から紐解く「竹道」の起源と中島竹道の功績

から紐解く「竹道」の起源と中島竹道の功績

「竹道」の起源と変遷

「竹道」の起源と変遷

「竹道」の起源と変遷

竹道は、竹を用いて心身の鍛錬を行う武道です。竹刀を用いて相手と打ち合う「竹刀打ち」と、竹を操って舞う「竹踊り」の二つから成ります。竹道は、江戸時代に薩摩藩で生まれたとされており、薩摩藩の兵士が竹刀を使って稽古をしていたことが始まりと言われています。

その後、竹道は全国に広がり、明治時代に竹刀打ちと竹踊りが統一されて「竹道」として確立されました。竹道は、昭和初期に中島竹道によってさらに発展し、現代の竹道の基礎が築かれました。

中島竹道は、1881年(明治14年)に鹿児島県に生まれました。中島は幼い頃から武道を学び、1904年(明治37年)に竹道に入門しました。中島は竹道の才能を開花させ、1911年(明治44年)に竹道師範となりました。

中島は竹道の普及に努め、1917年(大正6年)に東京に竹道場を開設しました。中島は竹道の指導にあたり、竹道の技術だけでなく、精神修養の大切さも説きました。中島の指導を受けた竹道家は多く、竹道は全国に広がりました。

中島は竹道の発展に貢献した功績により、1936年(昭和11年)に「竹道範士」の称号を授与されました。中島は1945年(昭和20年)に亡くなりましたが、その功績は竹道界に今も語り継がれています。

中島竹道の功績により、竹道は武道として確立され、全国に広がりました。竹道は現在でも多くの人々に親しまれている武道であり、中島竹道の功績は竹道界の発展に大きく貢献しました。

中島竹道の功績と影響

中島竹道の功績と影響

-中島竹道の功績と影響-

中島竹道は、日本の教育者であり、政治家であり、社会運動家であり、竹道の創始者である。彼の功績は大きく、その影響は現在もなお残っている。

-竹道の創始-

中島竹道は、1875年に兵庫県に生まれた。幼い頃から剣道や柔道を学び、武術の才能を発揮した。1901年に東京高等師範学校を卒業後、兵庫県の小学校で教鞭を執った。しかし、彼は教育制度に不満を持ち、1907年に退職して東京に移住した。

東京では、中島竹道は社会運動に加わり、労働運動や平和運動に参加した。また、彼は武道の研究を続け、1919年に竹刀を使った武道「竹道」を創始した。竹道は、竹刀を使って相手を打つのではなく、竹刀を操作して相手の攻撃をかわしたり、相手の動きを封じたりする武道である。

-教育改革-

中島竹道は、教育者としても大きな功績を残した。1922年に私立明星中学を創設し、1941年に明星大学を創設した。明星中学・大学は、自由主義教育を重視し、多くの優れた人材を輩出した。

-政治活動-

中島竹道は、政治家としても活躍した。1937年に衆議院議員に当選し、1946年には参議院議員に当選した。彼は、教育改革や社会福祉の充実など、多くの政策を推進した。

-中島竹道の影響-

中島竹道は、教育者、政治家、社会運動家、武道家など、さまざまな分野で活躍し、大きな功績を残した。彼の影響は現在もなお残っており、明星大学は日本でも有数の私立大学として知られている。また、竹道は日本だけでなく、海外でも普及しており、多くの人々に愛されている。

「竹道」の現代における意義

「竹道」の現代における意義

「竹道」の現代における意義

竹道は、現代社会においても大きな意義を持ち続けています。まず、竹道は、心身を鍛錬する武道として、多くの人々に愛されています。竹刀を使った稽古は、身体能力の向上や、精神力の強化に役立ちます。また、竹道は、礼儀作法を重んじる武道でもあります。稽古や試合においては、相手を敬い、礼儀正しく接することが求められます。これは、社会生活においても大切なことでしょう。

さらに、竹道は、日本の伝統文化を学ぶ場としても重要です。竹刀や防具の扱い方、稽古や試合の作法など、竹道には日本の伝統文化が色濃く反映されています。竹道を学ぶことは、日本の伝統文化を理解し、継承していくことにつながります。

また、竹道は、国際交流の場としても活躍しています。近年、竹道は海外でも人気が高まっており、世界各国で竹道の大会や講習会が開催されています。竹道を通じて、異なる文化を持った人々と交流し、相互理解を深めることができます。

このように、竹道は、心身を鍛錬する武道として、日本の伝統文化を学ぶ場として、国際交流の場として、現代社会においても大きな意義を持ち続けています。

タイトルとURLをコピーしました