岡安喜三郎(3代) – 江戸後期-明治時代の長唄唄方

岡安喜三郎(3代) – 江戸後期-明治時代の長唄唄方

天保11年の「勧進帳」初演で大活躍

天保11年の「勧進帳」初演で大活躍

天保11年の「勧進帳」初演で大活躍

岡安喜三郎(3代)は、江戸後期から明治時代にかけて活躍した長唄唄方です。天保11年(1840年)に初演された歌舞伎の演目「勧進帳」で、弁慶の「勧進帳の段」を唄い、一躍人気者となりました。

「勧進帳」は、平家が源氏に追われて逃亡する途中、義経一行が奥州平泉に向かうために、関所の通過証である勧進帳を手に入れるために、弁慶が義経に化けて関所を通過する物語です。勧進帳の段は、弁慶が関所の番人に勧進帳を読み上げる場面で、岡安喜三郎(3代)は、この場面を熱演し、観客を魅了しました。

岡安喜三郎(3代)の唄は、力強く、張りのある声で、弁慶の豪胆さと義経の優しさを同時に表現していました。また、岡安喜三郎(3代)は、表情豊かに唄い、弁慶の心情を細やかに表現していました。岡安喜三郎(3代)の唄は、 観客の心を捉え、勧進帳は大ヒットとなり、岡安喜三郎(3代)は、名声を確立しました。

岡安喜三郎(3代)は、その後も活躍を続け、明治維新後も、東京の歌舞伎座で唄い続けました。岡安喜三郎(3代)は、明治20年(1887年)に亡くなりましたが、その唄は今もなお、人々に愛されています。

文久年間に3代喜三郎を襲名

文久年間に3代喜三郎を襲名

-文久年間に3代喜三郎を襲名-

岡安喜三郎(3代)は、文久2年(1862年)に、2代喜三郎の養子として4代目藤間勘十郎の門弟となり、杵屋三勝丸の名で太鼓を学びました。

文久3年(1863年)には、3代喜三郎を襲名し、長唄唄方として活躍するようになりました。

3代喜三郎は、清元節を基調とした長唄を演奏し、その芸風は、江戸の庶民に親しまれました。

また、3代喜三郎は、長唄の普及にも努め、多くの弟子を育てました。

3代喜三郎の弟子には、初代杵屋小勝、2代目杵屋勝丸、3代目杵屋勝三郎、4代目杵屋勝二などがいます。

3代喜三郎は、明治15年(1882年)に、51歳で亡くなりました。

3代喜三郎の死後、その芸風は、弟子たちによって受け継がれ、長唄は、日本の伝統芸能として今日まで続いています。

明治3年11月29日に79歳で死去

明治3年11月29日に79歳で死去

明治3年11月29日に79歳で死去

岡安喜三郎(3代)は、江戸後期から明治時代の長唄唄方である。本名は大野庄太夫である。長唄は大正琴の源流のひとつである。

岡安喜三郎(3代)は、享保5年(1720年)に江戸に生まれた。祖父は岡安喜三郎(初代)、父は岡安喜三郎(2代)で、いずれも長唄唄方であった。岡安喜三郎(3代)は、幼い頃から祖父と父に長唄を師事し、15歳の時に初舞台を踏んだ。

岡安喜三郎(3代)は、長唄の演奏に優れ、特に浄瑠璃との合奏を得意とした。また、作曲にも才能を発揮し、数多くの長唄を作曲した。岡安喜三郎(3代)の作曲した長唄は、現在でも広く演奏されている。

岡安喜三郎(3代)は、明治3年(1870年)11月29日に79歳で死去した。岡安喜三郎(3代)の死は、長唄界に大きな衝撃を与え、多くの人がその死を悼んだ。

岡安喜三郎(3代)は、長唄の発展に貢献した偉大な唄方である。岡安喜三郎(3代)の作曲した長唄は、現在でも多くの人々に愛されている。

タイトルとURLをコピーしました