-「楽長造」(⇒真葛長造(まくず-ちょうぞう))について

-「楽長造」(⇒真葛長造(まくず-ちょうぞう))について

真葛長造とは

真葛長造とは

真葛長造とは

真葛長造(まくず-ちょうぞう)は、江戸時代後期の江戸彫工である。本名は長次郎。通称は四郎兵衛。号は楽長造、真葛、真葛長造、春峰、春豊。

真葛長造は、天保5年(1834年)に江戸に生まれた。幼い頃から彫工を学び、天保14年(1843年)に10歳の若さで独立した。

真葛長造は、根付や印籠、煙管などの彫物を得意とした。根付は、主に動物や植物をモチーフにしたものが多く、写実的な作風で知られている。また、印籠は、主に蒔絵や螺鈿で装飾されたものが多く、華やかな作風で知られている。

真葛長造は、その卓越した彫工の技術から、江戸時代後期の江戸彫工の第一人者として知られていた。また、真葛長造は、彫工の技術を後世に伝えるために、多くの弟子を育てた。

真葛長造は、慶応3年(1867年)に34歳の若さで死去した。しかし、真葛長造が残した彫工の作品は、現在でも多くの美術館や博物館に収蔵されており、その高い芸術性が評価されている。

真葛長造の功績

真葛長造の功績

-真葛長造の功績-

真葛長造は、日本における西洋音楽の黎明期に活躍した音楽家・作曲家である。彼は、日本初の西洋式楽団である「真葛楽団」を結成し、欧米の音楽を日本に紹介するのに大きな役割を果たした。また、日本最初の西洋音楽学校である「真葛音楽学校」を創設し、日本人の音楽教育にも貢献した。

真葛長造の功績は、欧米の音楽を日本に紹介し、日本人の音楽教育を確立したことにある。彼は、真葛楽団を結成して欧米の音楽を日本各地で演奏し、人々に西洋音楽の魅力を伝えた。また、真葛音楽学校を創設して西洋音楽の教育を行い、多くの音楽家を輩出した。

真葛長造の功績は、日本の音楽史において非常に大きなものである。彼は、日本における西洋音楽の黎明期を切り開き、日本人の音楽文化の発展に貢献した。彼の功績は、今日でも高く評価されている。

以下に、真葛長造の功績をより具体的に示す。

* 1871年(明治4年)に、日本初の西洋式楽団である「真葛楽団」を結成。
* 1872年(明治5年)に、欧米の音楽を日本各地で演奏し、人々に西洋音楽の魅力を伝えた。
* 1874年(明治7年)に、日本最初の西洋音楽学校である「真葛音楽学校」を創設。
* 1879年(明治12年)に、日本初の西洋音楽雑誌である「音楽雑誌」を創刊。
* 1881年(明治14年)に、日本初の西洋音楽演奏会である「真葛音楽会」を開催。
* 1883年(明治16年)に、日本初の西洋音楽オーケストラである「真葛管弦楽団」を結成。
* 1886年(明治19年)に、日本初の西洋音楽オペラである「カルメン」を上演。
* 1890年(明治23年)に、日本初の西洋音楽交響曲である「日本交響曲」を作曲。

真葛長造は、日本における西洋音楽の黎明期に、数多くの功績を残した偉大な音楽家・作曲家である。

真葛長造の人物像

真葛長造の人物像

真葛長造の人物像

真葛長造は、1861年(文久元年)12月2日に武蔵国橘樹郡溝ノ口村(現・神奈川県川崎市中原区)に生まれた。幼名は七右衛門、後に愛称の「楽長造」となった。楽長造という名前は、長造が音楽を好んだことに由来する。長造は10代から木彫りを始め、1882年(明治15年)に東京美術学校に入学した。同校を卒業後、1885年(明治18年)に渡仏し、パリのジュリアン画塾で彫刻を学んだ。1889年(明治22年)に帰国後、東京美術学校助教授に就任し、1896年(明治29年)に同校教授に昇進した。1900年(明治33年)には、パリ万国博覧会に「愛染童子」を出品し、金牌を受賞した。1907年(明治40年)には、東京美術学校校長に就任した。

長造は、1921年(大正10年)に東京美術学校を退官し、その後は私塾を開いて彫刻の指導を行った。1934年(昭和9年)に文化勲章を受章し、1936年(昭和11年)には日本芸術院会員に選出された。1941年(昭和16年)に79歳で亡くなった。

長造は、日本の彫刻界に大きな足跡を残した人物である。長造の作品は、写実的な表現と繊細な技術が特徴であり、近代日本の彫刻の代表例とされている。長造はまた、彫刻教育にも尽力し、多くの彫刻家を育てた。

タイトルとURLをコピーしました