「都一中」が生きた昭和の時代

「都一中」が生きた昭和の時代

昭和27年に都一中に入門

昭和27年に都一中に入門

– 昭和27年に都一中に入門

昭和27年、都一中に入門した少年は、後に誰もが知る大横綱となる大鵬幸喜であった。大鵬は、青森県出身の農家の長男として生まれ、幼い頃から相撲に親しみ、15歳の時に上京して都一中に入門した。

都一中は、昭和21年に東京都墨田区に創立された相撲の専門学校である。大鵬が入門した当時は、まだ創立間もない学校だったが、その頃からすでに相撲界においては名の知れた存在であった。都一中は、相撲の技術だけでなく、人間としての教育にも力を入れており、大鵬はその教えを忠実に守り、立派な人間として成長していった。

大鵬は、都一中に入門してすぐに頭角を現した。16歳の時には、全国中学校相撲大会で優勝し、17歳の時には、全国高等学校相撲大会で優勝した。大鵬は、その圧倒的な強さと、美しい相撲で、たちまち相撲界のスターとなった。

昭和31年、大鵬は、19歳の若さで、大相撲の幕下付出でデビューした。大鵬は、デビュー戦でいきなり勝利を飾り、その後も連勝を重ね、わずか3場所で十両に昇進した。十両でも大鵬は連勝を重ね、わずか2場所で入幕を果たした。

大鵬は、昭和35年に、23歳の若さで、横綱に昇進した。大鵬は、横綱に昇進してからもその強さを維持し、昭和45年に引退するまでに、32回の優勝を果たした。大鵬は、その功績から、国民栄誉賞を受賞し、昭和60年には、日本相撲協会の理事長に就任した。

昭和50年に11代都一中に襲名

昭和50年に11代都一中に襲名

昭和50年に11代都一中に襲名

昭和50年、初代都一中以来襲名されてきた都一中が11代目を襲名しました。11代目都一中は、本名中村雅俊、昭和23年岐阜県生まれ。昭和48年に「ヤング歌謡大賞」で優勝し、翌年「俺たちの旅」でデビューしました。

11代目都一中は、端整な顔立ちと甘い歌声で瞬く間に人気者となりました。昭和51年には「俺たちの旅」がミリオンヒットを記録し、日本レコード大賞を受賞しました。その後も「俺たちの勲章」「俺たちの明日」など、数々のヒット曲を発表し、昭和を代表するアイドルとして活躍しました。

11代目都一中は、昭和55年に女優の神田正輝と結婚し、昭和56年に長男が誕生しました。その後も俳優として活躍し、昭和58年には「男はつらいよ」シリーズにレギュラー出演しました。

昭和60年代に入ると、11代目都一中の活動は徐々に減少しましたが、昭和63年には「都一中大全集」を発売し、オリコンチャート1位を獲得しました。その後も、昭和64年に「都一中コンサートツアー」を開催するなど、精力的に活動しました。

平成に入ってからも、11代目都一中は俳優として活躍を続け、平成11年には映画「金融腐蝕列島」で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞しました。平成14年には、都一中襲名30周年記念コンサートを開催しました。

11代目都一中は、昭和の時代を代表するアイドルであり、平成の時代にも俳優として活躍を続けるなど、長きにわたって日本の芸能界を支えてきた功労者です。

平成3年に12代都一中に襲名

平成3年に12代都一中に襲名

平成3年に12代都一中に襲名

平成3年、11代都一中の元弟子である都一誠が12代都一中に襲名しました。都一誠は、昭和43年に11代都一中に弟子入りし、昭和58年に真打昇進を果たしました。都一誠は、12代都一中に襲名後も積極的に落語会に出演し、平成12年には重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。また、平成16年には文化庁芸術選奨文部科学大臣賞を受賞しました。

都一誠は、12代都一中に襲名後も、落語界の発展のために尽力しました。平成18年に落語協会常務理事に就任し、平成21年には落語協会会長に就任しました。都一誠は、落語協会会長として、落語の普及や落語家の育成に努めました。平成24年には、落語協会会長を退任しましたが、その後も落語界の発展のために尽力しました。

都一誠は、平成28年に逝去しました。享年75歳でした。都一誠の死は、落語界に大きな衝撃を与えました。都一誠は、落語界を代表する名人で、落語界の発展に大きく貢献した人物でした。都一誠の死は、落語界にとって大きな損失となりました。

タイトルとURLをコピーしました