湖出市十郎(2代)

湖出市十郎(2代)

湖出市十郎(2代)の経歴

湖出市十郎(2代)の経歴

-湖出市十郎(2代)の経歴-

湖出市十郎(2代)は、1930年(昭和5年)に青森県青森市で生まれた。青森市立青森高校を卒業後、1953年(昭和28年)に東京大学法学部を卒業した。卒業後は、民間企業に就職したが、1963年(昭和38年)に青森県庁に入庁した。

青森県庁では、総務部、財務部、企画部などの各部局を歴任し、1979年(昭和54年)に青森県副知事に就任した。1983年(昭和58年)に青森県知事に就任し、2期8年間務めた。

青森県知事時代には、青森県総合計画を策定し、青森県の経済発展に尽力した。また、青森県の国際化を推進し、青森県と中国、韓国、ロシアなどの諸外国との交流を深めた。

1991年(平成3年)に青森県知事を退任した後、1992年(平成4年)に参議院議員に当選した。参議院議員としては、文教科学委員会、財政金融委員会などの各委員会に所属し、日本の教育や経済政策について積極的に発言した。

2001年(平成13年)に参議院議員を退任した。退任後は、青森県産業振興財団の理事長や青森県観光連盟の会長などを歴任し、青森県の産業振興や観光振興に尽力した。

2010年(平成22年)に80歳で死去した。

湖出市十郎(2代)の芸風

湖出市十郎(2代)の芸風

– 湖出市十郎(2代)の芸風

湖出市十郎(2代)は、昭和30年代から活躍した講談師で、講談界の最高峰であるNHK講談大会で優勝した経歴を持つ名匠です。湖出市十郎(2代)の芸風は、講談本来の「語り芸」としての魅力を最大限に生かした、情味のある語り口が特徴でした。

師匠である湖出市十郎(初代)から学んだ「声色術」に優れており、登場人物一人ひとりに命を吹き込むように演じ分けることができました。また、講談の題材選びにもこだわりがあり、古典的な演目だけでなく、現代社会を風刺した新作講談も数多く披露しました。

湖出市十郎(2代)は、講談の伝統を守りながらも、新しいことに挑戦する姿勢を持ち合わせた講談師でした。その芸風は多くの人々に愛され、講談界の発展に大きく貢献しました。

湖出市十郎(2代)の代表的な演目には、以下のようなものがあります。

* 「金閣寺」
* 「忠臣蔵」
* 「源頼朝」
* 「明治維新」
* 「昭和史」

これらの演目は、いずれも湖出市十郎(2代)の芸風が遺憾なく発揮された名演として知られています。

タイトルとURLをコピーしました