杵屋弥十郎(3代)-人生と功績

杵屋弥十郎(3代)-人生と功績

杵屋弥十郎(3代)の生涯

杵屋弥十郎(3代)の生涯

-杵屋弥十郎(3代)の生涯-

杵屋弥十郎(3代)は、1896年(明治29年)に東京で生まれました。本名は倉田弥一郎。幼い頃から三味線に親しみ、14歳の時に杵屋弥吉(2代)に入門して三味線を学びました。18歳で杵屋弥十郎(3代)を襲名し、翌年には初舞台を踏みました。

杵屋弥十郎(3代)は、その卓越した三味線技術と、豊かな音楽性で瞬く間に頭角を現しました。1926年(昭和元年)には、帝国劇場の専属奏者となり、1932年(昭和7年)には、NHK邦楽オーケストラの専属奏者となりました。

杵屋弥十郎(3代)は、三味線の伝統的な奏法を尊重しながらも、新しい奏法を積極的に取り入れました。また、三味線と他の楽器との共演にも積極的に取り組み、邦楽の新たな可能性を切り拓きました。

杵屋弥十郎(3代)は、1979年(昭和54年)に人間国宝に認定されました。1981年(昭和56年)には、勲四等旭日小綬章を受章しました。1994年(平成6年)に亡くなりました。

杵屋弥十郎(3代)は、三味線の発展に大きく貢献した偉大な音楽家です。その功績は、今日でも高く評価されています。

杵屋弥十郎(3代)の功績

杵屋弥十郎(3代)の功績

杵屋弥十郎(3代)の功績

杵屋弥十郎(3代)は、江戸時代後期の浄瑠璃太夫。本名は坂井弥十郎。京都に生まれ、杵屋六左衛門門下で浄瑠璃を学ぶ。その後、江戸に下って三味線音楽を学び、1794年に初代杵屋弥十郎を襲名。1804年に2代杵屋弥十郎が亡くなると、3代杵屋弥十郎を襲名した。

3代杵屋弥十郎は、浄瑠璃界で活躍し、多くの名演を残した。特に、1811年に江戸中村座で初演された『菅原伝授手習鑑』の浄瑠璃は、大好評を博し、3代杵屋弥十郎の名声を確立した。また、1814年に大阪角座で初演された『義経千本桜』の浄瑠璃も、大好評を博し、3代杵屋弥十郎の名をさらに高めた。

3代杵屋弥十郎は、浄瑠璃界の重鎮として活躍し、数多くの後進を育てた。また、浄瑠璃の普及に努め、浄瑠璃の地位を向上させた。その功績により、1824年に幕府から御目見を許された。

3代杵屋弥十郎は、1829年に亡くなったが、その功績は浄瑠璃界に長く語り継がれている。

タイトルとURLをコピーしました