「遠藤お直(初代)」

「遠藤お直(初代)」

初代遠藤お直の生い立ちとデビュー

初代遠藤お直の生い立ちとデビュー

-「遠藤お直(初代)」-

-初代遠藤お直の生い立ちとデビュー-

遠藤お直(初代)は、明治32年(1899年)に、東京府南葛飾郡亀戸町(現・東京都江東区亀戸)に、遠藤吉治郎・のぶ夫妻の長女として生まれた。父・吉治郎は、東京市内の小料理屋を営む料理人であり、母・のぶは芸者として働いていた。

お直は、幼少期から芸事に興味を示し、5歳の頃に日本舞踊を習い始める。また、父の後を継いで料理人になることを目指し、12歳の頃に料理学校に入学した。

お直は、料理学校を卒業後、父の店を手伝いながら芸事を続ける。そして、17歳の頃に、東京の新宿にある松竹座で芸者としてデビューする。芸者としての名前は「お直」であり、芸妓の置屋「藤川屋」に所属した。

お直は、芸者としてデビュー後、瞬く間に人気者となる。彼女の美しさや、舞踊の才能は人々を魅了し、多くの男性客から求愛された。また、お直は料理の腕前にも定評があり、彼女の作る料理は芸者仲間の間で評判となっていた。

お直は、芸者として成功を収めた後も、料理の勉強を続け、23歳の頃に料理店「お直」を創業する。この店は、お直の料理の腕前と、彼女の美しさで評判となり、多くの客でにぎわった。

お直は、その後も芸者と料理店を両立させ、活躍を続けた。そして、昭和34年(1959年)に、59歳で亡くなるまで、芸者として、また料理人として人々に愛され続けた。

遠藤お直と安来節

遠藤お直と安来節

遠藤お直と安来節

遠藤お直と安来節は切っても切り離せない関係にあります。安来節は、島根県安来市に伝わる、民謡です。もとは、出雲地方の農業芸能だったものが、島根県中部で発達したとされています。遠藤お直は、安来節の代表的な唄い手であり、安来節を全国に広めた功績があります。

お直は、1845年(弘化2年)、島根県安来市に生まれました。本名は、遠藤とよ。幼い頃から安来節を習い、15歳で安来節の唄い手としてデビューしました。お直は、卓越した歌唱力と、伸びやかな声で、たちまち人気となりました。お直は、安来節を全国に広めるために、各地を巡業しました。東京、大阪、京都など、大都市でも、お直の安来節は大いに受け入れられました。

お直は、1919年(大正8年)、75歳で亡くなりました。しかし、お直の安来節は、今日でも多くの人に親しまれています。安来節は、島根県の無形文化財に指定されており、国の重要無形民俗文化財にも指定されています。

お直の安来節は、その哀愁を帯びたメロディーと、お直の伸びやかな声によって、多くの人々を魅了しました。お直の安来節は、日本の民謡史に残る名演として、今日でも多くの人々に親しまれています。

お直節の誕生と全国への普及

お直節の誕生と全国への普及

-「遠藤お直(初代)」-

-お直節の誕生と全国への普及-

遠藤お直は、江戸時代後期の女性実業家で、食品保存技術に優れた「お直節」を考案したことで知られています。

お直は、1784年に現在の静岡県浜松市に生まれました。父親は、遠州灘で漁業を営む船頭でした。お直は、幼い頃から船に乗り込み、父親を手伝っていました。その中で、魚介類の保存技術に興味を持ったと言われています。

1805年、お直は21歳の時に、夫の遠藤彦三郎と結婚しました。彦三郎は、浜松市で質屋を営んでいました。お直は、彦三郎と結婚した後、質屋を手伝いながら、魚介類の保存技術の研究を続けました。

1814年、お直は、ついに「お直節」を完成させました。「お直節」は、魚介類を塩漬けにして、乾燥させた食品です。塩漬けにすることで、魚の腐敗を防ぎ、乾燥させることで、魚の旨味を凝縮させることができます。「お直節」は、長期保存が可能で、栄養価も高く、すぐに食べることができるので、すぐに人気となりました。

お直は、1825年に、彦三郎と離婚しました。その後、お直は、浜松市で「お直節」の製造販売を開始しました。「お直節」は、すぐに全国に広まり、江戸時代後期には、日本各地で製造販売されるようになりました。

「お直節」は、明治時代以降も、日本各地で製造販売され続けました。しかし、冷蔵庫の普及によって、魚介類の保存技術は大きく変化しました。現在では、「お直節」は、ほとんど製造販売されていません。

しかし、「お直節」は、日本独自の食品保存技術として、その功績を称えられています。また、「お直節」は、江戸時代後期の様子を知る貴重な資料として、歴史的にも重要な意味を持っています。

参考文献
* 遠藤お直記念館「遠藤お直と遠藤節」
* 浜松市史編さん委員会「浜松市史」

タイトルとURLをコピーしました