白しハル

白しハル

昭和時代後期の社会事業家

昭和時代後期の社会事業家

-小見出し 昭和時代後期の社会事業家-

-白しハル-

白しハルは、昭和時代後期に活躍した社会事業家です。1920年(大正9年)に鳥取県に生まれ、幼少期から貧しい家庭で育ちました。18歳の時に上京し、女工として働きながら夜学に通いました。その後、結婚して主婦となりますが、夫の事業が失敗してしまい、生活に困窮します。

そんな中、白しハルは社会事業に関心を持ち、1950年(昭和25年)に児童福祉施設「白鳩園」を設立しました。白鳩園は、親に育てられない子供たちを預かり、教育や生活指導を行う施設で、白しハルは園長として子供たちの面倒をみました。

白鳩園は、子供たちから「白しハルのお母さん」と呼ばれ、親しまれていました。白しハルは、子供たちの教育に熱心で、勉強だけでなく、音楽やスポーツにも力を入れました。また、白しハルは、子供たちに社会貢献の大切さを教え、ボランティア活動にも積極的に参加しました。

白しハルは、社会事業の分野で数々の功績を残し、1980年(昭和55年)には、勲四等瑞宝章を受章しました。1985年(昭和60年)に永眠するまでの生涯を、社会事業に捧げました。

白しハルの社会事業に対する情熱は、多くの人々に感動を与え、社会問題に対する意識を高めることに貢献しました。白しハルは、昭和時代後期を代表する社会事業家として、今もなお人々の記憶に残り続けています。

刑務所、更生施設、福祉施設を訪れて慰問を行う

刑務所、更生施設、福祉施設を訪れて慰問を行う

大見出し白しハル

小見出し刑務所、更生施設、福祉施設を訪れて慰問を行う

ハルさんは、刑務所、更生施設、福祉施設を訪れて慰問を行うボランティア団体「白しハル」の代表を務めています。ハルさんは、刑務所では受刑者と面談し、更生に向けた支援を行っています。更生施設では、入所者と交流し、社会復帰に向けたサポートを行っています。福祉施設では、利用者と触れ合い、生活の支援を行っています。

ハルさんは、慰問活動を通して、受刑者や入所者、利用者と真摯に向き合い、彼らの悩みや苦しみを理解するよう努めています。また、行政や民間団体と協力して、受刑者や入所者、利用者への支援体制の充実を目指しています。

ハルさんの慰問活動は、受刑者や入所者、利用者から大きな感謝を集めています。ハルさんは、彼らの希望の光となり、更生や社会復帰を後押しする存在となっています。

ある日、ハルさんは刑務所を訪れていました。面談した受刑者は、20代の男性でした。男性は、3年前に強盗罪で逮捕され、懲役5年の刑を受けていました。男性は、ハルさんに更生したいという強い思いを語ってくれました。

ハルさんは、男性の更生に向けた支援を始めることにしました。ハルさんは、男性の家族と連絡を取り、男性が刑期を終えた後に住む場所や仕事先を用意しました。また、ハルさんは、男性が刑務所で学ぶことができる職業訓練プログラムを紹介しました。

男性は、ハルさんの支援を受けて、更生に向けて努力を始めました。男性は、職業訓練プログラムに参加し、自動車整備士の資格を取得しました。また、男性は、刑務所内でボランティア活動に参加し、他の受刑者への支援も行いました。

男性は、3年の刑期を終えて釈放されました。男性は、ハルさんの支援を受けて、無事に社会復帰を果たしました。男性は、自動車整備工場に就職し、結婚して家庭を築きました。

ハルさんは、男性の更生を支えることができたことをとても嬉しく思っています。ハルさんは、慰問活動を通して、受刑者や入所者、利用者の更生や社会復帰を支え続けています。

死刑囚からは「母」と呼ばれ、2,500通以上の手紙を交わす

死刑囚からは「母」と呼ばれ、2,500通以上の手紙を交わす

-# 白しハル -#

— 死刑囚からは「母」と呼ばれ、2,500通以上の手紙を交わす–

下関市に住むハルさん(90)は、死刑囚から「母」と呼ばれ、2,500通以上の手紙を交わしています。ハルさんは、死刑囚が罪を犯したことは間違いないが、人間である以上、死刑を執行されるべきではないと考えています。ハルさんは、死刑囚たちからの手紙を大切に保管しており、手紙を読み返すことで、死刑囚たちの苦しみや悲しみを理解し、支えになっていると言います。

ハルさんが死刑囚たちと文通を始めたきっかけは、30年ほど前に受け取った一通の手紙でした。その手紙は、死刑を宣告された男性からでした。男性は、ハルさんに自分のこれまでの半生や、罪を犯した経緯を綴っていました。ハルさんは、男性の手紙を読んで、男性の苦しみや悲しみに心が打たれ、手紙を返信することにしました。

ハルさんは、男性に手紙を送った後に、男性から数多くの手紙を受け取りました。男性は、ハルさんに自分の家族や友人との関係、刑務所での生活について語っていました。ハルさんは、男性の手紙を読みながら、男性の人生を理解し、男性を支えたいと思うようになりました。

ハルさんは、男性以外にも数多くの死刑囚と文通をするようになりました。ハルさんは、死刑囚たちの手紙を読み、死刑囚たちの苦しみや悲しみを理解し、支えになっています。ハルさんは、死刑囚たちから「母」と呼ばれており、死刑囚たちからの手紙を大切に保管しています。

ハルさんは、死刑囚と文通をすることで、死刑囚たちの苦しみや悲しみを理解し、支えになっていると言います。ハルさんは、死刑囚が罪を犯したことは間違いないが、人間である以上、死刑を執行されるべきではないと考えています。ハルさんは、死刑囚たちが社会に復帰できるよう、支援を続けていくと言います。

タイトルとURLをコピーしました