杵屋正次郎(2代) – 江戸時代後期の長唄三味線方

杵屋正次郎(2代) – 江戸時代後期の長唄三味線方

初代正次郎との関係

初代正次郎との関係

-初代正次郎との関係-

杵屋正次郎(2代)は、初代正次郎の次男として生まれました。初代正次郎は、江戸時代前期から中期にかけて活躍した長唄三味線方の名人で、杵屋流の始祖とされています。

正次郎(2代)は、幼い頃から初代正次郎に三味線を習い、早くからその才能を発揮しました。10代の頃には、初代正次郎と並んで舞台に上がり、その妙技を披露していました。

初代正次郎が亡くなった後、正次郎(2代)は杵屋流の家元を継承しました。そして、初代正次郎の遺志を継いで、杵屋流の発展に尽力しました。

正次郎(2代)は、初代正次郎と同様に、長唄三味線の第一人者として活躍しました。また、作曲家としても活躍し、数々の名曲を世に送り出しました。

正次郎(2代)と初代正次郎の関係は、師弟関係であり、親子関係でもありました。正次郎(2代)は、初代正次郎から三味線の技術を学び、杵屋流の伝統を継承しました。また、正次郎(2代)は、初代正次郎を尊敬しており、その遺志を継いで杵屋流の発展に尽力しました。

立三味線就任と2代正次郎襲名

立三味線就任と2代正次郎襲名

– 立三味線就任と2代正次郎襲名

杵屋正次郎(2代)は、江戸時代後期の長唄三味線方。初代杵屋正次郎の次男として江戸に生まれる。幼名は菊次郎。

16歳のとき、父・初代正次郎に三味線を学び始める。19歳のとき、江戸城の御前演奏を務める。22歳のとき、父・初代正次郎が没し、2代正次郎を襲名。立三味線に就任する。

立三味線として、中村芝翫、中村松江、坂東三津五郎、市川團十郎など、当時の名優たちの舞台を数多く務める。また、杵屋正寿、杵屋清八、杵屋勝三郎など、多くの弟子を育て上げた。

2代正次郎は、長唄三味線の第一人者として知られ、その演奏は「正次郎節」と呼ばれた。また、作曲家としても活躍し、多くの名曲を遺した。

代表作としては、「清元狐火」「長唄籠釣瓶」「常磐津お祭り」「清元唐試合」「長唄娘道成寺」「常磐津沢市」「長唄勧進帳」「長唄三人吉三」「長唄太刀盗人」「清元身代替り」などがある。

2代正次郎は、1852年(嘉永5年)に61歳で没した。墓所は東京都台東区の浅草竜昌寺。

作品と功績

作品と功績

作品と功績

杵屋正次郎(2代)は、長唄三味線方として数々の作品を残し、その功績は大きく評価されています。杵屋正次郎の代表作の一つは、「勧進帳」です。この作品は、勧進帳を盗んだ弁慶と富樫左衛門の対決を描くもので、その迫力のある三味線と、緊迫感あふれる舞台は、多くの観客を魅了しました。

また、杵屋正次郎は「助六」や「隅田川」などの作品でも知られています。「助六」は、花川戸助六と揚巻の愛を描く作品で、その華やかな三味線と、美しい舞台は、多くの観客を魅了しました。「隅田川」は、隅田川のほとりに住む夫婦の愛を描く作品で、その哀愁のある三味線と、切ない舞台は、多くの観客を感動させました。

杵屋正次郎は、長唄三味線方の発展に大きな功績を残しました。杵屋正次郎は、三味線の奏法を改良し、その音色をより豊かにしました。また、杵屋正次郎は、三味線と他の楽器との合奏を積極的に行い、その音楽の幅を広げました。さらに、杵屋正次郎は、後進の育成にも力を入れ、多くの優れた三味線方を育て上げました。

杵屋正次郎は、長唄三味線方の発展に大きな功績を残し、その音楽は今日でも多くの観客に愛されています。

タイトルとURLをコピーしました