大中臣諸魚 – 奈良・平安時代前期の公卿と神職

大中臣諸魚 – 奈良・平安時代前期の公卿と神職

大中臣諸魚の生涯と業績

大中臣諸魚の生涯と業績

-大中臣諸魚の生涯と業績-

大中臣諸魚(685-753)は、奈良・平安時代前期に活躍した公卿と神職です。中臣氏の一族であり、父は中臣意美麻呂、母は蘇我倉麻呂の娘の河内比羅夫です。幼少の頃に父を亡くし、伯父の久礼麻呂に育てられました。

諸魚は、702年に18歳で従五位下に叙爵され、翌703年に左兵衛督に任命されました。その後、706年に右中弁に、708年に左中弁に任命されました。

諸魚は、710年に正五位上に叙爵され、翌711年に左大弁に任命されました。713年には参議に任命され、714年には従四位下に叙爵されました。

諸魚は、715年に出雲国造に任命され、716年には神祇伯に任命されました。718年には正四位下に叙爵され、翌719年には右大弁に任命されました。

諸魚は、720年に従三位に叙爵され、721年には左大臣に任命されました。722年には正三位に叙爵され、723年には中納言に任命されました。

諸魚は、724年に大納言に任命され、725年には正二位に叙爵されました。726年には太政大臣に任命され、727年には従一位に叙爵されました。

諸魚は、728年に神祇伯に任命され、731年には正一位に叙爵されました。732年には左大臣に任命され、733年には太政大臣に任命されました。

諸魚は、735年に皇太子に任命され、736年には即位して孝謙天皇となりました。孝謙天皇は、749年に譲位して淳仁天皇となり、諸魚は再び太政大臣に任命されました。

諸魚は、753年に薨去し、正一位の位階を追贈されました。

諸魚は、奈良・平安時代前期を代表する公卿と神職であり、その生涯は波瀾万丈でした。また、諸魚は、神祇伯として神道の復興に努め、左大臣や太政大臣として国家の政務を司りました。

大中臣諸魚の子孫と系譜

大中臣諸魚の子孫と系譜

-大中臣諸魚の子孫と系譜-

大中臣諸魚には、少なくとも10人の息子と5人の娘がいたと言われています。息子のうち、3人は正五位下まで昇進し、2人は従五位下まで昇進しました。娘のうち、2人は朝廷の女官になりました。

諸魚の長男である大中臣諸雄(もろお)は、光仁天皇の治世に正五位下まで昇進し、大宰少弐を務めました。諸雄の長男である大中臣諸統(もろむね)は、桓武天皇の治世に正五位下まで昇進し、弾正尹を務めました。諸統の長男である大中臣諸風(もろかぜ)は、嵯峨天皇の治世に正五位下まで昇進し、左京大夫を務めました。

諸魚の次男である大中臣諸守(もろもり)は、桓武天皇の治世に正五位下まで昇進し、近衛中将を務めました。諸守の長男である大中臣諸重(もろしげ)は、仁明天皇の治世に正五位下まで昇進し、参議を務めました。諸重の長男である大中臣諸道(もろみち)は、文徳天皇の治世に正五位下まで昇進し、参議を務めました。

諸魚の三男である大中臣諸国(もろくに)は、桓武天皇の治世に従五位下まで昇進し、右京亮を務めました。諸国の長男である大中臣諸継(もろつぐ)は、文徳天皇の治世に正五位下まで昇進し、弾正尹を務めました。諸継の長男である大中臣諸行(もろゆき)は、光孝天皇の治世に正五位下まで昇進し、左京大夫を務めました。

諸魚の四男である大中臣諸成(もろなり)は、嵯峨天皇の治世に正五位下まで昇進し、讃岐守を務めました。諸成の長男である大中臣諸高(もろたか)は、光孝天皇の治世に正五位下まで昇進し、右兵衛督を務めました。

諸魚の五男である大中臣諸道(もろみち)は、仁明天皇の治世に正五位下まで昇進し、右京大夫を務めました。諸道の長男である大中臣諸経(もろつね)は、清和天皇の治世に正五位下まで昇進し、右京大夫を務めました。

諸魚の六男である大中臣諸業(もろなり)は、光孝天皇の治世に正五位下まで昇進し、丹波守を務めました。諸業の長男である大中臣諸清(もろきよ)は、醍醐天皇の治世に正五位下まで昇進し、右京大夫を務めました。

諸魚の七男である大中臣諸貞(もろさだ)は、光孝天皇の治世に正五位下まで昇進し、下野守を務めました。諸貞の長男である大中臣諸茂(もろしげ)は、宇多天皇の治世に正五位下まで昇進し、大宰少弐を務めました。

諸魚の八男である大中臣諸直(もろなお)は、光孝天皇の治世に正五位下まで昇進し、右京大夫を務めました。諸直の長男である大中臣諸兼(もろかね)は、醍醐天皇の治世に正五位下まで昇進し、大宰少弐を務めました。

諸魚の九男である大中臣諸幸(もろゆき)は、清和天皇の治世に正五位下まで昇進し、右京大夫を務めました。諸幸の長男である大中臣諸俊(もろとし)は、宇多天皇の治世に正五位下まで昇進し、大宰少弐を務めました。

諸魚の十男である大中臣諸頼(もろより)は、宇多天皇の治世に正五位下まで昇進し、近衛中将を務めました。諸頼の長男である大中臣諸長(もろなが)は、醍醐天皇の治世に正五位下まで昇進し、右京大夫を務めました。

諸魚の娘のうち、大中臣諸子(もろこ)は、桓武天皇の後宮となって式部卿を務めました。大中臣諸枝(もろえ)は、嵯峨天皇の後宮となって尚侍を務めました。

大中臣諸魚と神祇伯の職

大中臣諸魚と神祇伯の職

-大中臣諸魚と神祇伯の職-

大中臣諸魚は、奈良時代後期から平安時代前期にかけて活躍した公卿であり、神職でもあります。神祇伯の職は、神祇に関わる諸事を統轄する職であり、諸魚はその神祇伯として重要な役割を果たしました。

諸魚は、八世紀後半に神祇伯に任命されました。その頃、日本では仏教が急速に広まり、神道との間で争いが起こっていました。諸魚は、神道の復興と保護のために尽力し、神道と仏教の融和を図りました。

諸魚は、神祇伯として、神祇に関わる様々な儀式や祭祀を執行しました。また、神社や寺院の建立や修理にも携わりました。諸魚は、神祇伯として、神道と仏教の融和に努め、神道復興に重要な役割を果たしました。

諸魚は、神祇伯として活躍しただけでなく、公卿としても活躍しました。諸魚は、右大臣や左大臣などの高官を歴任し、朝廷の政務に携わりました。諸魚は、公卿として、国家の運営に尽力し、平安時代の政治に重要な役割を果たしました。

諸魚は、神祇伯と公卿として活躍しただけでなく、学者としても活躍しました。諸魚は、神道や仏教に関する多くの著作を残しており、その学識は高く評価されていました。諸魚は、学者として、神道と仏教の発展に貢献し、日本の文化に重要な役割を果たしました。

諸魚は、奈良時代後期から平安時代前期にかけて活躍した公卿であり、神職でもあります。神祇伯として神道復興に尽力し、公卿として朝廷の政務に携わり、学者として神道と仏教の発展に貢献しました。諸魚は、日本の歴史上重要な人物であり、その業績は今日でも高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました