杵屋弥十郎(5代) – 幕末から明治時代の長唄三味線方

杵屋弥十郎(5代) – 幕末から明治時代の長唄三味線方

杵屋弥十郎(5代目)の生涯と経歴

杵屋弥十郎(5代目)の生涯と経歴

-杵屋弥十郎(5代目)の生涯と経歴-

杵屋弥十郎(5代目)は、幕末から明治時代の長唄三味線方です。本名は田中弥十郎。1836年(天保7年)、江戸に生まれました。初世杵屋弥十郎の孫、杵屋六左衛門の養子となります。

1851年(嘉永4年)、16歳のときに杵屋弥十郎を襲名します。1868年(明治元年)、明治天皇の東京遷都に随行し、東京に移住しました。1871年(明治4年)、東京音楽学校(現・東京藝術大学音楽学部)の創立に参加し、三味線科の教授となります。

1881年(明治14年)、東京音楽学校を退職し、私塾を開きます。1889年(明治22年)、帝国音楽院(現・東京藝術大学)の創立に参加し、三味線科の教授となります。1902年(明治35年)、帝国音楽院を退職します。

1907年(明治40年)、東京で没しました。享年72。杵屋弥十郎(5代目)は、長唄三味線の第一人者として活躍し、多くの弟子を育てました。代表的な弟子には、杵屋弥七、杵屋六左衛門(7代目)、杵屋正邦、杵屋佐吉、杵屋志寿(2代目)などがいます。

杵屋弥十郎(5代目)は、長唄三味線の発展に大きな貢献をした人物であり、その功績は高く評価されています。

大音の三味線と大薩摩節を得意とした杵屋弥十郎(5代目)

大音の三味線と大薩摩節を得意とした杵屋弥十郎(5代目)

大音の三味線と大薩摩節を得意とした杵屋弥十郎(5代目)

杵屋弥十郎(5代目)は、幕末から明治時代の長唄三味線方です。本名は西澤弥十郎。1810年(文化7年)に江戸に生まれ、1896年(明治29年)に東京で没しました。

弥十郎は、杵屋六三郎(3代目)に師事し、1832年(天保3年)に初舞台を踏みました。その後、杵屋弥十郎(4代目)の門下に入り、1843年(天保14年)に名取を許されました。弥十郎は、大音の三味線と大薩摩節を得意とし、江戸の長唄界で活躍しました。

弥十郎は、1868年(慶応4年)に明治維新を迎え、新政府の音楽取調掛に任命されました。1871年(明治4年)には、東京音楽学校(現在の東京藝術大学)の教授に就任し、三味線の指導に当たりました。弥十郎は、1891年(明治24年)に東京音楽学校を退職し、1896年(明治29年)に東京で没しました。

弥十郎は、大音の三味線と大薩摩節を得意とし、江戸の長唄界で活躍した三味線方です。明治維新後も、東京音楽学校の教授として三味線の指導に当たりました。弥十郎は、日本の伝統音楽の発展に貢献した人物です。

杵屋弥十郎(5代目)の作品と功績

杵屋弥十郎(5代目)の作品と功績

-杵屋弥十郎(5代目)の作品と功績-

杵屋弥十郎(5代目)は、幕末から明治時代の長唄三味線方です。1795年(享和2)に江戸に生まれ、1868年(明治元)に亡くなりました。名は岩次郎。通称は佐七。

杵屋弥十郎(5代目)は、杵屋六三郎(3代目)の次男として生まれました。1807年(文化4)に父が亡くなり、1810年(文化7)に杵屋六三郎を襲名しました。

杵屋弥十郎(5代目)は、長唄三味線の名手として知られました。1823年(文政6)に、杵屋六三郎(4代目)の門下となり、1841年(天保12)に杵屋弥十郎を襲名しました。杵屋弥十郎(5代目)は、長唄三味線方の第一人者として活躍し、多くの作品を残しました。

杵屋弥十郎(5代目)の作品には、「六段の調」、「三味線独楽」、「がんどう節」、「竹生島詣」などがあります。杵屋弥十郎(5代目)は、長唄三味線方の発展に貢献し、多くの弟子を育てました。

杵屋弥十郎(5代目)の功績は、長唄三味線方の発展と、多くの弟子を育てたことにあります。杵屋弥十郎(5代目)の弟子には、杵屋六三郎(5代目)、杵屋正次郎(2代目)、杵屋勝次郎(3代目)などがいます。杵屋弥十郎(5代目)の弟子たちは、長唄三味線方の発展に貢献し、杵屋弥十郎(5代目)の功績を継承しました。

タイトルとURLをコピーしました