「樋口隆一」

「樋口隆一」

経歴

経歴

-樋口隆一経歴-

樋口隆一は、1962年1月1日に東京都で生まれました。1984年に慶應義塾大学経済学部を卒業後、商社に入社。1990年に退職し、フリーランスのライターとして独立しました。

1995年に「週刊現代」に掲載された「オウム真理教の野望」で、ジャーナリズムの賞である菊池寛賞を受賞。以後、ジャーナリストとして活躍し、数多くのスクープを世に送り出しました。

1999年には、オウム真理教の麻原彰晃を単独インタビューし、その内容を「週刊現代」に掲載しました。このインタビューは、オウム真理教の教義や麻原彰晃の人間性を浮き彫りにし、事件の真相究明に大きく貢献しました。

2001年には、著書「オウム真理教全貌」で、日本ジャーナリスト会議賞を受賞。2004年には、テレビ朝日系列で放送された「報道ステーション」のキャスターを務めました。

2010年には、著書「「偽装 супруを介護施設で●●●」」で、大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。2015年に、著書「「僕は死のうと思った」~いじめ自殺の真実~」で、山手文学賞を受賞。

現在、ジャーナリストとして活躍する傍ら、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の客員教授を務めています。

受賞歴

受賞歴

-受賞歴-

樋口隆一氏は、その功績から数多くの賞を受賞しています。

* 2000年日本写真協会賞
* 2001年日本写真評論家協会賞
* 2002年木村伊兵衛賞
* 2003年講談社出版文化賞写真賞
* 2004年土門拳賞
* 2005年朝日新聞社写真賞
* 2006年毎日芸術賞
* 2007年日本文化デザイン賞
* 2008年紫綬褒章
* 2009年旭日小綬章
* 2010年日本写真家協会特別功労賞
* 2011年日本写真芸術学会名誉会員
* 2012年日本写真協会功労賞
* 2013年日本写真家協会名誉会員
* 2014年文化功労者
* 2015年特別功労賞
* 2016年文化功労賞

これらの賞は、樋口隆一氏の功績を讃えるものです。樋口隆一氏は、日本の写真界に多大な貢献をしてきました。その功績は、日本国内だけでなく、海外でも高く評価されています。

著作

著作

-「樋口隆一」-

樋口隆一は、1945年に兵庫県尼崎市で生まれた日本の小説家、評論家です。京都大学文学部卒業後、出版社に勤務した後、1973年に『愛と死』で小説家デビューしました。その後、数々の小説や評論を発表し、日本を代表する作家の一人となりました。

-著作-

樋口隆一の著作は、大きく分けて小説と評論の二つに分類することができます。

・小説

樋口隆一の小説は、主に恋愛や家族をテーマにしたものが多いです。代表作として、1978年に発表された『冬の宿』が挙げられます。この小説は、北海道を舞台に、若い男女の恋愛を描いたもので、映画化もされました。

・評論

樋口隆一の評論は、主に文学や社会問題をテーマにしたものが多いです。代表作として、1984年に発表された『文学の条件』が挙げられます。この評論集は、文学とは何か、文学の役割とは何かを論じたもので、多くの読者に支持されました。

樋口隆一は、小説家としても評論家としても、高い評価を得ている作家です。彼の著作は、読者に多くの示唆を与えてくれるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました