人名辞典-「雲扇」

人名辞典-「雲扇」

井上雲扇の人物像・略歴

井上雲扇の人物像・略歴

-井上雲扇の人物像・略歴-

井上雲扇(1886年-1938年)は、日本の実業家、政治家である。島根県出身。衆議院議員を8期務めた。

雲扇は、1886年(明治19年)に島根県に生まれた。1911年(明治44年)に早稲田大学を卒業し、新聞記者として働いた。1915年(大正4年)に政界入りし、衆議院議員に当選した。雲扇は、立憲政友会に所属し、逓信大臣、文部大臣、商工大臣などを歴任した。

雲扇は、日本の近代化に貢献した人物である。雲扇は、鉄道や道路の建設、電気やガスなどのインフラの整備、医療や教育の充実などに尽力した。また、雲扇は、労働者の権利の向上や社会保障制度の充実にも取り組んだ。

雲扇は、1938年(昭和13年)に死去した。享年52。雲扇は、日本の近代化に貢献した人物として、現在も高く評価されている。

-井上雲扇の功績-

井上雲扇は、日本の近代化に貢献した人物である。雲扇の功績は、以下の通りである。

* 鉄道や道路の建設、電気やガスなどのインフラの整備、医療や教育の充実などに尽力した。
* 労働者の権利の向上や社会保障制度の充実にも取り組んだ。
* 第一次世界大戦後の日本の経済復興に貢献した。
* 日本の国際的地位の向上に貢献した。

雲扇は、日本の近代化に貢献した人物として、現在も高く評価されている。

井上雲扇の功績

井上雲扇の功績

-井上雲扇の功績-

井上雲扇(いのうえうんせん、1845年 – 1915年)は、日本の政治家、教育者。衆議院議員、京都府知事、東京市長などを歴任した。

井上雲扇は、1845年に京都で生まれた。幼名は定次郎。1869年に京都府の役人となり、明治維新後も引き続き京都府の役人として活躍した。1881年に京都府会議員に当選し、1886年には衆議院議員に当選した。1894年に京都府知事に就任し、1906年には東京市長に就任した。

井上雲扇は、京都府知事として、京都の近代化に尽力した。1895年に京都市電を開通させ、1897年には京都府庁舎を建設した。また、1903年には京都帝国大学を設立した。

井上雲扇は、東京市長として、東京の近代化に尽力した。1907年に東京市水道局を設置し、1908年には東京市電を市営化した。また、1911年には東京市政調査会を設置し、東京の都市計画を策定した。

井上雲扇は、1915年に死去した。享年70。

井上雲扇は、京都と東京の近代化に尽力した政治家、教育者である。その功績は今日でも高く評価されている。

井上雲扇のゆかりの地

井上雲扇のゆかりの地

井上雲扇のゆかりの地

井上雲扇は、1843年(天保14年)に備中松山藩(現在の岡山県高梁市)に生まれた浮世絵師です。本名は井上正直で、雲扇は号です。歌川国芳に入門し、浮世絵の制作を開始しました。雲扇は、美人画や役者絵、風景画など、幅広いジャンルの浮世絵を制作しました。特に、美人画は高く評価され、多くの作品を残しています。

雲扇は、1873年(明治6年)に東京に移住しました。東京では、浮世絵の制作を続けながら、洋画の技法も学びました。雲扇の作品は、国内外で高く評価され、多くの展覧会に出品されました。1891年(明治24年)には、明治美術会を結成し、日本の美術界の発展に貢献しました。

雲扇は、1896年(明治29年)に、東京で亡くなりました。享年54。雲扇は、浮世絵の近代化に貢献した偉大な画家であり、その作品は現在でも多くの人々に愛されています。

井上雲扇ゆかりの地

井上雲扇が生まれた備中松山藩には、雲扇のゆかりの地がいくつか残されています。

・井上雲扇生家跡雲扇が生まれた家は、高梁市内の閑静な住宅街にあります。現在は、跡地には石碑が建てられています。

・井上雲扇記念館高梁市にある雲扇の記念館です。雲扇の作品や資料を展示しています。

・雲扇公園高梁市にある公園です。公園内には、雲扇の銅像が設置されています。

井上雲扇ゆかりの地を訪れることで、雲扇の人となりや作品について、より深く知ることができます。

タイトルとURLをコピーしました