お梅の方(1):徳川家康の側室の悲劇的な人生

お梅の方(1):徳川家康の側室の悲劇的な人生

お梅の方とは

お梅の方とは

-お梅の方とは-

お梅の方は、江戸幕府の初代将軍徳川家康の側室の一人である。1573年に生まれ、1590年に家康の側室となった。お梅の方は、家康との間に3人の娘を産んだ。しかし、その3人の娘は全員幼くして亡くなってしまった。
お梅の方は、3人の娘が亡くなった後も家康の側室であり続けた。しかし、1613年に家康が亡くなると、お梅の方は江戸城を退去させられた。その後、お梅の方は各地を放浪する生活を送り、1640年に68歳で亡くなった。

お梅の方は、悲劇的な人生を送ったと言われている。3人の娘を幼くして亡くし、夫の家康も亡くなった。そして、江戸城を追放され、放浪生活を送らなければならなかった。しかし、お梅の方はそれでも最後まで強く生き抜いた。その強さは、多くの人の心を打っている。

お梅の方の生涯

お梅の方の生涯

お梅の方の生涯

お梅の方(1566年~1626年)は、徳川家康の側室で、徳川忠長の生母である。
本名は、お梅。竹千代丸、または駒姫と呼ばれていた。伊賀国上野城城主・藤堂高虎の娘として生まれる。姉は松平忠吉の正室・於亀の方。

1571年、藤堂高虎が家康に仕えたことから、お梅の方は家康の側室となる。二人は忠長、亀姫、千姫の3子をもうけた。お梅の方の性格は、温厚で慎み深く、家康や他の側室たちとの関係も良好だった。

1605年、家康が将軍になると、お梅の方は御台所御用取次を務め、将軍家の北政所(家康の正室・築山殿)を支えた。お梅の方は、家康の寵愛を受け、江戸城内では大きな権限を持っていた。

しかし、1616年、お梅の方は甲斐国甲府城に幽閉されてしまう。その理由は、家康の死後に忠長が将軍職を継いだことにある。忠長は、家康の血を引く正室の子ではなく、側室の子である。そのため、大久保忠隣ら譜代の家臣たちは、忠長が将軍になることを快く思っていなかった。

忠長は、将軍事として能力がなく、酒や女色に溺れるなど、素行も悪かった。大久保忠隣らは、忠長の暴挙を理由に、お梅の方を幽閉することで、忠長の将軍職を廃する計画を立てた。

1617年、忠長は将軍職を廃され、高野山に配流される。お梅の方は、幽閉先の甲府城で密かに息子の忠長と面会した。二人は、涙ながらに別れを告げた。

1626年、お梅の方は甲府城で死去した。享年61歳だった。お梅の方は、最後まで忠長のことを案じていたという。

お梅の方の最期

お梅の方の最期

-# お梅の方の最期

お梅の方の最期は、さまざまな説がある。一説によると、家康の死後、彼女は徳川家から追放され、流浪の果てに悲惨な死を遂げたという。また別の説によると、彼女は家康の死後、剃髪して尼となり、余生を過ごしたという。

どちらの説も、お梅の方の悲劇的な人生を物語っている。彼女は、家康の愛妾として輝かしい人生を送ったが、家康の死後は、その栄光は一気に失われてしまった。彼女は、家康の死後、徳川家から追放され、流浪の果てに悲惨な死を遂げたという説も、彼女の悲劇的な人生を物語っている。

いずれの説にしても、お梅の方の死は、徳川家康の死後、徳川家の権力が安定するまでの混乱期を象徴している。お梅の方の死は、徳川家にとって、一つの時代の終わりを告げる出来事であった。

タイトルとURLをコピーしました