「宮田東峰」

「宮田東峰」

奏法を独習し、日本初のハーモニカ合奏団を結成

奏法を独習し、日本初のハーモニカ合奏団を結成

-宮田東峰 奏法を独習し、日本初のハーモニカ合奏団を結成-

宮田東峰(みやたとうほう、1884年 – 1959年)は、日本のハーモニカ奏者、作曲家、編曲家。本名は大谷東一。

1884年、大阪府に生まれる。幼い頃から音楽に興味を持ち、ハーモニカを始める。1903年、上京して東京音楽学校(現・東京芸術大学)に入学。卒業後は、各地で演奏活動を行い、1920年に日本初のハーモニカ合奏団を結成する。1925年には、第一回日本ハーモニカコンクールで優勝。その後、欧米各国を巡演し、ハーモニカの普及に努める。

宮田東峰は、ハーモニカの奏法を独習し、独自のアレンジ方法を編み出した。また、ハーモニカのための曲を数多く作曲・編曲し、ハーモニカ音楽の発展に貢献した。

宮田東峰は、1959年に東京で死去した。享年75歳。その功績を称えて、1960年には勲五等瑞宝章が追贈された。

-宮田東峰が編み出したハーモニカの奏法-

宮田東峰は、ハーモニカの奏法を独習し、独自のアレンジ方法を編み出した。その奏法は、主に以下のような特徴がある。

* 片手奏法ハーモニカを片手で演奏する方法。ハーモニカを持った手を上下に動かすことで、音階を演奏する。
* 和音奏法ハーモニカを両手で演奏する方法。左手でメロディを演奏し、右手で和音を演奏する。
* トリル奏法ハーモニカの穴を素早く開閉して、音色を変化させる奏法。

宮田東峰が編み出した奏法は、ハーモニカの音域や表現力を飛躍的に広げた。その奏法は、今日のハーモニカ奏者の多くに取り入れられている。

-宮田東峰が作曲・編曲したハーモニカのための曲-

宮田東峰は、ハーモニカのための曲を数多く作曲・編曲した。その曲は、主に以下のような特徴がある。

* 日本民謡や童謡をモチーフにした曲が多い。
* ハーモニカの奏法を活かした曲が多い。
* 難易度が幅広く、初心者から上級者まで楽しめる曲がある。

宮田東峰が作曲・編曲した曲は、ハーモニカのレパートリーとして広く親しまれている。その曲は、ハーモニカ音楽の普及に大きな役割を果たした。

レコードや演奏会による普及活動

レコードや演奏会による普及活動

レコードや演奏会による普及活動

宮田東峰は、琴の演奏家としてだけでなく、その普及活動にも力を注いだ。その一つがレコードの録音である。1903年(明治36年)、宮田東峰は日本ビクターから最初のレコードを発売した。これは、日本人の演奏家がレコードに録音した初めての例であり、大きな話題となった。その後、宮田東峰は多くのレコードを録音し、その演奏技術の高さや美しさは人々に広く知られるようになった。

また、宮田東峰は演奏会にも積極的に出演した。1914年(大正3年)には、東京音楽学校(現・東京藝術大学)で初めて琴の演奏会を開催した。この演奏会は大成功を収め、琴の音楽を多くの人々に知らしめるきっかけとなった。その後、宮田東峰は各地で演奏会を開催し、その演奏は人々を魅了した。

宮田東峰のレコード録音や演奏会は、琴の音楽を普及させる上で大きな役割を果たした。それまでは、琴の音楽は一部の上流階級の人々しか聴くことができなかったが、宮田東峰の活動によって、庶民の間にも広く浸透するようになった。また、宮田東峰の演奏は、琴の音楽の可能性を人々に示し、琴の音楽の地位を高めることにも貢献した。

宮田東峰のレコード録音や演奏会による普及活動は、琴の音楽の歴史において大きな意義を持っている。それによって、琴の音楽は庶民の間にも広く浸透し、その地位を高めることができたのである。

楽器の改良などにつくした

楽器の改良などにつくした

-宮田東峰-

-楽器の改良などにつくした-

明治・大正期の箏(そう)奏者。宮城道雄、中能島欣一とともに近代箏曲を確立した。備後国府中(現・広島県府中市)生まれ。少年時代から箏を始め、13歳のとき東京に出て河野本家に入り、河野祥一に師事。その後、山田検校に師事して箏の演奏法を伝授された。

明治23年(1890)に宮田東峰を名乗り、翌年、第3回内国勧業博覧会で金賞を受賞。以来、全国各地を巡演して箏の演奏を披露し、その優美な音色で人気を集めた。また、箏の改良にも努め、明治35年(1902)には19絃箏「東峰箏」を発表。これは従来の13絃箏に6絃を加えたもので、より豊かな音色を実現した。

さらに、明治42年(1909)には「絃巻箏」を発表。これは箏の絃巻を改良したもので、調弦を容易にした。これらの改良によって、箏はより演奏しやすくなり、その人気はさらに高まった。

宮田東峰はまた、箏の楽曲の作曲にも力を注いだ。明治30年(1897)に発表した「さくらさくら」は、箏の代表的な楽曲のひとつとして現在でも広く親しまれている。大正11年(1922)には「箏曲新譜」を出版し、箏の演奏法や楽曲について解説した。この本は、箏を学ぶ人にとって貴重な資料となっている。

昭和2年(1927)に死去。享年61。近代箏曲の確立に貢献した功績を称えられ、正四位に叙せられた。

タイトルとURLをコピーしました