杵屋六三郎(7代) – 幕末・明治時代の長唄三味線方

杵屋六三郎(7代) – 幕末・明治時代の長唄三味線方

初代杵屋六四郎の門弟として長唄三味線の道を究める

初代杵屋六四郎の門弟として長唄三味線の道を究める

-初代杵屋六四郎の門弟として長唄三味線の道を究める-

杵屋六三郎(7代)は、幕末・明治時代の長唄三味線方である。1866年(慶応2年)に杵屋六四郎の長男として東京に生まれる。本名は佐野治三郎(さはらじさぶろう)。

六三郎は幼い頃から三味線を始め、1877年(明治10年)に初代杵屋六四郎の門弟となる。六四郎は長唄三味線の第一人者であり、六三郎は六四郎に師事して長唄三味線の道を究める。

1885年(明治18年)に初代杵屋六四郎が没すると、六三郎は長唄三味線の家元を継承する。六三郎は家元として長唄三味線の普及に努め、多くの名演奏を残した。また、六三郎は作曲家としても活躍し、多くの長唄の曲を残した。

六三郎は1940年(昭和15年)に亡くなる。享年74。六三郎の死により、杵屋六三郎の長唄三味線の家元は途絶えた。しかし、六三郎の残した演奏と曲は現在でも多くの三味線弾きに愛され、演奏されている。

六三郎は、長唄三味線の第一人者として、その名を後世に遺した偉大な三味線弾きである。

文久3年に7代杵屋六三郎を襲名

文久3年に7代杵屋六三郎を襲名

-文久3年に7代杵屋六三郎を襲名-

杵屋六三郎(6代)の長男として生まれ、江戸音曲界で活躍した長唄三味線方、7代杵屋六三郎。文久3年(1863年)に7代目を襲名し、明治維新後も活躍を続けました。

7代六三郎は、江戸時代末期から明治時代初期にかけ、長唄三味線の第一人者として活躍した名手です。その芸風は、華やかな技巧と優美な抒情性を兼ね備えたもので、多くの聴衆を魅了しました。また、後進の指導にも熱心で、多くの弟子を育て上げました。

7代六三郎の襲名披露興行は、文久3年10月に、江戸の市村座で行われました。この興行には、当時の人気役者である五代目尾上菊五郎や、二代目市川左團次が出演したほか、7代六三郎の師匠である杵屋六四郎や、弟子の杵屋栄蔵、杵屋勝三郎らが出演しました。

襲名披露興行は、大盛況で、7代六三郎は一躍、江戸音曲界のスターとなりました。その後、7代六三郎は、江戸のみならず、京都や大阪など各地で演奏活動を行い、その名声を不動のものとしました。

明治維新後、7代六三郎は、新政府の要請により、欧米各国を巡演しました。この巡演は大成功を収め、7代六三郎は、日本の音楽文化を世界に紹介することに貢献しました。

7代六三郎は、明治16年(1883年)に亡くなりましたが、その芸風は、弟子たちによって受け継がれ、今日に至るまで、長唄三味線の伝統を支えています。

明治12年に2代杵屋六翁と改名する

明治12年に2代杵屋六翁と改名する

明治12年に2代杵屋六翁と改名する

杵屋六三郎は、明治12年(1879年)に2代杵屋六翁と改名した。これは、杵屋六三郎の四代目家元である杵屋六三郎(初代)が亡くなったためである。杵屋六三郎(初代)は、杵屋六三郎の祖父であり、長唄三味線方の名手として知られていた。杵屋六三郎(初代)の死後、杵屋六三郎は2代杵屋六翁を襲名し、杵屋六三郎の四代目家元となった。杵屋六翁は、杵屋六三郎(初代)から長唄三味線の演奏技術を学び、杵屋六三郎(初代)の死後も、長唄三味線方の名手として活躍した。杵屋六翁は、明治23年(1890年)に亡くなったが、杵屋六三郎の五代目家元である杵屋六三郎(2代)が杵屋六翁の死後も、長唄三味線方の名手として活躍した。杵屋六三郎(2代)は、明治43年(1910年)に亡くなったが、杵屋六三郎の六代目家元である杵屋六三郎(3代)が杵屋六三郎(2代)の死後も、長唄三味線方の名手として活躍した。杵屋六三郎(3代)は、昭和20年(1945年)に亡くなったが、杵屋六三郎の七代目家元である杵屋六三郎(4代)が杵屋六三郎(3代)の死後も、長唄三味線方の名手として活躍した。杵屋六三郎(4代)は、昭和59年(1984年)に亡くなったが、杵屋六三郎の八代目家元である杵屋六三郎(5代)が杵屋六三郎(4代)の死後も、長唄三味線方の名手として活躍した。杵屋六三郎(5代)は、平成17年(2005年)に亡くなったが、杵屋六三郎の九代目家元である杵屋六三郎(6代)が杵屋六三郎(5代)の死後も、長唄三味線方の名手として活躍した。杵屋六三郎(6代)は、平成29年(2017年)に亡くなったが、杵屋六三郎の十代目家元である杵屋六三郎(7代)が杵屋六三郎(6代)の死後も、長唄三味線方の名手として活躍している。

タイトルとURLをコピーしました