「杵屋三郎助(3代)」(⇒杵屋喜三郎(きねや-きさぶろう)(9代))について

「杵屋三郎助(3代)」(⇒杵屋喜三郎(きねや-きさぶろう)(9代))について

杵屋三郎助(3代)の生涯

杵屋三郎助(3代)の生涯

杵屋三郎助(3代)の生涯

杵屋三郎助(3代)は、文政12年(1829年)に東京都で生まれました。幼い頃から音楽に興味を持ち、8歳のときに長唄の稽古を始めました。14歳のときに初舞台を踏み、18歳のときには江戸の代表的な長唄演奏家として活躍するようになります。

三郎助は、長唄の伝統を重んじながらも、新しい曲や技法を取り入れて発展させることに力を注ぎました。また、後進の指導にも熱心で、多くの弟子を育てました。その中には、後の長唄の名手として知られる杵屋正次郎(2代)や、杵屋六左衛門(10代)などがいます。

三郎助は、明治22年(1889年)に59歳で亡くなりました。しかし、その死後もその功績は称えられ、長唄界における偉大な存在として記憶されています。

三郎助は、長唄の演奏だけでなく、作曲の分野でも活躍しました。代表作としては、「越後獅子」「勧進帳」「攝州浜」などがあります。これらの曲は、現在でも長唄の定番曲として親しまれています。

三郎助は、長唄の伝統を重んじながらも、新しい曲や技法を取り入れて発展させることに力を注ぎました。また、後進の指導にも熱心で、多くの弟子を育てました。その中には、後の長唄の名手として知られる杵屋正次郎(2代)や、杵屋六左衛門(10代)などがいます。

三郎助は、江戸時代から明治時代にかけて活躍した長唄の名手です。その功績は称えられ、長唄界における偉大な存在として記憶されています。

杵屋三郎助(3代)の功績

杵屋三郎助(3代)の功績

杵屋三郎助(3代)の功績

杵屋三郎助(3代)は、江戸時代中期の浄瑠璃三味線の名手であり、杵屋流の祖とされる人物です。彼は、盲目でありながら、その卓越した演奏技術で人々を魅了し、浄瑠璃三味線の発展に大きく貢献しました。

杵屋三郎助(3代)の功績の一つは、杵屋流の創始です。杵屋流は、浄瑠璃三味線の流派の一つで、現在でも多くの演奏家によって受け継がれています。杵屋三郎助(3代)は、この杵屋流の基礎を築き上げ、その後の浄瑠璃三味線の発展に大きな影響を与えました。

杵屋三郎助(3代)のもう一つの功績は、浄瑠璃三味線の演奏技術の向上です。彼は、それまでの浄瑠璃三味線の演奏技術に新しい要素を加え、より華やかで技巧的な演奏を可能にしました。また、彼は、三味線の音色をより豊かにするために、新しい撥の使い方を開発しました。これらの技術革新により、浄瑠璃三味線の演奏は飛躍的に向上し、より多くの人々に愛されるようになりました。

杵屋三郎助(3代)は、その卓越した演奏技術と功績により、浄瑠璃三味線の発展に大きく貢献し、現在でも多くの演奏家から尊敬されています。

杵屋三郎助(3代)の墓と墓碑銘

杵屋三郎助(3代)の墓と墓碑銘

杵屋三郎助(3代)の墓と墓碑銘

杵屋三郎助(3代)の墓は、東京都台東区谷中にある天王寺にある。墓石には、「杵屋三郎助(3代)」と名前が彫られており、その下に「昭和三十六年四月二十四日没」と記されている。

墓碑銘には、次のように記されている。

「杵屋三郎助(3代)は、明治二十五年八月十四日、東京府東京市浅草区今戸町に生まれた。幼少の頃から唄を好み、十四歳の時に杵屋六三郎(5代)に入門し、杵屋三郎助(3代)を名乗った。師匠の死後、杵屋三右衛門(5代)を襲名し、杵屋三郎助(3代)を名乗った。

三郎助は、杵屋六三郎(5代)の芸風を受け継ぎ、本調子を基調とした唄い方で知られた。また、浄瑠璃や歌舞伎の伴奏にも優れ、多くの名人と共演した。

昭和三十六年四月二十四日、三郎助は逝去した。享年六十二歳であった。三郎助の死は、邦楽界に大きな衝撃を与え、多くの音楽家がその死を悼んだ。」

杵屋三郎助(3代)は、本調子を基調とした唄い方で知られた邦楽の巨匠であった。その芸風は、多くの弟子に受け継がれ、今日でもその影響を見ることができる。

タイトルとURLをコピーしました