杵屋勘五郎(5代) – 明治-大正時代の長唄三味線方

杵屋勘五郎(5代) – 明治-大正時代の長唄三味線方

杵屋勘五郎(5代)の生涯と功績

杵屋勘五郎(5代)の生涯と功績

-杵屋勘五郎(5代)の生涯と功績-

杵屋勘五郎(5代)は、明治-大正時代に活躍した長唄三味線方の名手です。本名は高橋与市といい、1863年10月27日に東京府日本橋区に生まれました。幼い頃から三味線を始め、1877年に杵屋六左衛門(2代)に入門しました。1889年に名取となり、杵屋勘五郎を襲名しました。

勘五郎は、師匠である六左衛門(2代)の薫陶を受け、長唄三味線の技を磨きました。また、当時の人気三味線奏者である杵屋正次郎(3代)や杵屋巳之助(3代)らとも交流があり、彼らから多くのことを学んだと言われています。

勘五郎は、長唄三味線の演奏で高い評価を得て、明治-大正時代を代表する名手として活躍しました。特に、1914年に開催された大正博覧会では、長唄三味線の演奏を披露し、その技量を高く評価されました。

勘五郎は、長唄三味線の演奏だけでなく、後進の育成にも尽力しました。1919年に杵屋勘五郎三味線研究所を設立し、長唄三味線の指導を行いました。また、多くの名演奏家を育て、長唄三味線の発展に貢献しました。

勘五郎は、1939年12月20日に東京府日本橋区で亡くなりました。享年76歳でした。勘五郎の死は、長唄三味線界に大きな衝撃を与え、彼の死を悼む声が数多く寄せられました。

勘五郎は、長唄三味線の発展に多大な貢献をした名手であり、その功績は今もなお語り継がれています。

杵屋勘五郎(5代)の代表作

杵屋勘五郎(5代)の代表作

-杵屋勘五郎(5代)の代表作-

杵屋勘五郎(5代)は、明治-大正時代の長唄三味線方の名手として知られています。その代表作には、次のようなものがあります。

* -「越後獅子」-

杵屋勘五郎(5代)の代表作のひとつである「越後獅子」は、越後地方の民謡である「越後獅子」をモチーフにした長唄です。勘五郎(5代)は、この曲で越後獅子の勇壮で力強いリズムを見事に表現し、聴衆を魅了しました。

* -「京鹿子娘道成寺」-

「京鹿子娘道成寺」は、安珍と清姫の悲恋を描いた歌舞伎の演目です。勘五郎(5代)は、この曲で清姫の嫉妬と怨念を三味線で巧みに表現し、聴衆に強烈な印象を与えました。

* -「勧進帳」-

「勧進帳」は、源頼朝に追われる義経一行が、安宅関を突破する物語を描いた歌舞伎の演目です。勘五郎(5代)は、この曲で義経一行の緊張感と緊迫感を三味線で表現し、聴衆を物語の世界に引き込みました。

杵屋勘五郎(5代)の代表作は、いずれも長唄の古典的名作であり、現在でも多くの三味線奏者によって演奏されています。彼の三味線は、その卓越した技巧と豊かな表現力で、聴衆に感動を与え続けています。

杵屋勘五郎(5代)と歌舞伎長唄

杵屋勘五郎(5代)と歌舞伎長唄

– 杵屋勘五郎(5代)と歌舞伎長唄

杵屋勘五郎(5代)は、明治-大正時代の長唄三味線方であり、歌舞伎長唄の分野で活躍しました。

勘五郎は、1874年(明治7年)に東京で生まれました。幼い頃から音楽に親しみ、10歳の時に長唄三味線を始めました。1890年(明治23年)に杵屋勘五郎(4代)に入門し、1895年(明治28年)に勘五郎(5代)を襲名しました。

勘五郎は、歌舞伎長唄の演奏において、優れた技量と豊かな表現力を発揮しました。1903年(明治36年)には、歌舞伎座の専属三味線方となり、1911年(明治44年)には、東京音楽学校(現・東京藝術大学)の講師に就任しました。

勘五郎は、歌舞伎長唄の普及にも尽力しました。1919年(大正8年)に、長唄研究会を結成し、長唄の演奏会や講習会を開催しました。また、1923年(大正12年)には、長唄の楽譜集『長唄譜』を出版しました。

勘五郎は、1935年(昭和10年)に、脳出血のため61歳で亡くなりました。しかし、彼の残した功績は今日でも高く評価されており、歌舞伎長唄の第一人者として語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました