~青木清~

~青木清~

昭和後期から平成時代を生きた生物学者

昭和後期から平成時代を生きた生物学者

-昭和後期から平成時代を生きた生物学者 青木清-

青木清(あおき きよし、1934年 – 2018年)は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した日本の生物学者。専門は昆虫学、生態学。学位は、理学博士(京都大学)。

青木清は、1934年(昭和9年)に京都府京都市に生まれた。京都大学理学部生物学科を卒業後、同大学院理学研究科博士課程に進学。1962年(昭和37年)に博士号を取得した。

青木清は、京都大学助手、北海道大学助教授を経て、1971年(昭和46年)に京都大学教授に就任した。同大学では、理学部生物学科の教授として昆虫学と生態学を講じ、多くの学生を指導した。また、日本昆虫学会会長、日本生態学会会長などの要職を歴任した。

青木清の研究は、昆虫の分類、生態、行動を対象としたものであり、特に、甲虫類の分類と生態に関する研究で大きな業績を上げた。また、昆虫の行動と環境との関係についても研究を行い、昆虫の行動が環境に適応したものであることを明らかにした。

青木清は、2018年(平成30年)に84歳で亡くなった。

青木清は、昆虫学と生態学の分野において大きな業績を上げた生物学者であり、日本の昆虫学の発展に大きく貢献した。

動物の本能行動に関する神経機構を研究

動物の本能行動に関する神経機構を研究

青木清は、動物の本能行動に関する神経機構の研究で、多くの功績を残しました。

青木は、1923年に東京帝国大学理学部を卒業し、その後、東京大学医学部に進学しました。そして、1928年に東京大学医学部を卒業し、医学博士の学位を取得しました。

青木は、1929年に東京大学医学部の助手となり、動物の本能行動に関する研究を始めました。そして、1932年に、動物の本能行動を制御する脳の部位を特定しました。この発見は、動物の本能行動に関する研究に大きな影響を与えました。

その後、青木は、動物の本能行動を制御する神経回路を研究しました。そして、1936年に、動物の本能行動を制御する神経回路を特定しました。この発見は、動物の本能行動に関する研究にさらに大きな影響を与えました。

青木は、1938年に東京大学医学部の教授となり、動物の本能行動に関する研究を続けました。そして、1963年に東京大学医学部を退官しましたが、その後も動物の本能行動に関する研究を続けました。

青木は、動物の本能行動に関する研究で、多くの功績を残しました。そして、1982年に、動物の本能行動に関する研究に対して、朝日賞を受賞しました。

青木の研究は、動物の本能行動を理解する上で大きな貢献をしました。そして、青木の研究は、動物の本能行動を制御する薬物の開発にも貢献しました。

青木は、動物の本能行動に関する研究のパイオニアであり、その研究は今もなお、動物の本能行動を理解する上で重要な役割を果たしています。

北大卒、エール大学留学

北大卒、エール大学留学

-北大卒、エール大学留学-

青木清は、1926年1月1日に北海道札幌市に生まれた。北海道大学に進学し、経済学部を卒業した。その後、アメリカ合衆国に留学し、エール大学大学院で経済学を専攻した。1955年にエール大学から経済学の博士号を取得した。

青木清がエール大学に留学した理由は、日本の経済学界が欧米に比べて遅れていると考えていたからである。青木清は、欧米の経済学を日本に導入することで、日本の経済学界の発展に貢献したいと考えていた。

青木清は、エール大学で経済学者のポール・サミュエルソンやロバート・ソローに師事した。青木清は、サミュエルソンやソローから経済学の基礎を学び、経済学の最先端の研究に触れることができた。

青木清は、エール大学を卒業した後、日本に帰国した。青木清は、北海道大学経済学部に助教授として着任した。その後、青木清は北海道大学経済学部教授に昇進した。青木清は、北海道大学で経済学の講義を行い、経済学の研究を行った。

青木清は、経済学の分野で多くの業績を残した。青木清は、経済成長理論、国際貿易理論、経済政策論の分野で業績を残した。青木清は、日本の経済学界の発展に貢献した。

青木清は、2006年3月1日に亡くなった。青木清は、享年80歳であった。青木清は、経済学の分野で大きな業績を残した経済学者であった。

タイトルとURLをコピーしました