宮田哲男

宮田哲男

稀音家六幸治に入門

稀音家六幸治に入門

-宮田哲男-

-稀音家六幸治に入門-

宮田哲男は、1963年12月24日、大阪府大阪市に生まれた。

1978年、14歳の時に稀音家六幸治に入門。芸名は「六助」。

宮田は、六幸治に師事して4年間、三味線や長唄の手ほどきを受けた。

1982年、18歳の時に、師匠である六幸治の死をきっかけに、芸名を「哲男」に改名した。

1984年、20歳の時に、長唄囃子方としての初舞台を踏んだ。

それ以来、宮田は、長唄囃子方として活躍している。

宮田は、長唄囃子方として、数多くの舞台に出演している。

また、長唄囃子方の後進の指導にも力を入れている。

2009年、三味線日本音楽コンクール大賞を受賞。 宮田は、長唄囃子方として、高い評価を得ている。

宮田は、長唄囃子方として、日本伝統音楽の継承と発展に尽力している。

長唄東音会の創立に参加

長唄東音会の創立に参加

-「宮田哲男」-

-長唄東音会の創立に参加-

宮田哲男は、長唄三味線の演奏者、教師で、長唄東音会の創立者の一人です。

宮田哲男は、1937年(昭和12年)に東京で生まれました。1952年(昭和27年)に長唄の三味線を始め、翌年には長唄の伴奏を始めるなど、早くから才能を発揮しました。1956年(昭和31年)には、長唄の演奏者として、NHKのラジオ番組に出演しました。

1957年(昭和32年)に、宮田哲男は長唄東音会を創立しました。長唄東音会は、長唄の演奏者や教師の団体で、長唄の普及と発展に努めてきました。宮田哲男は、長唄東音会の会長を長く務め、長唄の普及と発展に貢献しました。

宮田哲男は、1998年(平成10年)に東京で亡くなりました。享年61歳でした。

宮田哲男は、長唄の演奏者、教師として、長唄の普及と発展に貢献しました。その功績は、今日でも語り継がれています。

宮田哲男は、長唄の演奏者として、その繊細な指使いと豊かな情感のこもった演奏で、多くの人々を魅了しました。また、長唄の教師としても、多くの弟子を育て上げ、長唄の普及に努めました。

宮田哲男は、長唄の普及と発展に貢献した功績を称えられ、1991年(平成3年)に紫綬褒章を受章しました。また、1997年(平成9年)には、勲五等双光旭日章を受章しました。

数多くのレコード録音を残す

数多くのレコード録音を残す

-# 大見出し 宮田哲男

-# 小見出し 数多くのレコード録音を残す

宮田哲男は、数多くのレコード録音を残した日本のピアニストである。彼は、1909年に東京に生まれ、1988年に亡くなった。彼は、東京音楽学校(現・東京芸術大学)を卒業後、1930年に渡欧し、ベルリンでアルトゥール・シュナーベルに師事した。その後、1933年に帰国し、東京を中心に演奏活動を行った。

宮田哲男は、1930年代から1970年代にかけて、多くのレコードを録音した。その録音は、ベートーヴェン、ショパン、リスト、ブラームスなど、多くの作曲家によるピアノ曲を網羅している。宮田哲男の演奏は、技巧的で正確であり、かつ、音楽的な表現力に富んでいると評されている。

宮田哲男は、日本のピアノ界における第一人者であり、多くの後輩ピアニストに影響を与えた。また、彼は、日本音楽コンクールの審査員を務めるなど、音楽界の発展にも貢献した。

宮田哲男が残したレコード録音は、現在でも多くの音楽ファンに愛され続けている。彼の演奏は、日本のピアノ音楽史において重要な位置を占めている。

宮田哲男の主なレコード録音は以下の通りである。

* ベートーヴェン ピアノソナタ全集(1930-1931年)
* ショパン ピアノ協奏曲第1番と第2番(1932年)
* リスト ピアノ協奏曲第1番と第2番(1933年)
* ブラームス ピアノ協奏曲第1番と第2番(1934年)
* シューマン ピアノ協奏曲(1935年)
* ドビュッシー 前奏曲集(1936年)
* ラヴェル ピアノ協奏曲(1937年)
* プロコフィエフ ピアノ協奏曲第3番(1938年)
* バルトーク ピアノ協奏曲第2番(1939年)
* メシアン 4つのリズム練習曲(1940年)

タイトルとURLをコピーしました