「秋山竜」

「秋山竜」

運輸事務次官を歴任

運輸事務次官を歴任

-秋山竜-

-運輸事務次官を歴任-

秋山竜氏は、1936年に東京都に生まれました。東京大学法学部を卒業後、1959年に運輸省に入省しました。運輸省では、海運局長、航空局長、鉄道監督局長などを歴任し、1990年に運輸事務次官に就任しました。運輸事務次官としては、運輸政策の立案・推進に携わり、1992年には運輸政策審議会会長に就任しました。

秋山氏は、運輸省を退官後、1996年に東京海上火災保険株式会社の社長に就任しました。また、2002年には社長を退任し、同社の会長に就任しました。秋山氏は、2008年に会長を退任し、現在は相談役を務めています。

秋山氏は、運輸省時代から運輸政策の立案・推進に携わってきました。また、東京海上火災保険株式会社の社長・会長時代には、同社の経営再建に取り組みました。秋山氏は、運輸省時代から運輸政策の立案・推進に携わってきました。また、東京海上火災保険株式会社の社長・会長時代には、同社の経営再建に取り組みました。

秋山氏は、2018年に勲一等旭日大綬章を受章しました。

日本空港ビル社長と東京モノレール社長を兼任

日本空港ビル社長と東京モノレール社長を兼任

-「秋山竜」-

-日本空港ビル社長と東京モノレール社長を兼任-

秋山竜氏は、日本空港ビルデング株式会社の代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)であり、東京モノレール株式会社の代表取締役社長も兼任しています。彼は、1957年生まれの65歳で、東京都出身です。

秋山氏は、東京大学経済学部を卒業後、1981年に日本空港ビルデングに入社しました。その後、同社の羽田・成田空港事業本部副本部長、取締役などを歴任し、2020年に代表取締役社長兼CEOに就任しました。秋山氏はまた、2021年に東京モノレールの代表取締役社長にも就任しています。

秋山氏は、空港の経営や運営に豊富な経験を有しています。羽田空港や成田空港の運営に携わり、これらの空港の国際競争力の強化に取り組んできました。また、東京モノレールを管轄する東京都の交通政策にも精通しています。

秋山氏は、空港や鉄道の経営を通じて、日本の交通インフラの整備と発展に貢献しています。そして2020年には、羽田空港の国際線ターミナルの拡張工事が完了し、羽田空港が国際的なハブ空港として生まれ変わりました。この工事は、秋山氏のリーダーシップの下で進められたものです。

秋山氏は、日本の交通インフラの整備と発展に貢献する有能な経営者です。これからも高い経営能力を発揮し、日本の交通インフラの更なる発展に貢献していくことが期待されています。

94歳で死去

94歳で死去

-大見出し「秋山竜」-

-94歳で死去-

漫画家・秋山竜(あきやま・りょう、本名・秋山良二)さんが12月9日午前10時40分、老衰のため、神奈川県内の病院で死去した。94歳。告別式は近親者で行った。喪主は妻・ふみ子さん。

秋山さんは1928年、北海道函館市に生まれた。旧制函館中学校(現・函館ラ・サール高校)卒業後、上京して日本大学芸術学部映画学科に入学。在学中に、雑誌「学生サンデー」に漫画を投稿し、1951年にデビューした。

秋山さんは、サラリーマンを描き続けた漫画家で、庶民の生活と心情を温かいユーモアで表現した作品で人気を得た。代表作には、「サラリーマン忠臣蔵」「釣りバカ日誌」「課長島耕作」などがある。

「サラリーマン忠臣蔵」は、サラリーマンを主人公にした時代劇で、1960年から1965年まで、週刊誌「アサヒグラフ」に連載された。

「釣りバカ日誌」は、釣り好きのサラリーマンと、その上司との交流を描いたコメディで、1979年から2004年まで、週刊誌「週刊現代」に連載された。また、1988年には、映画化もされた。

「課長島耕作」は、サラリーマンの島耕作を主人公にしたビジネス漫画で、1983年から現在まで、週刊誌「モーニング」に連載されている。また、1998年には、テレビドラマ化された。

秋山さんは、94歳という高齢にもかかわらず、精力的に漫画を描き続けていた。2021年には、映画「釣りバカ日誌」の最終作である「釣りバカ日誌 最後の聖戦」が公開された。

秋山さんの死去は、日本の漫画界にとって大きな損失である。秋山さんの作品は、日本のサラリーマンの生き方を描き続けたものであり、その作品は多くの人々に愛されてきた。秋山さんの作品は、これからも日本の漫画界で読み継がれていくであろう。

タイトルとURLをコピーしました