山木検校(2代) – 江戸時代後期の筝曲家

山木検校(2代) – 江戸時代後期の筝曲家

山田流山木家2代家元

山田流山木家2代家元

山田流山木家2代家元

山木検校(2代)は、山田流筝曲の2代家元を務めた筝曲家です。本名は、山田検校。江戸時代後期の安永3年(1774年)に、江戸の武家屋敷に生まれました。幼い頃から筝曲の才能を発揮し、10歳の頃には山田流筝曲の1代家元である山木検校(初代)の門下に入り、筝曲の修行を始めました。

山木検校(2代)は、師である山木検校(初代)から筝曲の奥義を学び、17歳で家元を継承しました。家元を継承した後も、筝曲の研鑽を続け、山田流筝曲の新しい曲や奏法を開発しました。また、筝曲の普及にも力を入れ、江戸や全国各地で演奏会を開催しました。

山木検校(2代)は、筝曲の演奏技術だけでなく、作曲の才能にも恵まれていました。多くの筝曲を作曲し、その中には、「六段の調」や「八段の調」などの名曲も含まれています。また、筝曲の楽譜を編集し、筝曲の普及に貢献しました。

山木検校(2代)は、寛政9年(1797年)に、24歳の若さで亡くなりました。しかし、その短い生涯の中で、山田流筝曲の発展に大きな功績を残しました。山木検校(2代)の死後、山田流筝曲は、後継者である山木検校(3代)によって継承され、現在もなお、多くの人々に親しまれています。

美声家として知られる

美声家として知られる

– 美声家として知られる

山木検校(2代)は、美声家としても知られていました。その歌声は、甘く澄んだ声質で、憂いを帯びたような情感を湛えていました。また、音域が広く、高音から低音まで自在に操ることができました。

山木検校(2代)の歌唱力は、当時の多くの音楽家に賞賛されました。筝曲家の菊池検校は、「山木検校(2代)の歌声は、天下一品である」と評しました。また、三味線奏者の杵屋巳八郎は、「山木検校(2代)の歌声は、琴線に触れるような美しさがある」と語っています。

山木検校(2代)は、その美声を生かして、多くの筝曲作品を手がけました。彼の代表作には、「六段の調」や「八段の調」などがあります。これらの作品は、いずれも彼の美声を生かした演奏を想定して作られており、その歌声が筝の音色と溶け合って、優美な世界を創り出しています。

山木検校(2代)の歌声は、江戸時代後期の音楽界に大きな影響を与えました。彼の歌声は、人々に感動を与え、筝曲の普及に貢献しました。また、彼の歌唱力は、後の筝曲家たちに範となり、筝曲の発展に寄与しました。

「寿くらべ」「子(ね)の日の遊(あそび)」「夏の詠(ながめ)」などを作曲

「寿くらべ」「子(ね)の日の遊(あそび)」「夏の詠(ながめ)」などを作曲

「寿くらべ」「子(ね)の日の遊(あそび)」「夏の詠(ながめ)」などを作曲

山木検校(2代)は、江戸時代後期の筝曲家で、箏曲山田流の祖です。

本名は寿(ことぶき)、通称は裕左衛門、法名は万寿。

元禄5年(1692年)に生まれ、享保14年(1729年)に失明しました。

その後、検校となり、箏曲山田流を開きました。

山木検校は、箏曲の名手として知られ、多くの作品を作曲しました。

代表作には、「寿くらべ」「子(ね)の日の遊(あそび)」「夏の詠(ながめ)」などがあります。

また、山木検校は、筝曲の理論にも精通しており、著書「筝道大成」を残しています。

この書物は、筝曲の演奏法や作曲法について詳しく述べたもので、筝曲のバイブルとして知られています。

山木検校は、箏曲の普及に大きく貢献した人物であり、その功績は今日でも高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました