「杵屋十三郎」-江戸時代中期の歌舞伎囃子方の名手

「杵屋十三郎」-江戸時代中期の歌舞伎囃子方の名手

杵屋十三郎の経歴と背景

杵屋十三郎の経歴と背景

-杵屋十三郎の経歴と背景-

杵屋十三郎は、江戸時代中期に活躍した歌舞伎囃子方の名手です。

十三郎は、1714年に江戸に生まれました。幼い頃から歌舞伎囃子に親しみ、16歳の時に杵屋六三郎の門下に入門しました。六三郎は、当時最も著名な歌舞伎囃子方の一人であり、十三郎は六三郎から手ほどきを受け、歌舞伎囃子の腕を磨いていきました。

十三郎は、1736年に二十二歳の時に初舞台を踏み、たちまち評判となりました。十三郎の囃子は、技巧に優れているだけでなく、情感が豊かで、観客の心を打つものがありました。十三郎は、歌舞伎の舞台に欠かせない存在となり、多くの名優たちと共演しました。

十三郎は、1750年に三十六歳の時に杵屋十三郎を襲名しました。襲名後は、ますますその名声を高め、歌舞伎界の大御所として君臨しました。十三郎は、1784年に七十一歳の時に亡くなりましたが、その死後もその功績は称えられ、歌舞伎囃子の名手として語り継がれています。

十三郎は、歌舞伎囃子方に多くの弟子を育て、その弟子たちは後に歌舞伎囃子の発展に貢献しました。十三郎の弟子には、杵屋六三郎、杵屋栄次郎、杵屋正次郎などがおり、彼らは皆、名手として知られるようになりました。

十三郎は、歌舞伎囃子方の名手としてだけでなく、作曲家としても活躍しました。十三郎は、多くの歌舞伎の曲を手掛け、その曲は現在でも上演されています。十三郎の曲は、そのメロディーの美しさと、歌舞伎の雰囲気を巧みに表現していることで知られています。

杵屋十三郎の師匠と芸風

杵屋十三郎の師匠と芸風

– 杵屋十三郎の師匠と芸風

杵屋十三郎は、江戸時代中期の歌舞伎囃子方の名手である。

十三郎は、延享元年(1744年)に江戸に生まれ、幼名は末次郎といった。父は杵屋佐吉といい、十三郎自身も「佐吉の末次郎」として知られていた。

十三郎は、はじめ、二代目杵屋六左衛門に師事して歌舞伎囃子を学び、その後、三代目杵屋六三郎のもとでさらに修業を重ねた。

十三郎は、その芸の巧みさから、若くして江戸の歌舞伎界で頭角を現し、宝暦7年(1757年)には、わずか13歳で江戸中村座に出演した。

十三郎の芸風は、華麗さと優美さを兼ね備えたものであり、特に、小鼓と太鼓の演奏に優れていた。

十三郎は、その芸の巧みさから、江戸の歌舞伎界で重宝され、多くの名優と共演した。

十三郎は、安永5年(1776年)に33歳で亡くなったが、その死は、江戸の歌舞伎界に大きな衝撃を与えた。

杵屋十三郎が創始した「ちりから」囃子

杵屋十三郎が創始した「ちりから」囃子

杵屋十三郎が創始した「ちりから」囃子

杵屋十三郎は、江戸時代中期の歌舞伎囃子方の名手でした。彼は多くの新しい囃子方を開発し、その中の一つが「ちりから」囃子です。

「ちりから」囃子は、三味線と太鼓で演奏される速いテンポの囃子です。歌詞はなく、楽器の音色だけで表現されます。

「ちりから」囃子は、歌舞伎の舞台で、戦闘シーンや追跡シーンなど、緊張感あふれる場面で使用されます。その速いテンポと激しい音色は、観客の興奮を煽り、舞台を盛り上げます。

「ちりから」囃子は、杵屋十三郎が創始した当時から、歌舞伎の舞台で欠かせない囃子の一つとなっています。その激しい音色は、観客の心を震わせ、歌舞伎の舞台をより一層華やかにしています。

「ちりから」囃子は、杵屋十三郎の功績の一つであり、歌舞伎の伝統芸能としての価値を高めるのに貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました