青山なを – 昭和時代の女性史研究家

青山なを – 昭和時代の女性史研究家

研究内容と業績

研究内容と業績

– 研究内容と業績

青山なおは、昭和時代の女性史研究家として広く知られています。彼女の研究内容は、主に明治時代から大正時代にかけての女性に関するものであり、その業績は多岐にわたります。

青山なをが特に力を入れたのは、女性教育に関する研究でした。彼女は、明治維新後に設立された女子校や女学校を調査し、その教育内容やカリキュラムを分析しました。また、女子校や女学校の生徒たちの日記や作文などを収集し、その内容から当時の女性の意識や価値観を明らかにしました。

青山なをのもう一つの大きな研究テーマは、女性労働に関するものでした。彼女は、明治時代から大正時代にかけての女性労働者の就業状況や労働条件を調査し、その実態を明らかにしました。また、女性労働者のストライキやその他の労働運動にも注目し、その意義を解き明かしました。

青山なをの研究は、昭和時代の女性史研究に大きな影響を与えました。彼女は、女性史研究の新たな分野を開拓し、その研究方法論を確立しました。また、青山なをの研究は、女性の社会的地位向上に貢献し、女性の権利意識を高める役割を果たしました。

青山なをの代表的な著書には、以下のようなものがあります。

* 『近代日本女性史研究』(1935年)
* 『日本の女性労働者』(1938年)
* 『明治大正の女性教育』(1949年)
* 『女性史研究の歩み』(1966年)

青山なおは、1974年に74歳で亡くなりましたが、彼女の研究は現在でも高く評価されており、多くの研究者に影響を与えています。

青山なを記念基金

青山なを記念基金

-青山なを記念基金-

青山なを記念基金は、青山なを氏の功績を称え、女性史研究の発展に寄与することを目的として1997年に設立された。

青山なを氏は、1929年に東京に生まれ、1951年に東京女子大学を卒業。その後、東京教育大学大学院に進学し、日本史を専攻した。卒業後、お茶の水女子大学助教授、教授を歴任。1989年に定年退職した。

青山氏は、女性史研究の第一人者として知られ、多数の著作を発表している。その代表作には、『日本女性史』(1975年)、『日本の女性たち』(1982年)、『女性史への招待』(1991年)などがある。これらの著作は、いずれも女性史研究の視点から日本の歴史を捉え直し、女性の歴史を明らかにしたものである。

青山氏は、女性史研究の発展に貢献した功績が認められ、1992年に紫綬褒章を受章した。また、1995年には、日本女性史学会から女性史研究大賞を受賞した。

青山なを記念基金は、青山氏の遺志を継ぎ、女性史研究の振興と発展に寄与することを目的としている。この基金は、女性史研究の奨励金や補助金の支給、女性史研究に関するシンポジウムや講演会の開催、女性史研究に関する資料の収集・保管・公開などを行っている。

青山なを記念基金は、女性史研究の振興と発展に大きく寄与しており、今後も女性史研究の発展のために重要な役割を果たすことが期待されている。

生涯と出身地

生涯と出身地

-青山なを – 昭和時代の女性史研究家-

-生涯と出身地-

青山なを(1897-1979)は、20世紀の日本を代表する女性史研究家であり、女性解放運動のパイオニアです。

青山なおは1897年1月15日、現在の東京都港区芝に生まれました。父は青山胤通、母は青山トミです。胤通は衆議院議員や文部大臣を務めた政治家で、トミは歌人の水野葉舟の娘でした。

青山なおは、東京高等師範学校女子部国文科を卒業後、1922年に日本女子大学に奉職しました。日本女子大学では英文学を教えながら、女性の歴史を研究し始めました。

1935年に青山なおは『日本女性史』を出版しました。これは日本の女性の歴史を初めて体系的にまとめた本であり、大きな反響を呼びました。青山なおはその後も、女性史の研究を続け、1950年に『日本女性史研究』を、1955年に『女性史叢書』を出版しました。

青山なおはまた、女性解放運動にも積極的に参加しました。1920年には、女性参政権を求めるデモに参加し、1921年には、女性労働者のための団体を結成しました。戦後も、青山なおは女性解放運動を続け、1946年には、女性解放同盟を結成し、初代会長に就任しました。

青山なおは1979年1月25日に死去しました。享年82歳でした。青山なおは、日本の女性史研究の草分けであり、女性解放運動のパイオニアとして、その功績を称えられています。

タイトルとURLをコピーしました