指導にも熱心に取り組み、多くの弟子を育てました。

安倍季厳の芸術院賞受賞は、雅楽界にとって大きな喜びとなりました。この受賞は、安倍季厳の雅楽への功績を称えるだけでなく、雅楽そのものの価値を世に知らしめることにもつながりました。

安倍季厳は、雅楽の世界に尽力した名匠であり、彼の作品は今も多くの人に愛されています。芸術院賞受賞の栄誉は、安倍季厳の功績を称えるにふさわしいものです。

タイトルとURLをコピーしました