– 「コワルスキ」

– 「コワルスキ」

京都と大阪の軍政部長

京都と大阪の軍政部長

-「コワルスキ」-

-京都と大阪の軍政部長-

マッカーサーの指令のもと、日本の占領政策を具体化していく機関として、連合国最高司令官総司令部(GHQ)が設立されました。GHQは、その下に総司令部参謀部を設置し、参謀部の下には、民政部、経済科学部、軍政部などの部局が置かれました。

軍政部は、日本の地方行政を監督し、軍政担当の軍人を各地方に派遣して、日本の官吏を指導監督しました。京都と大阪の軍政部長として派遣されたのは、ジョン・コワルスキ少将でした。

コワルスキは、1910年にアメリカ陸軍に入隊し、第一次世界大戦でヨーロッパ戦線で活躍しました。戦後、彼は陸軍大学校を卒業し、その後、1941年に太平洋戦争が勃発すると、太平洋戦線に派遣されました。

コワルスキは、太平洋戦争中に、フィリピンで日本軍と戦い、負傷しました。しかし、彼は怪我を克服して復帰し、1945年に京都と大阪の軍政部長に任命されました。

コワルスキは、京都と大阪で、日本の官吏と協力して、治安維持や食糧配給など、様々な問題に取り組みました。また、彼は、日本の教育制度や社会制度の改革にも尽力しました。

コワルスキは、1948年に京都と大阪の軍政部長を退任し、アメリカに帰国しました。その後、彼は、陸軍省に入り、1952年に少将で退役しました。

コワルスキは、日本占領期に、日本の民主化と近代化に貢献した功績を残しました。

警察予備隊創設の指導者

警察予備隊創設の指導者

-「コワルスキ」-

-警察予備隊創設の指導者-

コワルスキとは、1946年に創設された日本の警察予備隊における初代総監であった。彼は警察官としても軍人としても、豊富な経験と知識を持っていた人物であり、警察予備隊の創設にあたり、その指導者として重要な役割を果たした。

コワルスキは、1896年に東京に生まれた。陸軍士官学校を卒業後、陸軍に入隊し、日露戦争や第一次世界大戦に従軍した。戦後は警察官となり、警視総監まで昇進した。1945年、第二次世界大戦が終結すると、GHQ(連合軍総司令部)から警察予備隊の創設を指示された。コワルスキは、この指示を受け、警察予備隊の創設に当たり、その初代総監となった。

警察予備隊は、日本の警察組織の一部として、治安維持や災害救助を任務とする組織であった。コワルスキは、警察予備隊を組織し、訓練を実施し、装備を整えるなど、その創設に尽力した。また、警察予備隊の規律を厳しくし、その士気を高めることに努めた。

コワルスキの努力により、警察予備隊は、日本の治安維持や災害救助に大きな役割を果たすようになった。また、警察予備隊は、1950年に保安隊に改組され、1954年には自衛隊に改編された。自衛隊は、日本の防衛を担う組織として、現在も活躍している。

コワルスキは、警察予備隊の創設にあたり、その指導者として大きな役割を果たした人物である。彼は、警察官としても軍人としても、豊富な経験と知識を持っていた人物であり、その能力を遺憾なく発揮して、警察予備隊を組織し、その発展に貢献した。

下院議員としての活躍

下院議員としての活躍

-下院議員としての活躍-

1955年 イリノイ州第12区連邦下院議員に当選。 

1957年、イリノイ州第11区連邦下院議員に再選。

2期目には、下院銀行・通貨委員会の委員を務めた。そして通貨管理法案に特に注力した。

1959年、同区での民主党予備選で敗退した。

1960年、シカゴ市議会議員に立候補したが落選した。

1962年、同区の衆議院議員補欠選挙で当選し、3期目の議員任期を開始した。

1964年、同区での民主党予備選で再選。

3期目には、下院銀行・通貨委員会の委員長を務めた。

1966年、イリノイ州第4区連邦下院議員に立候補し、当選。

1968年に再選。

1970年に同区での民主党予備選で敗退。

1972年、再度同区の衆議院議員補欠選挙で当選し、5期目を務めた。

1974年に再選。

1976年、同区での民主党予備選で敗退し、引退。

下院議員在職中に、以下の法案を提出した。

・都市開発法案
・経済開発法案
・教育費補助金法案
・医療保険法案
・福祉改革法案
・移民法改正案
・環境保護法案

これらの法案のうち、一部は議会で可決され、法律となった。

コワルスキ氏は、下院議員として、以下のような活動を行った。

・都市開発委員会の委員長を務めた。
・下院の多数党院内総務を務めた。
・下院議員選挙委員会の委員長を務めた。
・下院予算委員会の委員を務めた。
・下院司法委員会の委員を務めた。
・下院科学技術委員会の委員を務めた。

これらの活動を通じて、コワルスキ氏は、アメリカ合衆国の政治や社会に大きな影響を与えた。

タイトルとURLをコピーしました