連続殺人犯・大久保清の生涯と事件

連続殺人犯・大久保清の生涯と事件

大久保清とはどのような人物だったのか?

大久保清とはどのような人物だったのか?

大久保清の生涯と事件

大久保清とはどのような人物だったのか?

大久保清は、1935年12月10日に長野県で生まれた。彼は幼い頃から内向的で引っ込み思案な性格であり、学校ではいじめられていたという。また、彼は成績も悪く、16歳の時に高校を中退している。

中退後は、大久保は工場や建設現場などで働きながら生活していた。しかし、彼は仕事も長続きせず、ギャンブルや酒に依存するようになっていった。また、彼は借金も重ね、やがてはヤミ金融に手を出してしまう。

ヤミ金融から借金を重ねた大久保は、最終的には返済できなくなってしまう。そして、1971年に彼はヤミ金融の社長を殺害し、その金を奪って逃亡した。

大久保は逃亡後、各地を転々としながら生活していた。そして、1973年には埼玉県で女性を殺害する事件を起こし、その後も次々と女性を殺害していった。大久保は、最終的には1975年に逮捕されるまでに6人を殺害している。

大久保は逮捕後、裁判で死刑判決を受け、1979年に刑が執行された。

大久保は、冷酷で残忍な連続殺人犯として知られている。彼は、殺害した女性の遺体をバラバラに切断し、その一部を食べるという猟奇的な行為を行っていた。また、彼は殺害した女性の遺体を自宅の仏壇に安置し、それを拝んでいたという。

大久保の犯行は、当時の社会に大きな衝撃を与えた。また、彼の犯行は、それ以降の連続殺人事件に大きな影響を与えている。

大久保清が犯した連続殺人事件とは?

大久保清が犯した連続殺人事件とは?

大久保清が犯した連続殺人事件とは?

大久保清は、1971年から1974年にかけ、東京、神奈川、千葉、埼玉の4都県にまたがり、計8人を殺害した連続殺人犯です。殺害方法は絞殺や扼殺のほか、殴打や刺殺など多岐にわたっており、その残忍さと計画性から「悪魔の外科医」や「東京の切り裂きジャック」とも呼ばれました。

大久保清が犯した連続殺人事件は、1971年12月20日に東京都世田谷区で発生した女性殺害事件を皮切りに、翌1972年1月12日に神奈川県川崎市で、1月17日に埼玉県川越市で、1月24日に東京都渋谷区で、2月2日に千葉県市川市で、2月9日に東京都三鷹市で、2月16日に東京都港区で、3月22日に東京都世田谷区で、それぞれ女性を殺害しています。

大久保清は、これらの事件でいずれも女性を対象に、絞殺や扼殺といった直接的な殺害方法を用いて犯行に及んでいます。また、大久保清は犯行現場に被害者の下着やアクセサリーを残すなど、挑発的な犯行を行うことも特徴的でした。

大久保清の連続殺人事件は、その残忍さと計画性から大きな社会問題となり、警察は全国に指名手配を出し、捜査に全力を挙げていました。そして、1974年3月22日に、大久保清は東京都世田谷区の路上で逮捕されました。逮捕後の取り調べで大久保清は、8件の連続殺人事件に関与したことを自供し、1976年に死刑判決が下され、1983年に刑が執行されました。

大久保清に下された判決とは?

大久保清に下された判決とは?

-大久保清に下された判決とは?-

連続殺人犯・大久保清は、1971年から1973年にかけて、東京都と神奈川県で4人の女性を殺害し、強姦致死罪と殺人罪で起訴された。

大久保の裁判は、1974年に東京地方裁判所で始まった。裁判では、検察側は大久保の犯行を立証するために、遺体の状況や目撃者の証言などを提出した。大久保は当初、無罪を主張していたが、後に犯行を自供した。

1977年、東京地裁は、大久保清に死刑を言い渡した。大久保は判決を不服として控訴したが、1979年に最高裁判所が上告を棄却し、死刑が確定した。

1984年、大久保清は東京都府中市の拘置所で死刑を執行された。41歳没だった。

大久保清の死刑執行は、日本国内で大きな反響を呼んだ。死刑制度の是非を巡る議論が再燃し、死刑制度の見直しが急務であるという意見も聞かれた。

しかし、死刑制度は、現在も日本の法律で認められている。2020年現在、死刑囚は113人おり、そのうち107人が男性、6人が女性である。

タイトルとURLをコピーしました