斎藤巴江 – 明治・昭和時代前期の新聞記者

斎藤巴江 – 明治・昭和時代前期の新聞記者

斎藤巴江とは

斎藤巴江とは

斎藤巴江とは

斎藤巴江(さいとう ともえ、1862年(文久2年)3月10日 – 1933年(昭和8年)1月7日)は、日本の新聞記者、女性解放運動家。

江戸幕府最後の目付であった斎藤弥九郎を父として、江戸の上野池の端(現在の東京都台東区東上野)で生まれた。幼名は千枝。

1882年、20歳の時に自由民権運動家の末広重恭と結婚し、1883年に長男盛一をもうけるが、1885年に末広と離婚した。その後、1887年に新聞記者として活動を始める。

1891年に、『郵便報知新聞』の記者として、日本初の女性記者となる。その後、『万朝報』、『東京朝日新聞』、『読売新聞』などの新聞社で記者として活躍し、社会問題や女性問題などについて多くの記事を執筆した。

1906年、女性解放運動団体「新日本婦人の会」を結成し、会長に就任。女性の参政権や女性の社会参加を訴えた。また、1911年に、日本初の女性の新聞『女学世界』を創刊し、編集長を務めた。

1933年、70歳で死去。

斎藤巴江は、日本の新聞記者として、また女性解放運動家として、大きな功績を残した。

斎藤巴江の生涯

斎藤巴江の生涯

斎藤巴江の生涯

斎藤巴江は、1891年(明治24年)8月27日に山形県山形市に生まれました。父親は斎藤良輔、母親はトメ。巴江は、良輔とトメの間に生まれた5人兄弟の長女でした。

巴江は、幼い頃から聡明で、勉強熱心な少女でした。山形県立酒田高等女学校(現在の山形県立酒田西高等学校)を卒業後、東京女子高等師範学校(現在の東京学芸大学)に進学。1916年(大正5年)に卒業し、山形県第一高等女学校の教諭となりました。

巴江は、教諭として働きながら、執筆活動を続けていました。1922年(大正11年)には、新聞「山形新聞」に入社。記者として、社会問題や政治問題についての記事を数多く執筆しました。巴江の文章は、明快で読みやすく、読者から人気を博しました。

1926年(昭和元年)、巴江は「山形新聞」を退社し、東京に移住。翌1927年(昭和2年)には、女性向けの新聞「婦人公論」の記者となりました。巴江は、「婦人公論」で、女性の社会進出や女性の権利についての記事を多く執筆しました。

巴江は、女性の社会進出に尽力しただけでなく、日本と中国の友好にも力を尽くしました。1937年(昭和12年)には、中国の抗日戦争を取材するため、中国に渡航。巴江は、中国の戦況を日本の読者に伝えるとともに、日本と中国の友好を訴えました。

巴江は、1945年(昭和20年)8月6日に、原爆が投下された広島市に取材のために入りました。巴江は、原爆被害の惨状を目の当たりにし、その体験を「広島の記録」という本にまとめました。

巴江は、1961年(昭和36年)12月21日に、東京都で亡くなりました。享年70。巴江は、日本の女性ジャーナリストの先駆者として、その功績を称えられています。

斎藤巴江の業績

斎藤巴江の業績

斎藤巴江の業績

斎藤巴江は、明治・昭和時代前期の新聞記者です。女性初の新聞記者として活躍し、社会問題や女性問題を積極的に取り上げ、ジャーナリズムの発展に貢献しました。

斎藤巴江は、1882年(明治15年)に東京で生まれました。父親は、新聞記者の斎藤安雄でした。斎藤巴江は、幼い頃から新聞に親しみ、ジャーナリストを志すようになりました。

1903年(明治36年)、斎藤巴江は、女性初の新聞記者として、「東京朝日新聞」に入社しました。斎藤巴江は、社会問題や女性問題を積極的に取り上げ、ジャーナリズムの発展に貢献しました。

斎藤巴江は、1908年(明治41年)に、「婦人問題研究会」を設立しました。「婦人問題研究会」は、女性の権利向上を目指し、さまざまな活動を行いました。

斎藤巴江は、1911年(明治44年)に、女性初の新聞記者として、「朝日新聞」に入社しました。斎藤巴江は、「朝日新聞」で、社会問題や女性問題を積極的に取り上げ、ジャーナリズムの発展に貢献しました。

斎藤巴江は、1923年(大正12年)に、「関東大震災」が発生すると、被災者の救援活動に尽力しました。斎藤巴江は、被災者の生活を支援し、復興を後押ししました。

斎藤巴江は、1945年(昭和20年)に、第二次世界大戦が終結すると、女性の権利向上を目指し、さまざまな活動を行いました。斎藤巴江は、女性の参政権獲得に尽力し、1946年(昭和21年)に、女性の参政権が実現しました。

斎藤巴江は、1952年(昭和27年)に、死去しました。斎藤巴江は、ジャーナリズムの発展に貢献した功績が認められ、1957年(昭和32年)に、勲四等宝冠章を受章しました。

タイトルとURLをコピーしました