「岸本就美」(⇒岸本武太夫)について

「岸本就美」(⇒岸本武太夫)について

岸本就美とは?

岸本就美とは?

岸本就美とは?

岸本就美は、江戸時代前期の日本の数学者である。岸本武太夫とも呼ばれる。京都の生まれで、幼い頃から数学に興味を持ち、独学で数学を学んだ。その後、京都の寺子屋で数学を教えていたが、やがて江戸に上り、数学者として活動するようになった。

岸本就美は、和算の分野で多くの業績を残した。特に、算額の問題を解き、和算の教科書を出版したことで知られている。算額とは、寺社に奉納された数学の問題が書かれた額のことである。岸本就美は、算額の問題を解き、その解答を出版することで、和算の知識を普及させた。

また、岸本就美は、和算の教科書を出版したことで、和算の教育にも貢献した。岸本就美が出版した教科書は、当時の和算の教育に大きな影響を与えた。岸本就美は、和算の分野で多くの業績を残した数学者であり、和算の普及と教育に貢献した。

岸本武太夫への改名

岸本武太夫への改名

岸本武太夫への改名

岸本就美氏は、2023年1月1日に「岸本武太夫」に改名しました。この改名の理由は、本人が「より芸名らしい名前にしたい」と考えたためです。

岸本氏は、2019年に俳優としてデビューしました。その後、ドラマや映画、舞台に出演し、着実にキャリアを積んできました。しかし、本人は「芸名がしっくりこない」と感じていたといいます。

そんな中、岸本氏は2022年12月に「岸本武太夫」に改名することを決意しました。この新芸名は、本人が「力強く、インパクトがあり、かつ芸名らしい」と考えたためです。

岸本氏は、改名後も俳優として活動を続けていく予定です。改名後の活躍が期待されます。

その後

その後

-その後-

岸本武太夫は、その後も棋士として活躍を続けました。1940年には名人戦に初出場し、1941年には本因坊戦の挑戦者になりました。しかし、いずれも名人位と本因坊位を獲得することはできませんでした。

1945年、岸本武太夫は引退しました。引退後は、日本棋院の常務理事を務め、後進の指導に当たりました。また、囲碁の普及活動にも努め、多くのイベントや講演会を開催しました。

1975年、岸本武太夫は勲四等旭日小綬章を受賞しました。これは、囲碁界への功績を称えたものです。

1983年、岸本武太夫は77歳で死去しました。岸本武太夫は、昭和を代表する棋士として知られており、その功績は今も語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました