荻江寿々:明治・昭和時代の荻江節唄方

荻江寿々:明治・昭和時代の荻江節唄方

荻江寿々の生涯

荻江寿々の生涯

荻江寿々の生涯

荻江寿々(1878年~1943年)は、明治・昭和時代の荻江節唄方。本名は、荻江つる。

1878年、熊本県に生まれる。生家は、荻江節唄方の家系で、寿々は幼い頃から荻江節を習う。1898年、19歳の時に、東京に出て、荻江節唄方として活動を開始する。1903年には、ビクターレコードと契約し、荻江節のレコードを吹き込む。

寿々の荻江節は、抑揚のある節回しと、力強い歌声が特徴で、多くの人々に愛された。寿々は、東京を中心に、各地を巡業し、荻江節を歌い続けた。

1914年、寿々は、三味線奏者の荻江直輔と結婚する。直輔は、寿々の荻江節を支え、夫婦で全国を巡業した。

1943年、寿々は、東京で死去する。享年65歳。

寿々は、荻江節の名手として、多くのファンに愛された。寿々の死後も、荻江節は、人々に歌い継がれている。

荻江寿々の芸風

荻江寿々の芸風

– 荻江寿々の芸風

荻江寿々は、明治・昭和時代の荻江節唄方として活躍した人物です。荻江節は、江戸時代に流行した端唄の一つで、荻江寿々の祖父である荻江露友が荻江節の創始者として知られています。

荻江寿々は、幼い頃から荻江節を学び、16歳のときに荻江節の師匠である荻江琴子に入門しました。その後、荻江寿々は荻江節の唄い手として各地を巡業し、その芸風は多くの人々に愛されました。

荻江寿々の芸風は、端唄の伝統を重んじながらも、新しい感覚を取り入れた革新的なものでした。荻江寿々は、荻江節の唄い方に三味線や胡弓などの楽器を取り入れ、荻江節をより華やかなものにしました。また、荻江寿々は荻江節の歌詞を現代風にアレンジし、荻江節をより身近なものにしました。

荻江寿々の芸風は、荻江節の伝統を継承しながらも、新しい感覚を取り入れた革新的なものでした。荻江寿々は、荻江節をより華やかで身近なものにし、荻江節の普及に大きく貢献しました。

荻江寿々の功績

荻江寿々の功績

-荻江寿々の功績-

荻江寿々は、明治・昭和時代の荻江節唄方で、その功績は多岐にわたる。

まず、荻江寿々は、荻江節の普及に大きな貢献をした。荻江節は、筑前地方(現在の福岡県)に伝わる民謡で、その特徴は、三味線の伴奏によって歌われることと、歌詞が長編であることである。荻江寿々は、荻江節の優れた唄い手として知られ、全国各地で公演を行った。また、荻江寿々は、荻江節の楽譜を出版し、その普及に努めた。

さらに、荻江寿々は、荻江節の改良にも貢献した。荻江寿々は、荻江節の伝統的な歌詞を尊重しながらも、新しい歌詞を作詞し、荻江節に新しい息吹を吹き込んだ。また、荻江寿々は、荻江節の伴奏に三味線以外にも、ギターやバイオリンを取り入れ、荻江節をより現代的な音楽にアレンジした。

また、荻江寿々は、荻江節の保存にも貢献した。荻江寿々は、荻江節の伝統的な唄い方を後世に伝えるために、弟子を育成した。また、荻江寿々は、荻江節の楽譜や音源を収集し、荻江節の保存に努めた。

荻江寿々は、荻江節の普及、改良、保存に功績を残した偉大な唄い手である。荻江寿々の功績は、荻江節が現在でも日本の伝統音楽として親しまれていることにつながっている。

タイトルとURLをコピーしました