杵屋登美―長唄唄方の功労者

杵屋登美―長唄唄方の功労者

伯母・杵屋六喜正に師事

伯母・杵屋六喜正に師事

伯母・杵屋六喜正に師事

杵屋登美は、幼い頃から伯母である杵屋六喜正に師事し、長唄を学びました。六喜正は、江戸時代中期に活躍した長唄唄方の名手であり、登美に厳しい指導を行いました。登美は、六喜正の指導の下で着実に成長し、やがて長唄唄方のトップクラスの演奏家となりました。

登美は、六喜正から長唄の伝統を受け継ぎ、それを発展させました。登美の演奏は、六喜正の厳格な指導を受けたことを反映して、正確で端正であり、かつ、情感豊かでした。登美は、長唄の伝統を忠実に守りながらも、新しい演奏スタイルを模索し、長唄の発展に貢献しました。

登美は、長唄の演奏だけでなく、後進の指導にも力を注ぎました。登美は、長唄教室を開き、多くの弟子を育てました。登美の弟子の中には、杵屋勘五郎や杵屋勝三郎など、後に長唄唄方の第一人者となった人物も少なくありません。登美は、長唄の伝統を後世に伝えるために、尽力しました。

登美は、長唄唄方の功労者として、その功績を称えられています。登美は、長唄の伝統を守り、それを発展させ、後進の指導にも力を注ぎました。登美の功績は、長唄の歴史に大きな足跡を残しています。

4代吉住小三郎、小四郎に師事

4代吉住小三郎、小四郎に師事

-4代吉住小三郎、小四郎に師事-

杵屋登美は、4代吉住小三郎と小四郎に師事し、長唄唄方の基礎を学びました。4代吉住小三郎は、杵屋流の名門の出身であり、長唄の第一人者として活躍していました。小四郎は、小三郎の弟であり、 ebenfalls 長唄唄方の名手でした。登美は、二人の師匠から熱心に指導を受け、長唄の技術を磨いていきました。

登美は、4代吉住小三郎から、長唄の基礎である「杵屋流本手事」を学びました。本手事は、長唄の基本的な旋律であり、登美は、この本手事をしっかりと身につけることで、長唄の基礎を固めました。

また、登美は、小四郎から、長唄の表現方法を学びました。小四郎は、長唄の情感を豊かに表現することで知られており、登美は、小四郎からその表現方法を学び、長唄の情感を豊かに表現できるようになりました。

登美は、4代吉住小三郎と小四郎から学んだ長唄の技術を活かし、後に、長唄唄方の第一人者として活躍することになります。

長唄協会功労賞を受賞

長唄協会功労賞を受賞

-長唄協会功労賞を受賞-

長唄唄方の登美氏が、長唄協会功労賞を受賞した。登美氏は、昭和20年に長唄を習い始め、25年に初舞台を踏んだ。その後、数々の舞台に出演し、平成10年には人間国宝に認定された。登美氏は、長唄界の発展に貢献した功績が認められて、今回の受賞となった。

登美氏は、受賞に際して、「長唄協会功労賞を受賞できて、とても光栄です。今後も、長唄の魅力を多くの人に伝えられるよう、精進していきたいです」と語った。

登美氏は、長唄唄方として、数々の舞台に出演し、その芸を磨いてきた。また、長唄の普及活動にも熱心に取り組み、長唄の魅力を多くの人に伝えている。今回の受賞は、登美氏の長唄界への貢献を称えるものと言える。

登美氏の受賞は、長唄界にとって大きな喜びである。登美氏の活躍が、長唄のさらなる発展につながることを期待したい。

タイトルとURLをコピーしました