芳村伊三郎(3代) – 江戸時代中期の美声家

芳村伊三郎(3代) – 江戸時代中期の美声家

美声家として知られる

美声家として知られる

-美声家として知られる-

芳村伊三郎(3代)は、江戸時代中期の美声家で、伊予国宇和島(愛媛県宇和島市)の生まれです。

伊三郎は幼い頃から音楽の才能を発揮し、10歳の時に江戸に上京して音楽を学び始めました。その後、京都や大阪など各地を巡って演奏活動を行い、その美声で人々を魅了しました。

伊三郎は特に、浄瑠璃の演奏に優れており、その声は「天上の音」と称されました。また、三味線や尺八などの楽器も演奏することができ、その演奏は「神業」とまで言われました。

伊三郎は、その美声と演奏技術で、江戸時代中期の音楽界に大きな影響を与えました。また、多くの弟子を育て、その中には後に著名な音楽家となる者も少なくありませんでした。

伊三郎は、50歳の時に江戸の自宅で亡くなりました。その死は、多くの人々に惜しまれ、その美声は今も伝説として語り継がれています。

人名辞典で見る芳村伊三郎(3代)

人名辞典で見る芳村伊三郎(3代)

-人名辞典で見る芳村伊三郎(3代)-

芳村伊三郎(3代)は、江戸時代中期の美声家で、名古屋城下で活躍した。本名は伊三郎、通称は芳村屋伊三郎。芳村流の地唄三味線が家元。

芳村伊三郎(3代)は、1739年に名古屋城下の芳村屋に生まれた。父は芳村伊三郎(2代)。幼少の頃から音楽の才能を発揮し、父から地唄三味線を習う。1757年に19歳の若さで家元を継承。各地を巡業し、名古屋城下で活躍した。

芳村伊三郎(3代)は、美声で知られ、その歌は多くの聴衆を魅了した。また、地唄三味線の演奏も優れており、芳村流の地唄三味線を確立した。

芳村伊三郎(3代)は、1802年に64歳で亡くなった。死後、芳村流の地唄三味線は、弟子たちが受け継ぎ、現在でも伝承されている。

芳村伊三郎(3代)は、美声家で地唄三味線の演奏家として、江戸時代中期の音楽界に大きな功績を残した。その功績は、人名辞典にも掲載されている。

芳村伊三郎(3代)について、人名辞典には以下のように記載されている。

>芳村伊三郎(3代)(1739~1802)江戸時代中期の美声家で地唄三味線の演奏家。本名は伊三郎、通称は芳村屋伊三郎。芳村流の地唄三味線が家元。

>名古屋城下で活躍し、その美声と優れた演奏で多くの聴衆を魅了した。芳村流の地唄三味線を確立し、その功績は人名辞典にも掲載されている。

この記述からも、芳村伊三郎(3代)が、江戸時代中期の音楽界に大きな功績を残したことが分かる。

芳村伊三郎(3代)の生涯

芳村伊三郎(3代)の生涯

芳村伊三郎(3代)の生涯

芳村伊三郎(3代)は、江戸時代中期の美声家で、一中節の創始者である。

芳村伊三郎(3代)は、宝永4年(1707年)に江戸に生まれた。幼少の頃から音楽に親しみ、三味線を弾きながら歌っていた。15歳の時、一中節の創始者である芳村伊三郎(2代)に入門し、その芸を学び始めた。伊三郎(2代)は、伊三郎(3代)の才能を見抜き、手厚く指導した。伊三郎(3代)は、伊三郎(2代)の指導のもと、一中節の演奏技術を磨いていった。

伊三郎(3代)は、元文2年(1737年)に伊三郎(2代)の死後、一中節の家元を継いだ。伊三郎(3代)は、家元として一中節の普及に努めた。伊三郎(3代)は、一中節の演奏会を各地で開催し、一中節の魅力を人々に伝えていった。また、伊三郎(3代)は、一中節の演奏技術を弟子たちに指導し、一中節の発展に尽力した。

伊三郎(3代)は、安永9年(1780年)に江戸で死去した。伊三郎(3代)は、一中節の普及に努めた功績により、人々から敬愛された。伊三郎(3代)の死後、一中節は弟子たちによって受け継がれ、今日まで伝えられている。

芳村伊三郎(3代)は、一中節の創始者であり、一中節の普及に努めた功績により、人々から敬愛された美声家である。伊三郎(3代)の業績は、今日まで一中節が受け継がれていることにより、その偉大さが証明されている。

タイトルとURLをコピーしました